VRで自由に歩くことができる"VRアーキテクツシステム"一部対象者に公開 | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRで自由に歩くことができる“VRアーキテクツシステム”一部対象者に公開

2017/01/31 16:15

フリーダムアーキテクツデザインは、住宅設計図面を3Dモデルで作成し、モデル内部をVRで自由に歩くことができる“VRアーキテクツシステム”を、対象者を一部に絞り2月より開始する事を発表した。

フリーダムアーキテクツデザインは、住宅設計図面を3Dモデルで作成し、モデル内部をVRで自由に歩くことができる“VRアーキテクツシステム”を、対象者を一部に絞り2月より開始する事を発表した。

更に一般的な完成宅と設計事務所が手がけた完成宅の、2つの空間の違いを体感できるコンテンツも、同時期に展開していく事も発表している。

今回提供するサービスは、まず限定的に一部のお客様が対象とされているが、今後順次拡大してく予定である。

main

VRアーキテクツシステムとは

(ニュースリリース本文より)

BIMソフトウェア「REVIT(R)」、クラウドサービス「Autodesk(R) LIVE」、3Dゲームエンジン「Autodesk Stingray」、さらにVRヘッドマウントディスプレイ「HTC Vive」を連携させたワークフローを確立。

それにより、3Dで作成した設計段階の家を、VRを使い自由に歩くことができるサービスです。

設計の初期段階からBIMソフトウェア「REVIT(R)」を活用し、住宅の完成イメージを外観や内部空間まで3次元の立体モデルで作成します。

そのモデルデータをVRヘッドマウントディスプレイ「HTC Vive」と連携させることで、 図面の中を「自由に歩く」体験が可能となり、平面図ではわかりづらい室内の奥行感や天井高、家具のレイアウトを、より具体的に確認することができます。

これから始まる新しい家での暮らしをリアルに体感できるため、設計者とつくるオンリーワンの家づくりを一緒にイメージしながら進行することが可能となります。

参照元:ニュースリリース

VRInside編集長 村山章


モバイルコンテンツ企業の(株)エムティーアイ、クルーズ(株)にてIT業界におけるコンテンツ事業に従事しその後、メディア運営企業、スパイシーソフト(株)に入社。 現在は同社執行役員兼VR専門メディア「VRinside」編集長を兼務。 1975年生まれの41歳。 詳しくはこちら

最新ニュースを読む