VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRが作業環境を改善し、危機管理能力を向上させる。鉱業のあらゆる状況をVRでシミュレーション

2017/01/29 17:41

    鉱業の現場

    鉱業の現場

    The Institution of Engineer AustraliaがVRでのシミュレーションと鉱業に関する記事を掲載した。

    VRでは、重機の運転や外科手術のトレーニングを安全に行える。倉庫で荷物を移動させるような単純作業のトレーニングはもちろん、突発的に発生する緊急事態への対応や建造物設計時のテロ対策まで、活用法はいくらでも考えられる。

    VRでのシミュレーションが有効な業界の一つが鉱業だ。特殊な大型機械を利用することが多く、現場によってはガスや地下水の噴出、落盤といった危険が伴う鉱業ではシミュレーションの意義が大きい。

    一番は、安全性の確保だ。VRで事故が起こったとしても、誰も傷つくことはない。音や計器に現れる数字の変化といった危険の兆候を学んでおけば、実際に現場で事故が起きる前に気づく可能性を高められる。

    VRとデータの欠如

    本棚に並ぶ洋書

    シミュレーションを行うためには、前提となるデータが必要不可欠だ。たが、常に満足なデータが得られるとは限らない。クライアント企業が持っているデータの量や質は様々だ。鉱業に関わるデータとしては、現場の地質、計画、ガスの管理、設備性能といったデータを元にシミュレーションを行う。

    VRで現場の環境を再現するには二次元ではなく三次元的なデータが必要となる。クライアント企業の持っているデータだけでは不足しているなら、ドローンやレーザースキャナのような機械の活用も有効だ。現実のデータをVRに取り込む助けとして利用できる。

    正しいパラメータを持つVR空間を用意すれば、あらゆる状況をシミュレーションできる。鉱山内のガス濃度を上げて換気システムの運転を確認することも、何かに火が付いてしまった場合の対応策を検討することも可能だ。

    個別に保存されているデータを正しく組み合わせてあるべき場所に配置し、それでも足りないデータがあればテクノロジーを駆使して効率的に収集する。VRを現場で活かすためには、クライアントと開発会社の連携が欠かせない。

    鉱業でのVR活用は、この連携によって支えられている。

     

    参照元サイト名:The Institution of Engineer Australia
    URL:https://www.engineersaustralia.org.au/portal/news/virtual-reality-improving-mining-operations


    ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。

    最新ニュースを読む