VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VIVE Tracker、アメリカで予約受付開始。専用バーチャルガンとラケットも同時リリース

2017/11/17 10:31

VIVE Trackerのイメージ画像

海外メディアRoad to VRは、アメリカでVIVE Trckerの一般販売の予約受付が始まったことを報じた。

VIVE Trackerのイメージ画像

VIVE公式VRトラッカーがついにユーザの手に

今年はじめに登場して以来、VRコンテンツの可能性を広げ続け、VR開発者たちを魅了してきたHTC公式のVRトラッカーであるVIVE Trackerがついに一般ユーザに販売されることになった。

同デバイスはすでに開発者向けには販売していたのだが、アメリカ版VIVE公式サイト内に同デバイス専用の販売ページが開設した。同社によると、アメリカ以外の地域での販売も順次対応していく、とのこと。公式販売サイトではすでに予約を受け付けており、予約した場合、出荷されるのは2017年12月中となっている。

同販売サイトでは、同デバイスを単独で販売するほかに、バーチャルガンがセットとなった「Hyper Blaster Set」、バーチャルラケットがセットとなった「Racket Sports Set」、そして同デバイスをユーザのカラダに装着するためのストラップ「TrackerStrap」もそれぞれ販売している。

販売価格は同デバイス単体では1個$99(約11,000)、Hyper Blaster SetとRacket Sports Setが$149.99(約¥16,930)、TrackerStrapが1個$14.99(約¥1,692)である。

VIVE Trackerって何?

VIVE Trackerを改めて説明すると、同デバイスを付けたモノあるいはユーザの動きをVIVEのトラッキングセンサーで検知できるようにする一種の拡張トラッキングセンサーである。

VIVEを購入すると、VRヘッドセット、トラッキングセンサー、そして専用コントローラーがセットとなって同梱されている。VIVEユーザがVR空間内で動いているように感じられるのは、ユーザが使うVRヘッドセットと専用コントローラーの位置をトラッキングセンサーがリアルタイムに検知してVR空間に反映しているからだ。

VIVE Trackerを使うと、VRヘッドセットおよび専用コントローラーに加えて新たにトラッキングされるモノが増える、ということになる。

同デバイスの応用範囲は広範なのだが、例えばバーチャルガンに同デバイスを装着すると、専用コントローラーではなくバーチャルガンを使ってVRFPSをプレイすることが可能となり、より深い没入感のあるゲーム体験が可能となる。そのほかには、例えばリアルな野球のバットに同デバイスを装着して、VRベースボールゲームをプレイすれば、リアルなバットをスイングする動作がVR空間内に反映される。

同デバイスの応用事例のなかでもっとも注目すべきは、ボディトラッキングである。同デバイスをユーザのカラダの手首や手足に装着すると、ユーザの腕や足の動きがVR空間に反映され、ユーザはまさにVR空間のなかにいるという深い没入感を体験することができる。ユーザのカラダの複数個所に同デバイスを装着すれば、ユーザのカラダ全体動きがVR空間に反映されるフルボディ・トラッキングが可能となるのだ。

Hyper Blaster Set

「Hyper Blaster Set」を購入すると、VIVE Trackerが装着可能なバーチャルガンに加えて、VRガンシューティング「Dcuk Season」が無料で入手できる。

バーチャルガンは、トリガーを押すとリアルな銃と同じようなリコイル(銃撃による反動)を感じられるようになっている。

Racket Sports Set

「Racket Sports Set」を購入すると、VIVE Trackerが装着可能なバーチャル・テニスラケットとバーチャル・テーブルテニス(卓球)ラケットが入手できる。また、VRスポーツゲーム「Virtual Sports」も無料でついてくる。

ふたつのバーチャルラケットのグリップ部分は、ラバー加工されていて、手で握っている時滑りにくくなっている。

TrackerStrap

「TrackerStrap」は、VIVE Trackerが装着可能なリストバンド状のものである。通気性があり伸縮性に富む素材から作られているので、ユーザの肌に触れる部分に着けても不快感はなく、様々なモノに巻き付けて使うこともできる。

同デバイスを購入すると、アーケードゲーム「Dance Dance Revolution」にインスパイアされたVRダンスゲーム「Redfoot Bluefoot Dancing」が無料で入手できる。

そのほかに、以下のようなVRゲームがVIVE Trackerを使ってプレイすることができる。

Climbey
Final Soccer
Goalie VR
High Fidelity
Holodance
The Path of Greatest Resistance
Tilted Mind
Tornuffalo
VR Monster Awakens

VIVE Trackerはその絶大なポテンシャルに比して安価となっているので、今後はVRゲームだけではなく、エンターテインメント、さらにはVIVEを活用した学術研究にも応用されるのではなかろうか。

ソース:Road to VR
https://www.roadtovr.com/htc-announces-consumer-availability-vive-tracker-new-tracker-accessory-bundles/

VRInside~VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア~


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連した最新情報を配信します。

最新ニュースを読む