Ubisoftが手がける初めてのDaydreamプロジェクトが発表 | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Ubisoftが手がける初めてのDaydreamプロジェクトが発表

Ubisoftが今春Daydreamに進出することを発表。他のプラットフォームを合算すると、同社が手がけるVR作品として5本目になる。内容は不明だが、Rabiddsシリーズの新作になるという。

Rabbidsスクリーンショット

UploadVRがUbisoftにとって初となるGoogle DaydreamプラットフォームのVR作品について伝えた。

Ubisoftはこれまでに3本のVRタイトル(鷲になって空を飛び回る『Eagle Flight』、VRで人狼ゲームができる『Werewolves Within』、レースゲームの『Trackmania Turbo』)をリリースしている。さらに、今年の5月には人気SFシリーズをテーマとした『Star Trek: Bridge Crew』を発売する予定だ。

こうした作品を作りながらVRコンテンツの制作に関わる技術を磨いてきたUbisoftが次に開発しているVR作品はGoogle Daydream限定で提供される。

Ubisoftは『アサシンクリード』『ウォッチドッグス』のようなシリーズで知られている。また、最近では2月16日に発売されたばかりの『フォーオナー』や3月9日の発売を予定している『ゴーストリコン ワイルドランズ』のPRを積極的に展開している。

しかし、今回発表されたVR作品はこういったシリアスな作品とは方向が異なる。Rabbidsシリーズの新作となる作品の雰囲気は、以下の動画で確認できるはずだ。

トレイラーのタイトルからも分かる通り、作品のタイトルは『Virtual Rabbids: The Big Plan』となる予定だ。映像からはゲーム内容がどのようなものになるかは分からないものの、かなりコミカルな作品になりそうである。これまでのRabbids作品と同様にウサギたちが大声を上げながら走り回るのだろう。

Rabbidsはこれまでにもスマートフォン用のアプリに登場している。今回UbisoftのDaydream初進出タイトルとしてRabbidsが選ばれたのは、カジュアルな雰囲気がモバイルVRに向いていると判断されたからではないだろうか。

Ubisoftのサイトにも現時点では情報がない。ゲーム内容や正確な発売日などは不明だが、発売は今春の予定となっている。

 

参照元サイト名:UploadVR
URL:https://uploadvr.com/ubisofts-rabbids-coming-google-daydream/

参照元サイト名:Ubisoft
URL:https://www.ubisoft.com/en-GB/home.aspx

     

     

ohiwa


ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。