VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR特撮作品「ウルトラマンゼロVR」「ウルトラファイトVR」公開中!全天球バトルを全国の「VR THEATER」で楽しめる

10/1より、VR特撮作品「ウルトラマンゼロVR」、「ウルトラファイトVR」が公開されている。

 

シリーズ初の360度VR特撮ということで、注目を集めている。なにより、VRと特撮は、ともに未来を強く想起させるジャンルだ。本記事では作品の見どころや使用機器、VRと特撮の親和性について掘り下げて特集した。

見どころ 「ウルトラマンゼロVR」「ウルトラファイトVR」とは

「ウルトラマンゼロVR」「ウルトラファイトVR」は「ウルトラマン」シリーズ初となる全天球360度VR特撮作品。両作とも6分前後のボリュームとなっている。

『ウルトラマンゼロVR』では、オフィスビルでの会議中、突如として宇宙怪獣エレキングが出現。視聴者は、非常口からの脱出、そして巨大怪獣とウルトラマンゼロのバトルを、実際にそこで戦いが行われているかのように仰ぎ見ることができるという。

一方、『ウルトラファイトVR』は、1970年から71年にかけて放送され人気を博した特撮テレビ番組『ウルトラファイト』シリーズをVRで実現したもの。

今回はウルトラセブン・ウルトラマンゼロの親子と、ガッツ星人・イカルス星人との荒野での大乱闘が繰り広げられているとのこと。

体験方法

全国の「VR THEATER」及びウルトラマン関連イベントにて展開されている。

VR THEATER」とは、全国の複合カフェ(インターネットカフェ・漫画喫茶)、ホテル、カラオケ、ゲームセンター等で気軽にバーチャルリアリティを体験できる店舗常設型サービスのこと。

「攻殻機動隊 新劇場版 VIRTUAL REALITY DIVER」「進撃の巨人展360°体感シアター“哮”」を始めとして無料・有料含め、常時20種類以上の動画コンテンツを体験可能。

「VR THEATER」利用方法

①複合カフェやホテル、カラオケなど「VR THEATER」導入店舗に行く。
②店内カウンターで、「Gear VR」など、VR視聴用の機器をレンタルする。
③機器を持ってVR視聴用のブースに移動。機器を装着して、見たいコンテンツを選択し、視聴。
④視聴が終わったら、店内カウンターに機器を返却します。

VR THEATER 店舗一覧

使用ゴーグル

VR THEATERはHMD(ヘッドマウントディスプレイ)はGALAXY Gear VR (Powered by Oculus) を利用している。

Gear VRの詳細についてはこちらを参照のこと。

VRと特撮の親和性について

おもえば少年時代、正義のヒーローになりたかった男子は多いだろう。「怪獣が出現している状況を体感できる演出」として、VRと特撮ものの相性は非常に高いと言える。PSVRのローンチタイトルとして「映画『シン・ゴジラ』スペシャルデモコンテンツ」が無料配信されたのも記憶に新しい。

テレビのモニターディスプレイや映画のスクリーンの中での出来事だった「ビル街を襲撃する巨大怪獣」そして「怪獣を迎えうつウルトラヒーロー」といった空想特撮映像の世界に、視聴者ひとりひとりが入り込み、その臨場感を「視覚」と「聴覚」で極めてリアルに体験できる感動は大きい。

VRならではの360度映像も既存の特撮作品にはない表現だ。本作はハイスピード撮影も可能なアクションカメラ「GoPro」を複数使用し、思い描く特撮世界を再現するため複数の「GoPro」を解体して組み合わせ、ほぼ全天球の特撮映像を収めることに成功したという。

監督について

両作品の演出を手がけたのは、『ウルトラマンX』(2015年)『ウルトラマンオーブ』(2016年)など、近年のウルトラマンシリーズでメイン監督を務めた田口清隆監督。

ウルトラシリーズを手がける特撮スタッフと、VR映像技術を持つejeと協力して映像を制作する。

田口清隆 監督 コメント

「皆さんを問答無用にあの『憧れの空間』へ叩き込む映像が完成しました!
前代未聞の360°オープンミニチュア特撮による大興奮の映像体験を、是非ご堪能ください!」

株式会社eje(エジェ)について

VRポータルアプリ 「VR CRUISE」を運営。
​また、前述のロケーションVRサービス「VR THEATER」をサポートし、ボディソニックを内蔵した振動チェア 「TELEPOD」の企画・開発・レンタルも行っている。

「ももいろクローバーZ 桃神祭 2015/2016」や横浜DeNAベイスターズなどの360度動画コンテンツの制作・配信を行う。

昨年3月には閉館前の渋谷PARCOで行われたTHE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”に参画し、海外メジャーアーティストによる360度Live Streamingを実施。また、日本初のVR映画「武田玲奈主演 交際記念日」の制作も手掛ける。

eje公式サイト

■『ウルトラマンゼロVR』『ウルトラファイトVR』作品概要

 

監督 田口清隆
制作 円谷プロダクション・ポニーキャニオン・eje
視聴料金 600円
展開先 VR THEATER
時間 約6分間
発売日 2017年10月1日(日)
公式サイト 『ウルトラマンゼロVR』『ウルトラファイトVR』公式サイト


・VR THEATER Twitter

(C)円谷プロ


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連した最新情報を配信します。

最新ニュースを読む