VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

まるでSFの世界!トヨタがVRを使って自分の分身のように動かせるロボット「T-HR3」を発表!

トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)は、第3世代のヒューマノイドロボットとして、『T-HR3』を発表しました。『T-HR3』はトルク(力)を制御するトルクサーボモジュールと、全身を自在に操るマスター操縦システムなどにより、操縦者はT-HR3にかかる外からの力を感じながら、操縦者と同じ動きをT-HR3にさせることができ、VRデバイスと組み合わせてまるで自分の分身の様にロボットを操縦できるようになるのです。

今回はそんなVRで操縦できるロボットの紹介や今度どのような場面で活躍するのかを考えていきたいと思います。

トヨタがVRを使って自分の分身のように動かせるロボット『T-HR3』を発表!

トヨタが開発した第3世代のヒューマノイドロボットと呼ばれる『T-HR3』はトルク(力)を制御するトルクサーボモジュールと、全身を自在に操るマスター操縦システムなどにより、操縦者はT-HR3にかかる外からの力を感じながら、操縦者と同じ動きをT-HR3にさせることができるロボットです。今回開発されたロボットには、「トルクサーボモジュール」という技術が中核を担っています。これは、カ減速機、トルクセンサー、モーターからなっていてトヨタが多摩川精機株式会社および日本電産コパル電子株式会社と共同で開発を進めた技術です。

しなやかな動きを実現するトルクサーボモジュール

「トルクサーボモジュール」は高感度のトルクセンサーで検出したトルクをモーターにそのまま出力できるというもので、この「トルクサーボモジュール」が『T-HR3』のロボット本体には29か所、操縦システムのほうには16か所配置され、ロボットにしなやかな動きを出力するだけでなく、ロボット本体の実際に受けた重さや外的な動きを操縦者に伝えることが出来るそうです。

VRヘッドセットとトルクサーボモジュールで高い没入感のなかロボットを操縦できる

そして、このトルクサーボモジュールとマスターアーム、マスターフット、ヘッドマウントディスプレイから構成されるマスター操縦システムにより、ロボットの全身を直感的に操ることが可能となり、操縦者は、ロボットに搭載されたステレオカメラに映し出される立体映像を、ヘッドマウントディスプレイを通じてリアルタイムで確認しながら、マスターアームやマスターフットを通じて、あたかも操縦者の分身であるかのような感覚で、離れた場所からT-HR3を操縦することができます。

まさにVR技術を利用して作られたロボットというわけです。

詳しくはトヨタのホームページをどうぞ

トヨタだけではないVRを使って動かせるロボットのソリューション

VRを利用し、ロボットに実際の人の動きに近い動きを出力できるようにし、様々な場面で利用できるようになったソリューションはトヨタが今回発表した『T-HR3』の他にも多数存在します。

新日鉄住金ソリューションズ株式会社の「5G FACTORY」

新日鉄住金ソリューションズ株式会社の「5G FACTORY」
引用元:http://www.nssol.nssmc.com/press/2017/20170227_130000.html

新日鉄住金ソリューションズ株式会社は株式会社NTTドコモとVR/AR(自由視点映像技術)を活用してロボットアームを遠隔操作可能にするシステム「5G FACTORY」を共同開発しました。「5G FACTORY」は、AR/VR技術を用いて生産現場の様々な機器の遠隔操作を支援すし、操作対象機器の3Dリアルタイム映像から仮想空間内点群を構成し、5Gネットワーク経由で転送して遠隔地にいる操作者が装着するヘッドマウントディスプレイに表示する遠隔操縦システムです。これは5Gネットワークを利用して、仮想空間の構築に必要な情報をリアルタイムエンジンに伝送することにより、「3Dリアルタイム表示」「任意の方向からの操作対象機器を可視化」「低遅延での遠隔操作」を可能にするウェアラブルの支援システムで、「自由視点映像技術」とMR技術を駆使して実現したそうです。

遠隔操作を可能にする自由視点映像技術

「自由視点映像技術」とはVR空間と対応するロボットの周りの環境を4台のカメラで撮影し、ロボットの周りの作業現場を360°の自由な視点での映像を構成する技術です。今後、この技術が発展することにより、専門的な操作が必要な現場においても、遠隔操作で現場に行かずに作業が出来るようになるのではないでしょうか。

「5G FACTORY」の公式プレスリリースはこちら

イギリスのRoom One社

イギリスのRoom One社を中心に開発されたロボットアームとVRのデモは、VRゴーグルとロボットアームの感触をそのまま伝えることのできる特殊な手袋を用いて、手術の際に肝臓を触れたときの感覚を手とVRの映像で体験できるというものです。ロボットアームの指先には触れたものの感触を感知するセンサーが搭載され、特殊な手袋を伝って操縦者にその感触を伝えられるというわけです。今後このロボットが進化すれば、遠隔での手術が可能になる未来が来るかもしれません。

開発を行ったイギリスのRoom One社の公式ページ

VRを使って動かせるロボットは今度どのようなところで活躍するか。

VRを使ったロボット操縦は、映像だけでなくそのロボットが実際に感知したものの重さや感触を操縦者にフィードバックさせるというモノが多く、今後重要になっていくと思います。

ロボットには人より強い力がモーターによって加えることができ、繊細な動きも可能という反面操縦や制御が難しいというデメリットもありました。VRによって直感的に動かせ、ロボットが感知した情報のフィードバックが微細になるにつれ、人によるロボットの制御は非常に繊細になり、医療や福祉の場面、危険な場所での現場作業などなど、今までより一層、ロボットの活躍の場が増えるのではないかと感じました。

1ch


フラッシュ黄金期にゲームや映像に魅せられ、趣味でバンドのミュージックビデオや映像を作成しながら音楽も作っていたりしています。 芸術、文化、社会的な側面からVRという新媒体を見守り、新しい情報やゲームを紹介していきます。

最新ニュースを読む