スマホでルームスケールなVR体験を可能にするSLAMテクノロジーのデモ動画が公開 | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

スマホでルームスケールなVR体験を可能にするSLAMテクノロジーのデモ動画が公開

スタートアップのuSensは、AR的な空間認識機能とルームスケールなVR体験が複合したような技術「SLAM」のデモ動画を公開した。デモ動画では、物理的な空間における移動が、バーチャル空間に反映されている。

海外メディアUploadVRは、SLAMテクノロジーのデモ動画を紹介した。

スマホだけでルームスケールを実現するSLAMテクノロジー

センサー技術開発で高い評価を得ているスタートアップuSensは、スマホでルームスケールなVR体験を可能とする技術「SLAM」を活用したデモ動画を公開した。

ユーザーの移動がバーチャル空間に反映されるSLAM

「ルームスケールなVR体験」とは、屋内の一室程度の範囲におけるVRユーザーの物理的な運動がバーチャル空間に反映される体験のことだ。このVR体験は、すでにVIVEとOculus Riftで実現しているのだが、ルームスケールなVR体験に不可欠なデバイスがトラッキングセンサーだ。トラッキングセンサーが設置されていることによって、ユーザーの運動をトラッキングし、そのトラッキングした情報をバーチャル空間に反映させているのだ。

以上のようなルームスケールなVR体験を、トラッキングセンサーを使わず、なおかつスマホに装着するセンサーのみで実現する技術がSLAM(Simultaneous Localization And Mapping:「同時的な位置測定とマッピング」の英語表記の頭文字)テクノロジーだ。このSLAMを実際に使ったデモ動画が以下である。

デモ動画では、スマホの画面にバーチャルな気球が表示されているところから始まる。注意すべきは、スマホカメラがuSens社のロゴがある方向に向いていることだ。その後、スマホを持ったユーザーが同社のオフィス内を物理的に移動する。この移動が、スマホカメラに表示されたバーチャル空間に反映されるのだ。つまり、ユーザーが右に動けば、バーチャル空間の右側が表示される。

注目すべきは、同社のロゴがある場所からユーザーが遠ざかるにつれて、バーチャル空間内の気球が見えなくなり、再びロゴに近づくにつれて気球がまた見えるようになるところだ。ユーザーにとっては、バーチャルな存在である気球がまるでロゴの近くに存在しているように感じられるはずである。こうしたVR体験が可能となるのは、SLAMに使われているスマホに装着したセンサーが、物理的空間を認識しているからだ。

SLAMと既存技術の比較

空間認識技術と言えば、Google TangoとAppleのARKitがすぐに思い出される。しかし、このふたつの技術はARテクノロジーであって、認識した物理空間の情報をバーチャルな空間ではなく、カメラに表示されたリアルな空間に反映する。

また、トラッキングセンサーを使わずにハイエンドなVR体験を可能とするデバイスには、今年末に一斉にリリースされることが予想されるスタンドアロン型VRヘッドセットがある。とはいうものも、同VRヘッドセットがユーザーの手の動きはトラッキングするであろうが、物理的な移動をもトラッキングするかは現時点では不明である。

既存のVR・ARと比較した結果、SLAMテクノロジーとは「AR的な空間認識」と「ルームスケールなVR体験」を複合させたかなり特異な技術だと見ることができる。

実のところ、SLAMテクノロジーとよく似たものを本メディアで以前に紹介したことがある。それがTangoを応用した「Oasis」だ。

Oasisのデモ動画を見ると、ユーザーの移動や物理的な空間情報が、VRヘッドセットから見えるバーチャル空間に反映されているのがわかる。

なお、uSens社のCTOであるYue Feiによると、以上のようなSLAMテクノロジーに使われるセンサーと対応アプリを開発するためのSDKを今年の年末までに公開する予定、とのことだ。

uSens社について

uSens社については、本メディアで過去に報じている。

アメリカAR市場の有力企業

本メディア2017年4月10日付の記事では、アメリカAR市場の投資状況について報じた。同市場への投資は、上位6社への投資額が全体の90%を占める寡占状態となっている。その上位6社のなかにuSens社も含まれている(上の画像参照)。

uSens Solutions

Sens Fingo Auggie Awards

本メディア2017年5月10日付の記事では、同社が開発した「uSens Solutions」を紹介した。同システムは、ポジショナル・トラッキングとハンド・トラッキングを1台のカメラで実行するものだ(上の画像参照)。

本記事で紹介したSLAMテクノロジーは、この「uSens Solutions」がさらに発展したものである。

uSens社は、類似のものがなかなか見当たらない独自な技術の開発に長けているようだ。同社に関する記事は、今後も報じられることであろう。

SLAMテクノロジーのデモ動画を紹介したUploadVRの記事
https://uploadvr.com/usens-reveals-improved-6dof-positional-tracking-mobile-vr/

     

     

吉本幸記


千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com