シカゴのホテルには「VRカクテル」を提供するバーがある | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

シカゴのホテルには「VRカクテル」を提供するバーがある

2017/07/26 13:30

現在コンラッドシカゴでは一風変わった「VRカクテル」、「The Macallan Rare Journey」を提供している。注文した客はマッカランの歴史や製造過程を学び、「VR旅行」を体験することで、より深くウィスキーを味わえるようになるのだ。


現在コンラッドシカゴホテルに入っているBaptiste&Bottleというレストランでは「The Macallan Rare Journey」という風変わりなカクテルを95ドルで提供している。

何が風変わりなのかというと、このドリンクはVRを活用した演出が施された「VRカクテル」なのだ。

注文した客は、GearVRを活用した演出により「ユニークで没入感のあるVR体験」を味わうことが出来るようになるのだという。

具体的には一連の製造過程や歴史などについてのインストラクションや「VR旅行」を経験した上で、ウィスキーを楽しめる。

「The Macallan Rare Journey」の詳細

Baptiste&Bottleのねらい

これまでにもBaptiste&Bottleでは、村上隆がMuseum of Contemporary Artで展示公開したことを記念して、風船をグラスに括り付けた日本製ウィスキーカクテルを提供するなど、一風変わったアイデアを披露していた。

Forbusに対してFawthrop氏は次のように語ったという。

「コンラッドシカゴにおいて私どもは、革新的な存在となるため、また、(私どもの)ブランドとオーセンティシティに基づいた興味深いやり方でテクノロジーを活用するための道を常に模索しております」

また

「贅沢なホテルバーで勤務していると、世界中からお越しいただいたお客様にお会いすることになり、また沢山の経験を積めるのです。私どもの挑戦とは、ご自宅へ、あるいは次の旅先へとお持ち帰りいただけるような忘れがたい体験をお客様方にご提供することにあります」

「The Macallan Rare Journey」の内容

今回の「VRカクテル」の開発には、女性で初めてマッカランのNational Ambassadorに選出されたRaquel Raises氏が協力している。

Forbusによると、その具体的な内容は以下のようなものらしい。

「The Macallan Rare Journey」を注文すると、客の目の前には底の浅い木の箱のセットが提供される。

箱にはマッカランの物語を伝えるアイテムが詰め込まれているのだ。

箱にはマッカランと関わりの深い、ヨーロッパやアメリカにあるオークの森を象徴した草木や苔が敷き詰められており、そこに3つのグラスが一緒に置かれる。

まず初めに、バーのスタッフはウィスキーの製造過程、その一番最初の物語を始めるために、ドングリを箱の中に置く。

そしてスタッフがマッカランのシェリー樽原酒の歴史と、マッカランのもつ香りの根本となるウィスキー樽中においていかにウィスキーの味が変わるかなどの説明をしている間に、シェリーがグラスに注がれる。

VR空間でオークの森を散策

そして蒸留過程について語られている最中に、いよいよ「The Macallan Rare Journey」がグラスに注がれるのだ。

蒸留過程の説明に入る際、客はGearVRを装着する。

VR空間では、オークの森や樽を探索することが可能だ。その次にはブドウ畑やシェリー販売店を飛び去って、最後には目的地であるウィスキーの蒸留所、そしてマッカランのボトルに描かれている「あの家」に到着する。イギリスのイースターエルチーズ地方にある、あの小さな家だ。

これで客のVR旅行はおしまい。

そして客が現実世界に帰ってきてみると、旅行中にスタッフが作った「The Macallan Rare Journey」とご対面できる、というわけだ。

冒頭で述べたように「The Macallan Rare Journey」は「カクテルの味をVRで体験する」といった類のメニューではない。

しかし製造過程をめぐる一連のストーリーを体験した後に、物語の締めくくりとしてウィスキーが提供される……というのはドラマチックな演出ではないだろうか。

カクテルをVRで再現できる日は来る?

近年、VR空間中で「味」や「香り」をシミュレーションしようとする試みが盛んにおこなわれている。

たとえばVAQSOはHMDに磁石で取り付けて使用する、「香り」を再現するVRデバイス「VAQSO VR」を開発している。

また国内でも、例えば東京大学大学院情報理工学系研究科の廣瀬・谷川・鳴海研究室のように味や香りをテーマにしている研究機関は存在する。

この分野の研究が進展すれば、将来的にはバーに立ち寄るとマスターからそっとVRHMDが手渡される……なんていう日も来るかもしれない(?)。

参照URL:

UPLOAD VR
https://uploadvr.com/chicago-bar-now-serves-vr-cocktail-using-gear-vr/

Forbus
https://www.forbes.com/sites/megykarydes/2017/07/24/this-cocktail-uses-virtual-reality-to-create-an-out-of-this-world-experience/#62a9d550a7f3

     

     

池谷 翼


大学では社会学を専攻してました。先端情報技術と社会の関わり合いに興味があり、個人的に調べています。