VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

【今週末のVRニュース一気読み】不時着した惑星から脱出する人気VRアドベンチャーゲーム「The Solus Project」PSVR版ついにリリース 他

2017/09/20 11:55

    忙しいあなたのために、9月19日の人気記事TOP5をまとめて、ご紹介する「VRニュース一気読み!」

    最も読まれていた記事は、不時着した惑星から脱出する人気VRアドベンチャーゲーム「The Solus Project」PSVR版ついにリリースされた情報を報じた記事でした。

    ニュースの詳細が気になる方は、タイトルをクリックして記事をチェックしてください。

    【1位】不時着した惑星から脱出する人気VRアドベンチャーゲーム「The Solus Project」PSVR版ついにリリース


    海外メディアUploadVRは、PSVR版「The Solus Project」がリリースされたことを報じた。

    同メディアによると、昨年6月にVIVE・Oculus・OSVRに対応したVRアドベンチャーゲーム「The Solus Project」がPS4版およびPSVR版がリリースされた。

    この記事の詳細はコチラから

    【2位】怪奇現象をVR体験!映画『アナベル 死霊人形の誕生』恐怖の映像を配信開始

    映画『アナベル 死霊人形の誕生』恐怖の映像を配信開始

    株式会社360Channelは、360度VR動画専用配信サービス「360Channel(サンロクマルチャンネル)(https://www.360ch.tv/)」にて、人気映画『死霊館』シリーズ最新作『アナベル 死霊人形の誕生』の世界を体験できるVR動画を、上映に先駆けて9月19日(火)より配信開始した。

    ■動画URL: https://www.360ch.tv/videoview/661

    この記事の詳細はコチラから

    【3位】Gear VRでは音声コマンドによってデバイスを操作できる

    Gear VRでOculusボイスを使うと音声コマンドで操作できる

    かつては「未来のコンピュータを操作する方法」として想像することしかできなかった入力方式が、技術の進歩によって現実のものとなりつつある。

    キーボードとマウスやコントローラーを使うことなく直接画面に触れて操作できるタッチパネルも、数年前までは珍しかった。以前から銀行ATMや公共施設の案内装置などで利用されてはいたものの、スマートフォンが普及するまではこれほど高い精度で広く使われるものではなかった方式だ。

    この記事の詳細はコチラから

    【4位】ARKitとARCoreを使ってマインクラフトをスマホでAR表示するデモ動画公開


    海外メディアRoad to VRは、MinecraftをARKitとARCoreを使ってスマホでAR表示するデモ動画を紹介した。

    同メディアによると、南アフリカのスタートアップSpeak Geekは、ARCoreを使ってAndroid端末でMinecraftのワールドをAR表示するデモ動画を公開した。

    この記事の詳細はコチラから

    【5位】過去の人気ゲームのVR化でVRデバイスを購入するユーザが増加?

    L.A.Noire

    L.A.Noireは2011年にPS3で発売された

    任天堂が発売したニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータが大人気となりオークションサイトなどでは高額で転売される、同じく来月発売予定となっているミニスーパーファミコンも予約分が開始直後に完売するなど、最新のゲームではなく過去に人気となったゲーム機・ゲームソフトが再び注目される例が増えている。

    この記事の詳細はコチラから

    総括

    昨日はコンテンツ系の記事が多く読まれておりました。
    5位にランクインした「過去の人気ゲームのVR化でVRデバイスを購入するユーザが増加?」は、少し気になる記事でありました。

    ガラケイ時代にアプリが遊べるようになった時、ファミコン世代のタイトルがアプリ化されていきました。
    その後ソーシャルゲームでも、そのような動きがありましたが、そのままのゲーム性ではなく世界観やキャラクターなどをIPとして利用し、新しいゲームとしてリメイクされる傾向にありました。

    ファミコン世代のものを知るユーザーは、現在歳を重ね、30代~40代になっています。
    比較的金銭的にも余裕のある世代である事もあり、この世代に当時のファミコンタイトルのVRリメイクは刺さるのではないかと思いました。

    例えば、エレベーターアクションなど、VR化したら面白そうです、かなりスリリングなゲームに仕上がりそうな気がします。
    他、スペランカのPS4版、みんなでスペランカZなどVR化したらマルチプレイで面白くなりそうな気がします。
    初期マリオブラザーズなど2人プレイはかなり白熱するのでは無いでしょうか?(本来協力プレイなのが、殺し合いプレイに・・・)

    このように昔のタイトルに関しては、知名度もあり、現在ライセンスとしては眠っているお宝もある可能性もあります。
    海外などで流行ったライセンスを調査して、VR対応するのも戦略の1つかも知れませんね。


    いかがでしょうか?次回も話題のVRニュースをまとめてご紹介します!

    「VRニュース一気読み!」は、毎日 12:00に公開します。明日もお楽しみに。

    アバター


    モバイルコンテンツ企業の(株)エムティーアイ、クルーズ(株)にてIT業界におけるコンテンツ事業に従事しその後、メディア運営企業、スパイシーソフト(株)に入社。 現在は同社執行役員兼VR専門メディア「VRinside」編集長を兼務。 1975年生まれの41歳。 詳しくはこちら

    最新ニュースを読む