VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

全VRコントローラーを徹底比較。それぞれの特徴とは?

2016/12/23 11:55

VRコントローラー

VRシステムに使われる様々なコントローラーの特徴を取り上げた記事がVRSourceに掲載された。

2016年は、VRの年だったと言える。競合する様々なVRシステムが消費者向けにリリースされた。Oculus RiftHTC VivePSVRといったVRシステムが素晴らしい驚きを与えてくれた。数年前にはまず不可能だと思われた経験が可能となっている。我々は、これらのシステムによってもたらされるものを体験する機会を得た。

ほとんどの読者は、VRの基礎がヘッドセットとトラッキングシステムにあるということに同意してくれるだろう。しかし、もう一つの重要なコンポーネントを無視することはできない。コントローラーである。そう、現実をVRと繋ぐための装置、あのコントローラーのことだ。VRSourceでは、全てのコントローラーを試した。ここで、それぞれの優れている点を見てみることにしよう。誰もが知るように、素晴らしいコントローラーはVR体験を深いものにしてくれるからだ。

この比較では、入手可能な全てのシステムを扱う。HTC Vive、Oculus Rift、PSVR、そしてGoogle Daydream Viewを含んだ比較記事だ。

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=GKkrLwQPGWM&w=560&h=315]



Oculus Rift―XBOX Oneコントローラー

一番に登場したRiftから始めよう。現在のRiftを体験する機会があれば、ほとんどのゲームがこのXBOX Oneコントローラーを大いに活用していることが分かるだろう。残念ながら、このコントローラーはVR体験を向上させることに限れば役に立っていない。普通のゲームパッド以上の機能は持っていないからだ。現在のゲーム機に対して、特に優位性はない。動きや傾きを検知するセンサーは搭載されていない。そういったセンサーがあれば、Riftをより魅力的にしてくれるかもしれないのだが。

XBOX Oneコントローラー

Oculus Rift―Oculus Remote

Riftは、このコントローラーでもチャンスを逃してしまっている。Oculus Remoteは小さなリモコンだ。VRで何かを選択するとき以外にはこれといった使い道がない。繰り返しになるが、モーショントラッキングを初めとするトラッキング機能があれば素晴らしかっただろう。しかし、そういった機能はない。実際のところ、このリモコンを使うゲームはほとんど無い。代わりにXBOX Oneコントローラーを使うからだ。

Oculus Remote

HTC Vive―モーションコントローラー

疑いなく、VR世界と繋がるための現時点で最高の手段である。コントローラーとしては妙な外観をしている。このコントローラーが上手く機能するのは、空間的な動きをトラッキングする能力があるからだ。現在入手できる他のモーショントラッキングコントローラーとは異なり、Viveのセットにはわずかな遅延しか見られない。そのため、細かな動きまで正確にトラッキングされる。

その上、このコントローラーには特定の動作を真似るための様々なボタンや形の工夫がある。例えば、トリガーである。これを使うことで、何かの武器を発射しているような気分になれる。いくつかのゲームでは、剣で突くような動作をすることになる。側面のボタンと感度の良いタッチパッドも、VR体験をより良いものにするのに役立っている。よく考えられたコントローラーだと感じさせる。

HTC モーションコントローラー



ソニーPSVR―DualShock 4コントローラー

DualShock 4コントローラーは、新しいコントローラーではない。PS4本体と同時に登場したものだ。しかし、RiftのXBOX Oneコントローラーと比べてVRに適したものになっている。3軸ジャイロスコープと3軸加速度センサーによって、動きや傾きを検知できる。これは、臨場感あるVR体験のための基本となる。

多くのゲームやそれ以外のVRコンテンツでは、DualShock 4コントローラーでVR世界と様々なやりとりができる。これは魅力的なVR体験となる。RIGS Mechanized Combat Leagueのようなゲームで、モーションコントローラよりも出番が多い。複雑な操作を行うために多くのボタンを必要とするゲームが多いためだ。

DualShock 4

ソニーPSVR―ムーブコントローラー

これも特別に新しい技術ではないが、VR空間で手を伸ばすことに関していい仕事をしてくれるコントローラーだ。機能的には、HTC Viveのモーションコントローラーと似ている。トリガーを初めとするボタン類があり、物を掴む、銃を撃つ、バットを振るといった動作をすることができる。

このコントローラーは、DualShock 4よりも明らかに進歩している。しかし、まだViveのモーションコントローラーには及ばない。コントローラーの端に付けられたLEDの光をPlayStation Cameraでトラッキングする古い方式を取っているためである。この方式はViveのコントローラーに比べると信頼性が低く、感度も高くない。PlayStation Cameraが完璧にLEDを追跡できるわけではないからだ。

ムーブコントローラー

Google Daydream View―モーションコントローラー

ごく最近登場したGoogle Daydream Viewは、これまでのモバイルVRヘッドセットとは一線を画している。その理由が、同梱されたモーションコントローラーである。これまでのモバイルVRでは、Bluetoothゲームパッドを使うか、ヘッドセットにあるボタンを使って操作していた。それらとは異なり、この新しいコントローラーは現実を拡張する働きを持つ。Daydream View用のこのモーションコントローラーは、Oculus Remoteとは異なっている。向きや手の動きをトラッキングするセンサーが内蔵されているのだ。

モバイルにおいては、持ち運びできてワイヤレス接続のこのコントローラーが最高の選択肢だ。Daydreamのメニューではマウスポインターのように働き、剣としてバーチャルなオブジェクトを切るためにも使うことができる。モバイルVRにおいては完璧な友たりえる。限界があることも事実だが、移動せずに周囲を見ることしかできないモバイルVRで必要とされる全ての機能を備えている。

Daydream Viewモーションコントローラー

Oculus Touchコントローラー

2016年のホリデーシーズンにリリースされる最も面白く、期待できるものの一つだ。まだ発売されていないが、Touchによってインタラクションにもたらされるものは既に知られている。従来のモーションコントローラーと、ムーブやViveのコントローラーで確立されているトラッキング技術を組み合わせることで、新たに登場するOculusのTouchコントローラーは次の段階へと進んだ。

あらゆる動きを追跡可能にするセンサーの組み合わせが一つの特徴だが、それだけではない。指である程度の操作をする点でも注目すべきコントローラーである。ジョイスティックや他のボタンが容易されており、VRの手としてより上手く機能してくれるだろう。Oculus Connect 3で試した限りでは、非常に自然な操作感だった。幸い、待ち時間はそう長くない。12月には発売を迎える。

Oculus Touch

参照元サイト名:vrsource
URL:http://vrsource.com/vr-controllers-6794/










VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連した最新情報を配信します。

最新ニュースを読む