VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRを活用した火災に対する対処を体験「避難体験VR」モバイル版が提供開始へ

VR

VRを活用した火災に対する対処を体験「避難体験VR」モバイル版が提供開始へ

株式会社 理経(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 猪坂 哲 以下、理経)は、バーチャルリアリティー(以下、VR)を活用し、火災からの避難を体験できる「避難体験VR」のモバイル版を開発し、提供を開始した。

MXモバイリング株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長 阿部 達也 以下、MXモバイリング)と連携し、同社が開発した「VR消火体験シミュレータ」(注1)と共通のハードウェアを使用することで、火災避難と消火体験の二つのコンテンツを実施することが可能。

モバイル版VR製品 概要

火災現場の視界不良が体感できる「火災避難」

避難誘導灯を頼りに自分で避難経路を判断し、非常出口まで避難する一連の流れをVR空間上で実施。

避難誘導灯が見えづらい、といった実際の火災現場を再現している。

訓練用消火器を活用した「消火体験」

消火する際の一連の動作を、訓練用消火器を実際に使用して行うことが可能。

訓練用消火器のホース部分に取り付けたコントローラを操作し、VR映像上でホースの向きを変えながら消火剤を放射して消火を行うなどのリアルな体験ができる。

イメージ

ワイヤレス設計でPCなどへの接続は不要

特長

場所を選ばずに利用可能

必要な機材はスマートフォン・VRヘッドセットのみで、電源や通信環境が必要なく、ワイヤレス設計のため場所や時間を選ばずに使用できる。

共通のハードウェアで「火災避難」と「消火体験」の実施が可能

これまでコンテンツごとに対応したハードウェア構成が必要だったが、今回MXモバイリング社と共同で開発を行い、共通のハードウェアでの体験が可能となった。

これにより運営時の負担や煩雑さを軽減する。

さまざまな状況の再現が可能な拡張性

本システムをベースとして、建物の内装を自社向けに変更するなどのカスタマイズを行うことが可能。

開発背景

理経では、防災訓練や安全教育訓練で活用可能なVRの開発を行っている。

その中で、2017年4月にリリースをした「避難体験VR」は、自治体、民間企業をはじめ、多くの人が活用している。

今回、より簡易な操作でVRによる本格的な防災訓練が実施できるように、モバイル版のVRコンテンツをリリース。

これにより、更に多くの防災での取り組みにおいて活用が可能となることを見込んでおり、今後3年間で500セットの販売およびレンタルを目指すとのことだ。

2017年度 導入実績

・避難体験VR

<自治体・大学>

埼玉県鴻巣市、埼玉県越谷市、東京都小金井市、上智大学 など

<企業>

野村不動産株式会社、株式会社NTTドコモ、株式会社しんきんカード など

(注) 「VR消火体験シミュレータ」

http://biz.mxmobiling.co.jp/vr/fe

※掲載されているすべての商標、画像については、各所有者に帰属します。

VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む