VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR専門プロダクションVisualiseが難民をテーマにしたドキュメンタリーフィルムを制作

2016/09/30 10:55

    イギリス、ロンドンのVR、360°コンテンツ専門プロダクションVisualiseがインターナショナルメディカルオーガナイゼーションMedicins Sans Frontieres(MSF)と協力し、難民をテーマにした四つの360°ドキュメンタリーフィルムを制作した。

    Visualise-Force-from-Home

    このフィルムはニューヨークで始まったインタラクティブエキシビションForced From Homeの一部で、展示会はニューヨークからワシントン、ボストン、ピッツバーグ、フィラデルフィアを順に回っていく予定だ。

    エキシビションでは難民キャンプでの生活がどのようなものか、目撃談、難民キャンプで使われているもの、レスキューミッション、エマージェンスメディカルプロジェクトなどと共に紹介している。

    360°フィルムは10メートルほどのドームの中で見れ、ギリシャ、タンザニア、メキシコ、南スーダン、イラク、レバノンなど、移民、強制退去、難民問題を抱えている国の内情を映している。

    三つの10分ドキュメンタリーフィルムではタンザニア、イラク、メキシコで移民となった人の生活が撮影されている。

    Visualiseではチームをディレクター、カメラオペレーター、サウンドレコーディストとMSFフィールドプロデューサーだけに縮小し、このドキュメンタリーのために用意したカメラシステムを使って、より臨場感のある映像に仕上げている。

    展示会の予定などは、下記URLのForced From Homeホームページで確認できる。

    Forced From Home URL: http://www.forcedfromhome.com/

    参照元サイト名:vrfocus
    URL: https://www.vrfocus.com/2016/09/visualise-partners-with-medicins-sans-frontieres-for-360-film-series-highlighting-plight-of-refugees/

    kaho


    ニューヨークの大学でFINE ARTを勉強中。VRにはアートスクールで関わり興味を持ちました。これから詳しくなっていけたらと思います。

    最新ニュースを読む