VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

【VRインタビュー一気読み】 VRで商品閲覧・購入ができる「VRデパートメント」、eBayマネージャーインタビュー

2016/07/17 15:00

    忙しいあなたのために、今週(7月7日~7月13日)の人気取材記事TOP5をまとめて、ご紹介する「VRインタビュー一気読み!」

    ニュースの詳細が気になる方は、タイトルをクリックして記事をチェックしてください。

    今週のTOP5記事はコチラ

    1位:Vコマースこそ4番目のチャネル!世界最大のオンライン・マーケットプレイス「eBay」が考えるVRの可能性

    ebay-vr

    ebay-vr

    VR内を移動し、ユーザーが気になる商品の価格や在庫などの情報を見れたり、購入することができる「VRデパートメントストア(百貨店)」についてeBayマーケティングマネージャー河田氏のインタビュー記事。

    このサービスはPC・モバイルに加え新たなチャンネルとしてeコマース市場No.1のeBay Australiaが提供している。

    現在はTOP100のプロダクトが3Dで見ることができ、他はハイクオリティ2Dになっている。

    他国展開は現時点では検討しておらず、今後はオーストラリアでのフィードバックを元にVRを用いたコマースの在り方を考えていくとのこと。

    この記事の詳細はコチラから

    2位:10分で完成!誰もがカンタンにパノラマVRやストリートビューを作れる「ZENKEI 360」開発インタビュー

    ZENKEI 360

    ZENKEI 360

    360度カメラでパノラマ撮影した物件写真を専用サイトにアップロードすることでパノラマVR掲載の物件詳細ページが作成できるアプリ「ZENKEI 360」の開発インタビュー。

    「10分でできるパノラマVR」というコンセプトのもと、より簡単なパノラマVRコンテンツを目指しアプリが開発された。

    右クリックを使わない、メニューの選択を極力少なるするなどの工夫の結果、指示速度を早く快適に使えるようになった。

    評判は上々で、今後もお客様のニーズを反映しバージョンアップしていく予定だそうだ。

    この記事の詳細はコチラから

    3位:国内でのHTC Vive正式発表!タッチ&トライも盛り上がったHTC NIPPON発表会レポート

    HTC NIPPON

    HTC NIPPON

    7月7日に行われた「HTC NIPPON、国内HTC Vive公式発表会」レポート。

    Viveはヘッドマウントディスプレイ、カメラ、コントローラー3つの要素をまとめることでVRシステムとして最高のものになっており、ルームスケールVRでは世界初ミリ単位の即位を行っているためVR酔いも少ない。

    価格は99,800円。全国に販売チャンネルが設置され、店舗では体験スペースが設けられる。

    レポートではプレゼンテーションViveを実際に使っている企業などのケーススタディなどのその他詳細が載っている。

    この記事の詳細はコチラから

    4位:超回転率を実現したテクノスポーツ「HADO」の今後に迫る

    hado

    hado

    すでに多くの商業施設で導入されている、AR技術を使いフィールドを動き回り、味方と連携しながら敵を倒すテクノスポーツ「Hado」のmeleap CEO福田氏インタビュー。

    もともとのターゲットである「IT系リア充」にとどまらず、幅広い層にターゲットが拡大しており、体験者はすでに12万人ほど。

    コートサイズは10m×7m、ぶつかる心配もなく安全にプレイできる。

    1回の体験時間は80秒ほどと対戦時間が短く、体験者の回転が速い。

    今後も体感要素の追加が予定されているとのこと。

    この記事の詳細はコチラから

    5位:CADデータを3DCG化する「GyroEye(ジャイロアイ)」とグッドデザイン賞も獲得した建築管理アプリ「EOPAN(イオパン)」開発者インタビュー

    [youtube https://www.youtube.com/watch?v=R-lGa63Rz-Y&w=560&h=315]

    VRで建築物の内見や外観を確認できる「GeyroEye(ジャイロアイ)」と住宅・建築分野向け360度パノラマ建築管理アプリ「EOPAN(イオパン)」レビュー・開発者インタビュー。

    スムーズに住宅の内見ができるジャイロは、建築業などのプロも意識して開発されており、住宅のミニチュアを作る必要がなくなるなどのメリットがある。販売価格は36万。

    イオパンは建物のフロアごとの全体像を把握するのに便利で、VRに慣れていない人でも使いやすく、グッドデザイン賞なども受賞している。価格は12万8000円。

    この記事の詳細はコチラから


    「VRインタビュー一気読み!」は毎週、日曜日 15:00に公開します。来週もお楽しみに。

    kaho


    ニューヨークの大学でFINE ARTを勉強中。VRにはアートスクールで関わり興味を持ちました。これから詳しくなっていけたらと思います。

    最新ニュースを読む