VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR技術による視覚化は不動産業界のゲームチェンジャーとなっている

2017/09/22 18:08

豪華な建物
豪華な建物

建設される建物を想像するために使われるVR技術

建設業や不動産業は、VR技術の採用に積極的な業界だ。設計図から建物の完成像をイメージする助けとしてVRによるシミュレーションを用いたり、実際に建物を訪れる前にVRで内覧を行ったりといった形でこの技術を利用している。

長く業界に関わってきた人物から見ても、VRは業界を大きく変える存在のようだ。建設事務所Perkins+WillのDaniel Creekmoreは、D Magazineの記事でVRがどのように不動産業界を変えているかを語っている。

VRの登場

みらいえ360

360度映像で物件内部を見られるみらいえ360

新しい技術

バーチャルリアリティという概念自体は以前から存在していたものだが、それが一般のユーザでも手の届く実用的なものとして登場したのはここ1年から2年のことでしかない。一部の研究機関や特別な施設でのみ使われていたバーチャルリアリティの技術が、消費者向けに販売されるVRヘッドセットによって現実的な価格で利用できるようになったのだ。

ゲームや映画といったエンターテイメント用途だけでなく、ビジネスにこの技術を取り入れる業界も出てきている。不動産業界でも、VRの登場によって大きな変化が起きつつある。

まだ存在しない建物の可視化

不動産業界では、実際に建築に取り掛かる前に設計図を見ながら修正点を検討したり、売却に向けた商談を重ねたりする。建築士とインテリアデザイナーといった専門家同士ならば複数の図面や材料のサンプルを元に完成像を想像することもできるが、専門外のクライアントがその会議に参加するのは難しいだろう。

VR技術による可視化は、この問題を解決する可能性がある。VRデバイスのコストは下がっており、VR空間にCGで建物を作れば誰でも簡単にその全体像を把握可能になる。

過去にない形で互いのイメージを伝えることができる方法として、VRが採用されているのだ。

数字よりも早く

これまでであれば、リビングの広さを伝えるには面積を伝えていた。しかし、500平方メートルと700平方メートルがどのくらいの差なのかを即座に想像できるだろうか。後者の方が広いのは間違いないが、どのくらい違うのかは想像しにくい。

設計によって必要なコストも変化するが、200平方メートル広くするために提示されたコストが納得の行くものなのかどうかどうかを判断できるだろうか。

VRがあれば、この違いに悩むことはなくなる。2種類の設計図に基づく建物をVR空間で訪れてみれば、自分がその差をどのように感じるのかをすぐに理解できる。より広いリビングのために追加のコストをかける価値があるかどうかは、それから悩めば良い。

固定視点のCGからVRへ

3DCGはこれまでにも完成予想図を伝えるための方法として用いられてきたが、CGで見せられるのは建物の一面でしかない。

静止画であれば一部を特定の方向に向けて切り取ったところだけであり、動画を作ったとしてもユーザが自由に操作できるわけではなかった。しかし、現在では技術の進歩によってCGで再現された建物の中を移動することもできるようになっている。

VRヘッドセットやパソコンの画面に表示された建物の中を移動してみれば、天井の高さや窓の位置を変えたいと思うかもしれない。

さらに進化する技術と業界

不動産業界で採用が進んでいるのはVR技術だが、VRより少し遅れて成長を続けるAR/MR技術も業界の変化を促すかもしれない。

既にマイクロソフトのMRデバイスHoloLensを使って家を表示するプログラムが作られており、建設予定地を歩きながら完成イメージを膨らませることができるようだ。ARデバイスや技術の開発はVRに比べて遅れているのでまだ本格的な採用には至っていないが、こうしたアプリも増加することが予想されている。

視覚化の重要性

これまでのデザイナーにとって、自分のアイデアを伝える方法は図面や固定されたCGだった。しかし、VR技術の登場によってクライアントや同僚を自分のアイデアの世界に招待することが可能となった。

AR技術がさらに発展すれば、現実とアイデアを組み合わせて提示することもできるようになるだろう。

 

現在は不動産業界にとって大きな変革の時代となっており、視覚化技術によってビジネスのスタイルが一変してしまうかもしれない。

デバイスやテクノロジーを開発する企業だけでなくデザイナーや建築家もこれらの技術に注目しているので、さらに有効な利用例が登場するはずだ。VRデバイスを所有する一般ユーザが増えれば、自宅から利用できるタイプの不動産に関わるVRサービスも増加するだろう。

 

参照元サイト名:D Magazine
URL:https://www.dmagazine.com/commercial-real-estate/2017/09/cre-opinion-how-virtual-reality-is-changing-architecture-and-real-estate/

参照元サイト名:VR Room
URL:https://www.vrroom.buzz/vr-news/trends/how-vr-changing-architecture-and-real-estate

VRInside~VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア~


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連した最新情報を配信します。

最新ニュースを読む