VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

【昨日のVRニュース一気読み】VRポルノが引き起こす深刻な倫理的問題は「完璧な経験へのドアを開く」ことにある 他

2017/09/12 19:10

    忙しいあなたのために、今週(5月24日)の人気記事TOP5をまとめて、ご紹介する「昨日のVRニュース一気読み!」

    昨日、最も読まれた記事は"VRポルノが引き起こす深刻な倫理的問題は「完璧な経験へのドアを開く」ことにある"でした。

    ニュースの詳細が気になる方は、タイトルをクリックして記事をチェックしてください。

    今週のTOP5記事はコチラ

    1位:VRポルノが引き起こす深刻な倫理的問題は「完璧な経験へのドアを開く」ことにある

    20170523_vrporn_1

    海外メディアDailymailは、VRポルノが引き起こすかも知れない倫理的問題を論じた記事を掲載した。

    同メディアによると、2017年5月6日から11日、アメリカ・コロラド州の都市デンバーでCHI(Computer and Human Interaction)2017が開催された。同イベントは、ヒトとコンピューティングの関係を討論する学術会議なのだが、今年はVRポルノが引き起こすかも知れない倫理的問題が討議された。

    イギリス・ニューカッスル大学の博士課程に在籍中のMatthew Wood氏は、45人のボランティアが参加したVRポルノに関する調査を報告した。同氏が行ったのは、ボランティアに複数のVRポルノを体験してもらった後、どのような反応を示すかを調査するものだった。この調査に関して、同氏は以下のように報告している。

    この記事の詳細はコチラから

    2位:VRよりARのほうが成長する、と考え始めている開発者もいる。が、「VRとARの差」って何?

    20170523_vrar_1

    海外メディアDigital Trendsは、ARとVRの市場を比較した記事を掲載した。

    同メディアによると、今月はじめにアメリカ・ロサンゼルスで開催されたUnity主催の開発者会議Vision VR and AR summitでは、「ARとVRのどちらがより成長するか」という話題について、激しい議論が重ねられた。

    同イベントにおいて、もっともARを擁護したのはARプラットフォームを提供するVuforiaのプレジデントであるJay Wrightであった。Vuforia社は、2009年よりARサービスの開発を支援しており、クライアントにはIKEAにいた。

    同氏は、今後のAR市場に関して、以下のように発言した。

    この記事の詳細はコチラから

    3位:VRシューターゲーム「Farpoint」イギリスのゲーム売上チャートでナンバー2にランクイン!

    farpoint-coop-screen-02-us-06mar17

    イギリスのゲームチャートでVRファーストパーソンシューター(FPS)ゲーム、Farpointが売り上げナンバー2を獲得した。

    Farpointは先週PlayStation VR対応でリリースされたばかりで、今回が初ランクインとなる。

    UK Interactive Entertainment(UKIE)がイギリスでの先週1週間のゲーム売り上げチャートを公開した。

    ナンバー1に輝いたのはPS4、Xbox One、PC対応で先週リリースされてたばかりのDCキャラクターのファイティングゲーム「Injustice 2」で、同じく先週リリースしたばかりのPlayStation VR対応シューティングゲーム「Farpoint」がナンバー2を獲得した。

    この記事の詳細はコチラから

    4位:Gear VR 対 Daydream View、それぞれを買うべき理由

    Galaxy S8がDaydream Readyに

    先日行われたGoogleの開発者会議「Google I/O 2017」で、Googleは新たに登場するDaydream Readyなスマートフォンを複数発表している。

    LGは、2017年中に発売予定のフラッグシップモデルでDaydreamに対応する予定だ。

    サムスンは現行のGalaxy S8とS8 PlusのバージョンアップでDaydreamへの対応を行う。アップデートは今年の夏に行われる予定となっている。

    これによりGalaxy S8のオーナーはGear VRとDaydreamの両モバイルVRプラットフォームを利用できることになる。どちらを購入するべきなのか、それともまだVRヘッドセットを買うべき時期ではないのだろうか?

    それぞれのプラットフォームの特徴がThe Vergeで検討されている。

    この記事の詳細はコチラから

    5位:「KAT Walk」はVR空間を歩くためのトレッドミル

    KAT Walkを使う人

    360度好きな方向へ移動できる

    VRヘッドセットは、現実とは全く異なるVR空間に「立っている」感覚をユーザに与えることに成功した。さらにハンドトラッキングコントローラーを使えば、ユーザは自分の手をVR空間に入れることが可能となる。

    だが、まだ足をVR空間に入れることは難しい。固定された地点からのシューティングゲームばかりでなくプレイヤーの意思で移動できるVRゲームも多くなったが、移動の方法は従来のゲームと同様にアナログスティックを使うものが主だ。

    自分の足を使って自由な方向へと移動できるトレッドミル型のデバイスはこれまでにもいくつか開発が試みられてきたが、Omniはサイズの大きさゆえの輸送コスト問題にぶつかっている。他にも、クラウドファンディングを行ったまま消えていったデバイスがあるようだ。

    そんな中、KAT Walkは遅れながらも配送に漕ぎ着けている。

    この記事の詳細はコチラから


    いかがでしょうか?明日も話題のVRニュースをお届けするので、乞うご期待!

    「昨日のVRニュース一気読み!」は毎日 12:00に公開します。明日もお楽しみに。


    2012年よりスマホゲーム専門メディア「アプリ★ゲット」で記事執筆・編集・メディア運用・アライアンスなどを担当。

    最新ニュースを読む