VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

【VRアプリレビュー一気読み!】Diesel Express VR〜荒野・車・ガンマン!マッドマックスな砂漠世界を堪能できるリボルバー・ガンシューティング 他 - VR Inside

【VRアプリレビュー一気読み!】Diesel Express VR〜荒野・車・ガンマン!マッドマックスな砂漠世界を堪能できるリボルバー・ガンシューティング 他

        2017/09/12

今週(8月11日~8月17日)、掲載されたアプリレビュー記事をまとめて紹介する「VRアプリレビュー一気読み!」

今週は全4作品+αのアプリ情報を一挙にご紹介します。

各レビューの詳細が気になる方は、タイトルもしくは"詳細はコチラ"をクリックして記事をチェックしてください。

コンテンツバンクレビュー

コンテンツバンクレビューは、ContentBankで、ビジネス視点でアプリの特徴・改善点などを紹介するレビュー記事。

Diesel Express VR〜荒野・車・ガンマン!マッドマックスな砂漠世界を堪能できるリボルバー・ガンシューティング

Diesel Express VR〜荒野・車・ガンマン!マッドマックスな砂漠世界を堪能できるリボルバー・ガンシューティング

HTC VIVE 総合評価:B

Diesel Express VR(ディーゼル・エクスプレス・VR)は、映画「マッドマックス」を彷彿とさせる、世界崩壊後の荒野で、車上での二丁拳銃の銃撃戦を繰り広げる、男のロマンを感じさせるルームスケールの一人称VRシューティング。

プレイヤーはディーゼル車の上に立ち、二丁拳銃を駆使して、360度から迫りくる盗賊たちから電車を守っていく。

アーリーアクセス版とのことだが4種類の武器。3つのマップに6つのミッションが現在実装されている。

ルームスケールのため、しゃがむことで遮蔽物で敵弾を回避したりと、多くのガンシューティングではボタン操作で行っていた回避活動を自分の肉体で行えるのが大きな魅力になっている。ゲーム性はシンプルであり、ストーリーなどは希薄な点は若干物足りなさを感じなくもない。日本のユーザーにはストーリーがあったほうが受け入れやすいのではないかと思った。

詳細はコチラから

 

Racket Fury: Table Tennis VR ~ ポテンシャルは非常に高いので、実績要素ややり込み要素があるとより長く遊べるテニスゲーム

Racket Fury: Table Tennis VR ~ ポテンシャルは非常に高いので、実績要素ややり込み要素があるとより長く遊べるテニスゲーム

HTC VIVE 総合評価:C

「Racket Fury: Table Tennis VR」は卓球をリアルに再現したVRスポーツゲームだ。

アンドロイド型の対戦相手と、卓球で対戦を出来、他にもオンラインで世界中のプレイヤーと遊ぶことのできるオンラインモードもある。

体感性は非常に高く、安定したトラッキングで遅延やズレが少なく、モーションコントローラーを利用したゲーム性でVR空間上に自分自身の手の実在感を感じ、高い没入感でプレイできた。

そのほかにも自分の身長や手の長さ、ラケットの利き手を自由に調節、変更できるオプションがあるので、ユーザー毎の体格差やプレイ環境の差による没入感の低下を抑え、多くのプレイヤー、プレイ環境に合わせてプレイすることが出来る。

詳細はコチラから

 

Hop Step Sing! Kisekiteki Shining! (HQ Edition) ~ハイエンドVRデバイスならではのインタラクションやUIの改善などで評価を上げることが出来るはず!

Hop Step Sing! Kisekiteki Shining! (HQ Edition) ~ハイエンドVRデバイスならではのインタラクションやUIの改善などで評価を上げることが出来るはず!

HTC VIVE 総合評価:D

「Hop Step Sing! Kisekiteki Shining!」は講談社が始めた新しいアイドルプロジェクトのコンテンツで、楽曲やキャラクターなども本プロジェクトの為に新規に制作されたオリジナルである。

「Hop Step Sing! Kisekiteki Shining!」では、その中の第一弾となる楽曲のPVを楽しめることが出来、キャラクターが歌い、そして踊っているところを360°全方位で楽しむ事が出来る。

体感性は、トラッキングやHMDに遅延やズレが少なく違和感なく快適に没入出来る点や、スマホVRよりも高画質で楽しめる点などで没入感も高い。

しかし、音の点では、楽曲がバックで流れているだけで音源にサラウンド効果のような、音の指向性がなく、右を向いても左を向いても単一的に聞こえるだけなので、これに、キャラクターに耳を近づければ好きなキャラクターの声が大きくなって聞こえるなどの音でのインタラクションがあれば、没入感が高まり、体感価値の点でも満足度が上昇したと考えられる。

詳細はコチラから

 

Smashing The Battle VR ~人気作のVR化なので、三人称視点でもVRの没入感を出す工夫があれば、VRコンテンツとしても評価されるようになるはずだ

Smashing The Battle VR ~人気作のVR化なので、三人称視点でもVRの没入感を出す工夫があれば、VRコンテンツとしても評価されるようになるはずだ

HTC VIVE 総合評価:C

本作はセクシーな美少女キャラクターを操作して、無数に現れるロボットの敵をなぎ倒して進んでいく所謂「無双系」や「DMCシリーズ」に近いゲーム性のVRゲームだ。

元々はPCのモニターとコントローラーやマウスで遊べる非VRのPCゲームとしてのリリースだったが、今回VRバージョンとして新たにリリースされた。

ゲーム性はそのまま非VRゲームだったころを引き継いでおり、モーションコントローラーでの操作のほかにxboxのコントローラーでの操作でもプレイ可能である。

体感性は、非VRゲームだったころの名残か、キャラクターの激しいアクションに合わせた大きく揺れるようなカメラワークで人によっては酔いや違和感を感じてしまうのではないかという状態であった。

詳細はコチラから

 

その他、アプリ情報

サッカーアクションゲーム「Sociable Soccer」VR対応版がリリース予定

サッカーアクションゲーム「Sociable Soccer」VR対応版がリリース予定

フィンランドのゲーム開発企業、Combo BreakerとTower Studiosが共同開発したサッカーゲーム「Sociable Soccer」が登場した。

本作は2017年夏後半にアーリーアクセス版をリリースする予定で、Xbox One、PlayStation 4、およびモバイル端末でのプレイに対応している。

また、本作はVRにも対応する予定であり、Oculus RiftGear VRでのプレイが可能であるが、VR対応版のリリース予定日に関しては、今のところアナウンスされていない。

ドローンを駆使するデスマッチゲーム「Arena」が登場

ドローンを駆使するデスマッチゲーム「Arena」が登場

バーチャル空間でドローンを操縦するゲーム「Arena」がSurreal Gamesよりリリースされた。

本作はドローンを駆使してしてデスマッチ戦をプレイするゲームで、シングル・マルチプレイ両方に対応している他、ドローンのカスタマイズ機能が使用できる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

Ryohei Watanabe

Writer: 2012年よりスマホゲーム専門メディア「アプリ★ゲット」で記事執筆・編集・メディア運用・アライアンスなどを担当。