VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

【昨日のニュース一気読み】SIEプレジデント吉田氏が発言「PSVR本体と発売予定のゲームのプロモーションを再開する」 他 - VR Inside

【昨日のニュース一気読み】SIEプレジデント吉田氏が発言「PSVR本体と発売予定のゲームのプロモーションを再開する」 他

        2017/09/12

忙しいあなたのために、昨日(6月21日)の人気記事TOP5をまとめて、ご紹介する「昨日のVRニュース一気読み!」

昨日もっとも読まれたのは、PSVRの供給体制が整い、プロモーションを再開すると吉田氏が明言した記事でした。

ニュースの詳細が気になる方は、タイトルをクリックして記事をチェックしてください。

昨日のTOP5記事はコチラ

1位:SIEプレジデント吉田氏が発言「PSVR本体と発売予定のゲームのプロモーションを再開する」

20170621-psvr-1

海外メディアVRFocusは、SIEプレジデント吉田氏のPSVRマーケティングに関する発言を報じた。

同メディアは、先日開催されたE3 2017において海外メディアGameSpotが行ったSIEプレジデント吉田修平氏へのインタビューに関して、PSVRに言及した箇所を抜粋して紹介した

同氏はPSVRのマーケティングに関して、以下のように発言した。

この記事の詳細はコチラから

2位:Valveが開発するコントローラー、KnucklesのプロトタイプがSteam VR Homeに追加される

Knuckles-1024x508

先日アップデートされたSteam VR Homeに、昨日新たな追加が行われた。

現在Valveが開発しているボタンレスのコントローラー、Knucklesのプロトタイプの3Dモデルが追加された。

Knucklesは、昨年10月に開催されたVRカンファレンス、Steam Dev Daysにてプロトタイプが公開され、ハンズオンのレビューが公開された。

今回のアップデートは3Dモデル上のそれではあるがいくつかの改善、おもにデザイン面でのそれが施されており、カンファレンスで展示された荒削りのモックアップよりも手触りの良さそうな質感になり、Valveが現在もKnucklesの開発に注力していることを示すものだった。

Knucklesは現在プロトタイプとしての開発が進められており、リリース情報などは明らかにされていないが、現行のコントローラーでもっとも普及しているHTC Viveのコントローラーや、Oculus Touchと比べると機能面において際立って異なる点がいくつかある。

この記事の詳細はコチラから

3位:距離測定や3D空間スキャンができるAndroidアプリ「HakaruAR β版」が第28回 設計・製造ソリューション展(DMS)に出展

Androidアプリ「HakaruAR β版」ロゴ

VR(バーチャルリアリティ)/MR(複合現実)/AR(拡張現実)事業を手がける株式会社アイデアクラウドは、距離測定や、空間の3Dスキャン、図面の生成など誰でも手軽に「測れる」Androidアプリ「HakaruAR β版」をレノボ・ジャパン株式会社と共同で、6月21日~23日、東京ビックサイトで開催される第28回 設計・製造ソリューション展(DMS)に展示することを発表した。

アイデアクラウド社は、6月21~23日の3日間、東京ビックサイトで開催される第28回 設計・製造ソリューション展(DMS)において、GoogleのTango機能を搭載したファブレット「Phab 2 Pro」と共に、誰でも手軽に「測れる」をコンセプトとするAndroidアプリ「HakaruAR」をレノボ・ジャパン株式会社と共同で展示する。

【第28回 設計・製造ソリューション展(DMS)の概要】

場所:東京ビックサイト 東1-8ホール レノボ・ジャパン株式会社ブース

開催日時:2017年6月21日~23日 10:00-18:00

料金:無料

この記事の詳細はコチラから

4位:Appleが発表したARKitで開発できるアプリは10カテゴリーある?将来的には「iGlass」とも連携する?

20170621-arkit-1

複数の海外メディアが、AppleのAR戦略に関するレポートを報じた。

海外メディアMarket Insiderは、スイス大手銀行UBSが発表したAppleのAR戦略に関するレポートのうち、ARKitによって開発されるアプリの内容を抜粋して紹介した。

同レポートをまとめた同銀行のアナリストSteven Milunovichは、AppleのAR戦略に関して以下のようにコメントしている。

この記事の詳細はコチラから

5位:VRRPG"The SoulKeeper VR"、Steam Early Accessで8月からダウンロード開始

soulkeeper-vr-screenshot-3-1024x569

HELM Systemsが開発するVRRPGタイトル「The SoulKeeper VR」が、Steamにてアーリーアクセス版で公開されることになった。

対応機種はHTC VIVEとOculus Riftで、8月15日の公開を予定している。

The SoulKeeper VRはストーリー形式のVRRPGだ。

舞台はGerindakと呼ばれる場所で、様々なキャラクターとのインタラクションを経験しながら、数多くの伝承に満ちた世界をプレイヤーは冒険することになる。

プレイヤーは最初はIsoroposという名前の僧兵であり、古代から続く修道院、Lavordiansのメンバーとしてスタートし、LavordiansのライバルであるMardoniansにまつわる噂を調査するために危険な調査旅行に出かける。

この記事の詳細はコチラから


いかがでしょうか?明日も話題のニュースをまとめてご紹介していきます!

「昨日のVRニュース一気読み!」は毎日、平日 12:00に公開します。来週もお楽しみに。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

Ryohei Watanabe

Writer: 2012年よりスマホゲーム専門メディア「アプリ★ゲット」で記事執筆・編集・メディア運用・アライアンスなどを担当。