足踏みで移動可能なViveトラッカーを活用したVRゲーム「The Path of Greatest Resistance」がSteamで配信 | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

足踏みで移動可能なViveトラッカーを活用したVRゲーム「The Path of Greatest Resistance」がSteamで配信

Vive Trackersをプレイヤーの足首に装着して全身トラッキングをおこなうVRゲーム、「The Path of Greatest Resistance」がリリース。

Greatest-Resistance-1024x576

HTCのVive Trackersは、装着した現実世界のオブジェクトをトラッキングし、ヴァーチャル世界に取り込むことができるデバイスだ。その期待感から、発売からわずか2時間で完売したことも話題となった。

活用法次第でVR世界での体験を様々に拡張することができるが、中でもVive Trackersを手足に装着することで可能となる「全身トラッキング」への注目度は高い。ユーザーをより豊かなヴァーチャル体験に誘う可能性を秘めているからだ。

全身トラッキングを活用したVRゲーム

そんな中、Rearity Rigがコンテンツプラットフォーム「Steam」から、全身トラッキングを活用した新DLCタイトル「The Path of Greatest Resistance」をリリースした。

Rearity Rigが全身トラッキングを活用したゲームを出すのはこれが初めてではない。トルネードによって飛んでくるデブリをしゃがんだりジャンプして避けていくゲーム「Turnuffalo」が既にリリースされている。

ただ「Turnuffalo」と異なり、「The Path of Greatest Resistance」ではユーザーはVR空間内を「歩く」ことが出来る。体全体がVR世界に没入するかのような体験を、より深い次元でユーザーへともたらすはずだ。

 

リアルな移動体験

「The Path of Greatest Resistance」は、プレイヤーが城塞へと続く道の途中で出くわした敵と戦いつつ進んでいくゲームだ。飛翔体をはじき返し、クロスボウで巨大な敵を仕留めつつ城塞を目指していく。

ゲームには既に、プレイヤーがその場でジョギングすればVR空間内でランニングがシミュレーションされるモードが導入されている。しかしプレイヤーがVive Trackersを足に装着すれば、より正確にプレイヤーの移動情報をトラッキングすることが可能となる。

ゲームの詳細

動画からは、実際にVive Trackersを装着してプレイすると、どのような感覚が味わえるのかを追体験することができる。現実世界で足踏みをすると、それに連動してVR空間内の画面が動く。

それも画面はただ動くだけではない。動画からはプレイヤーが歩くことで生じる視界の上下の揺れまで再現されている様子が伺えるだろう。現実では足踏みをしているだけでも、VR内では本当に歩いているかのような高い臨場感を得られることが分かる。

この他ゲームに使用されたパーティクルエフェクトのおかげで、プレイヤーがVR空間内で地面の上を移動しているときに生じる「スライディングしているかのような」奇妙な感覚を取り除くことに成功しているという。

ところで当然だが、現実世界で実際に歩く動作をしているのだから、ゲーム終了後は汗をびっしょりとかくことになるかもしれない。しかし服を濡らしたくないプレイヤーでも、レールに乗って自動的に進んでいくモードが用意されているので安心(?)だ。

Vive Trackersと今後のゲーム展開

今後Vive Trackersがゲーム開発にどのように活用されていくかはまだまだ未知数だ。

しかし、今回紹介した「The Path of Greatest Resistance」のように、ゲーム好きの人にとってゲーム中のマップを自分の足で「歩ける」ということは魅力的な話に聞こえるに違いない。たとえば将来、オープンワールドを気ままに自分の足で散策し、ダンジョンを冒険するゲームなどが開発されれば大きな話題を呼ぶことになるだろう。

唯一気がかりな点があるとすれば、プレイヤーの現実世界での身体能力だ。「汗でびっしょり」くらいならまだいいが、VR世界に熱中し、夢中で歩き回ったために、筋肉痛に……ということが無いよう、日ごろから運動不足には気を付け無ければならなくなるかも?

「The Path of Greatest Resistance」は既にSteamで購入可能となっている。現在3.99ドル(日本円では398円)で販売中。

 

Steamとは?

「Steam」は、PC向けゲームソフトのダウンロード販売プラットフォーム。

「Half-Life(ハーフライフ)」や「LEFT 4 DEAD(レフト・フォー・デッド)」といった人気ゲームのデベロッパーでもあるValve社が運営しており、PCゲームのダウンロード販売プラットフォームとしては最大級の規模を誇っている。配信中のゲーム本数は2000以上。

海外ゲームが多いものの、「ストリートファイターV」や「ダークソウル3」など日本国内のタイトルも数多く配信されている。

サービスを利用するためには専用クライアントソフトをインストールする必要があるが、どんなゲームがあるか検索して調べる程度であれば、WEBサイトから行うことができる。

ゲーム購入の決済方法としては、クレジットカード、VISAプリペイド、PayPal等が利用可能。

ゲームを購入するだけでなく、実績などの機能やコミュニティ機能、ライブ配信機能など、ゲームの付加サービス的な機能も備えている。
「HTC VIVE」や「Oculus Rift」向けのVRゲームソフトも数多く配信されており、PCでVRゲームを楽しみたいという場合には、「Steam」を探せば間違いない。

・STEAMはコチラ

参照元サイト名:Upload VR
URL:https://uploadvr.com/vr-dev-uses-vive-trackers-full-body-step-based-locomotion/

池谷 翼


大学では社会学を専攻してました。先端情報技術と社会の関わり合いに興味があり、個人的に調べています。

最新ニュースを読む