VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

HTC VIVEの無線化キットが2018年2月に発売!VRゴーグルを無線化すると何が変わるのか?

PCと連携させ動作することで高い没入感の中で高品質なVR体験ができるHTC VIVEですが、その体感性をさらに高める周辺デバイスの発売日が決定しました。

HTC VIVEの煩わしいかったコードをコードレス化できる「TPCast」は一体VR体験においてどのような利点があるのでしょうか。今回はそんな期待のかかる「TPCast」のメリット、デメリットをまとめてみました。

HTC VIVEの無線化キット「TPCast」の発売は2018年2月予定!

HTC VIVEを無線化できるとして、話題になった外部デバイス 「TPCAST Wireless Adapter for VIVE」の国内発売日が決定し話題になっています。

グラフィックボードなどのPCパーツを輸入販売し、取り扱っている株式会社アスクが2018年の2月ごろに販売開始し、値段は3万円前後になるということです。

「TPCAST Wireless Adapter for VIVE」は、HTC社のVR機器であるVIVEに取り付けることでワイヤレス化することができるキット製品でVIVEをワイヤレス化することにより、ケーブル配線を気にすることなくVRコンテンツを楽しむことができ、自由度の高いVR体験を可能になるそうです。

本製品は、PCに取り付ける送信機「PC TX Module」に加え、VIVEヘッドマウントディスプレイに取り付ける受信機「RX Module」、電源ユニット「Power Box」などで構成されるキット製品となり、データのロスや遅延が少ない、VIVEのワイヤレス環境を構築することが可能になります。

VRデバイスを無線化することで体感性が向上する!

VRデバイスのコードレス化はVRの体験においてどのような効果をもたらすのでしょうか。ここからは「TPCast」を使うことでVR体験がどのように変化するのかをメリットデメリットの両方の面から考えていきたいと思います。

コードがなくなることで、現実に戻されず没入感が上がり、体感性も向上する。

VRデバイスが登場してから、コード問題は大きな問題の一つとして考えられてきました。

というのも、VRデバイスで遊んでいる間はもちろんVR空間の外側の現実世界を見ることが出来ず、VRデバイスから延びるコードに足を引っかけてしまっても気づかないということが多く、これにより転んでしまったり、足に違和感を感じ、せっかくVR空間に没入しているのに現実世界に引き戻されてしまったり、最悪の場合怪我を引き起こすような事故にもなりかねないという問題がありました。

しかし、VRデバイスをコードレス化すれば、そのような問題は一気に解消され、高い没入感の中で怪我の心配もせずに自由に動き回ることが出来るのです。

VRデバイスのコード問題は前記したようにデバイス登場時から長く続く問題として考えられてきました。一応の対策案として考えられたのが、天井や柱にコードを引っかけることで足に引っ掛かるのを防ぐという大作がありましたが、これでも背中や首周りにコードがあるという違和感をどうしても拭うことが出来ない上に、場所を取ってしまうというデメリットもありました。

このようなデメリットもなく、本体に取り付けるだけで簡単にワイヤレス化できる「TPCast」はまさに渡りに船というデバイスでしょう。

デメリット:無線化による遅延や電波障害や混線

無線化にすることによって考えられるのが無線化によって送信機と受信機の距離によっての映像送受信の遅延、スマートフォンなどの電波による電波障害の可能性。

そして、もしアトラクション施設などで全面的にワイヤレス化されたとしたら考えられる他のデバイスのデータを誤って受信してしまう混線の可能性です。

例えば映像と現実世界での動きに遅延が生じると、それだけで没入感を損なうだけでなく、酔いを感じやすくなります。この遅延は受信機や送信機のコンディションや、受信機から送信機までの遮蔽物の有無、スマートフォンなどの電波障害から引き起こされる可能性があります。

まだリリースされていないので、果たして人間が感じ取れるレベルの遅延なのかなどわかりませんが、対策が必要になるかもしれませんね。

しかし、本製品は、HTCからのリリースではないサードパーティーでのリリースながら、高い品質のおかげでHTCから公式に認証を受けている製品なのでこの辺の心配はいらないかもしれません。

VRデバイスの無線化で恩恵を受けそうなコンテンツを紹介

ここからはVRデバイスが無線化することで恩恵を受けそうなコンテンツを紹介し、今後、VRの無線化が広く広まった場合どのようなコンテンツがよりヒットするのかを予想していきたいと思います。

GORN

VRゲームの中で非常に人気が高い剣闘士シミュレーションを楽しめるアクション系のVRゲームです。

剣を振って戦ったり時には拳で敵の攻撃に抵抗するので、コードがなくなることによってより激しいアクションが可能になり、体感性も向上するでしょう。

このように剣や拳など銃以外の武器を扱うアクションでは体を動かすことが多くなるので、コードレス化の恩恵を多く受けることになりますね。

SUPERHOT VR

自分が動いた分だけ時が動くというユニークなゲームシステムを持つ、VRシューティングゲーム。

メインは銃を使ったアクションですが、銃以外にも刀や投擲、拳など様々な武器をくしして戦うことが出来るので、「GORN」同様にワイヤレス化の恩恵を受けやすいタイトルの一つだといえます。

さらに先ほど紹介した自分が動いた分だけ時が動くというシステムは他のVRゲームでもたまに見かけるバレットタイムとよばれる超スローモーションのなかで動いているような感覚になれる演出で、これは敵の弾丸をしゃがんでよけたりする体を動かすアクションにつながる要素なので、バレットタイムがあるVRゲームはワイヤレス化とマッチしそうな予感がします。

Job Simulator

Job SimulatorはVRデバイス登場初期からリリースされ、今なお非常に人気があるVRゲームの顔てき存在のゲームです。

先ほど紹介した二作品とは打って変わって激しいアクションなどがあまりない印象を受ける本作ですが、本作は、ルームスケール内をテレポートなしに自由に歩いて移動して、アイテムを扱ったりする要素があるシミュレーションゲームです。

このようにルームスケール内をプレイヤーに自由に移動させるシミュレーションゲームやアドベンチャーゲーム、脱出ゲームなどは、現実世界で移動することが多くなるので、足にケーブルが引っ掛からないようになるワイヤレスのVRと親和性があるといえます。

テレポート移動なしでVRのルームスケールだけでゲームを収めるようなタイトルは今後VRのワイヤレス化によりさらにコンテンツの質を高めることでしょう。

引用元:株式会社アスク

1ch


フラッシュ黄金期にゲームや映像に魅せられ、趣味でバンドのミュージックビデオや映像を作成しながら音楽も作っていたりしています。 芸術、文化、社会的な側面からVRという新媒体を見守り、新しい情報やゲームを紹介していきます。

最新ニュースを読む