iPhoneやAndroidでも視聴できる360°動画対応ホラー映像おすすめ6選! | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

iPhoneやAndroidでも視聴できる360°動画対応ホラー映像おすすめ6選!

iPhoneやAndroidでも楽しめるYouTube360度動画のうちホラー動画をまとめました。

スマホやYouTubeで楽しめる360度動画。その中でも今回はホラーものを特集!

なんといっても、臨場感が命のホラー動画と360度動画の相性は抜群であり、360°動画入門にはうってつけのコンテンツだ。

というわけで有名どころとオススメを一挙に紹介する!
動画閲覧の際は、スマートフォンやできるだけVRゴーグルの着用がオススメだ。

YouTube360度動画 閲覧方法

スマートフォン(iPhone,Android)の場合

YouTube360度動画の見方(再生方法)がわからないユーザーも多いのではないだろうか。

スマートフォン、タブレットでみると、機器の傾きや回転に応じて回転する。
見れない場合、YouTube公式アプリを最新に更新してみよう。それでも駄目ならOSや端末のスペックの可能性アリ。IMG_0041

VRゴーグルを装着する場合はVRゴーグルモードに設定することにより、動画が複眼対応になり、スマートフォンでも立体的に表示することができる。

PC(Windows,Mac)の場合

360度動画をサポートしてるブラウザ「Google Chrome」をインストールし、YouTubeにアクセスするだけ。

IMG_0042
画面をクリックしながら左右に引っ張ることで視点を変更することができるが、ボタン操作やキーボードでの視点遷移だとどうしても操作している感が没入感を阻む気がする。

やはりVRゴーグルなどを推奨したい。

というわけでホラー動画を紹介する!

 

ホラーな世界を疑似体験 「後ろの正面だあれ…?」夜の小学校に潜む影

夜の小学校でお酒を飲んでいる男性教師。しかし、誰もいないはずの廊下から急に人の足音が……?

YouTubeで閲覧できる360度動画で、最も有名なホラーものはこれだろうか。
薄気味悪い校舎を再現したCGは初期の「バイオハザード」「SIREN」「零」などのホラーゲームにも通ずる息苦しさがある。

360度動画ならではの、背後や画面の端にこっそりといる「何か」の恐ろしさが味わえる。
是非、回転椅子など360度視点を動かせる環境で様々な角度から閲覧してほしい。

コロスゴロク | #Room301 360°VR Horror Korosugoroku

きゃりーぱみゅぱみゅ似との声も高い、美女YouTuber、くまみき嬢が主演のホラー動画。

「呪われた301号室」に残された、数々のエピソードをシリーズ化している。

賑やかに撮影された舞台裏動画も公開されているので、ホラーが苦手な女性やくまみき嬢の純粋なファンにも気楽に体験できるホラーコンテンツとなっている。

この手の動画はYouTubeでそのまま視聴しては絶対にわからないので是非VRゴーグルをつけて欲しい。また、画質はスペックの許す限り最大限が望ましい。

VRゴーグル、何を買えばいいかわからない場合は弊記事のVRゴーグル特集へGO!

4K対応!映画「パラノーマルアクティビティ」の360度対応動画

15000ドルというこじんまりとした制作費を興行収入1億9000万ドルを叩き出した、モキュメンタリー・ホラー映画を360度動画で味わえる。

原作の、低予算、定点カメラだからこそ味わえる臨場感を360度動画だからこそ隅々まで味わえるのが魅力だ。

日本語字幕こそないが、恐ろしい臨場感は味わえるはずだ。
2160s(4K)の超画質にも対応。海外の動画を検索する場合は「360 vr horror」などで検索すると様々な360度ホラー動画を見つけることができるぞ。

人気ゲームを360度動画化!360 | Five Nights at Freddy's

監視カメラを頼りに、近づいてくる人形を阻止する海外産ホラーゲーム「Five Nights at Freddy's」を動画化。

逃走手段や攻撃手段があるホラーゲームと違い、非力ながらも対抗する術があることも多かったし。原因を突き止める事もできた。しかし本作は逃げられない、止められない、という息苦しい緊迫感・絶望感を再現している。

知らず知らず怪異がせまってくる想像が一番怖い。

「ヒトリアルキ」【茨大2016菅谷ゼミ・プロジェクトB班】

茨城大学 メディア文化コースの学生が制作した360°ホラー映像作品。

夜の校舎の陰湿な雰囲気を再現したこのB級感(失礼)な画質が素晴らしい。

非常灯の緑の灯や、エレベーターの無機質なナレーション、ドアをあけるぎぃぃぃぃといった効果音など、手ブレするカメラ故の息苦しい臨場感が夜の学校の恐ろしさをうまく表現している。

また、センチメンタルな雰囲気が多くの怪談ものを思い出して余計怖い。
360度動画なので、後ろにも気をつけて閲覧してほしい。唐突に現れるので叫ばないように注意。

ところどころに幽霊が隠れている!360°VR動画 ホラー「友引」

幽霊を探していくゲーム要素?もある360度ホラー。

ただ動画を観ているだけではなんでもないが、視点を移動した先に幽霊がいると、心霊を特集した心霊番組とは違う衝撃がくる。予想外のところにいる幽霊たちが心臓に悪い。

この動画はシリーズ化しており、YouTubeでは序盤だけを視聴することができる。
続編もリリースされているので興味がある人は追いかけてみよう。

まとめ!

いかがだったろうか。

「バイオハザード7」の大ヒットも記憶に新しいがホラーとVRは今後さらなる密接な関係になっていくと思われる。

パーソナルスペースを侵食する、という恐怖感と、VRの相性は抜群すぎるからだ。

正直まだ完成度の低いコンテンツも粗製乱造されている感もいなめないが、今後飛躍的に発展していくのは必然であろう。

これ以上映像表現が怖くなってしまったら、ホラーコンテンツはどうなってしまうのだろうか。

期待もするし、正直不安でもある。

     

     

Takanomerde


1984年生まれ。多感な時期にファミコンから家庭用ゲームの黎明期・黄金期を体験して過ごす。ゲーム音楽に多大な影響を受けたギタリストでもある。