VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

【VRニュース一気読み】ソフトバンクが高水準のVR体験を実現するヘッドマウントディスプレイ「LINK」を8月4日に発売 他

2017/08/03 12:00

    忙しいあなたのために、8月2日に掲載されたVRニュースの中から人気だったTOP5をまとめてご紹介する「VRニュース一気読み!」

    最も読まれたのは、ソフトバンクからVRヘッドマウントディスプレイ「LINK」が8月4日に発売することを報じた記事でした。

    ニュースの詳細が気になる方は、タイトルをクリックして記事をチェックしてください。

    TOP5記事はコチラ

    1位:ソフトバンクが高水準のVR体験を実現するヘッドマウントディスプレイ「LINK」を8月4日に発売

    ソフトバンクがヘッドマウントディスプレー「LINK」を8月4日に発売

    ソフトバンク株式会社は、“ソフトバンク”の2017年夏商戦向けスマートフォンである「HTC U11(ユーイレブン)」(HTC製)とつないで利用できるヘッドマウントディスプレー「LINK」を、2017年8月4日に発売することを発表した。

    LINK」は、スマートフォンにつないで利用できるVR端末として世界で唯一※1、VR空間を自由に動き回ることが可能なヘッドマウントディスプレーであるということだ。

    「LINK」では、発売時からシューティングやスポーツなど複数のジャンルのゲームコンテンツが楽しめるということである※2。

    また、360度のパノラマ動画を楽しめるYouTubeの公式VRチャンネル「YouTube バーチャルリアリティ」のコンテンツを楽しむことも可能であるということだ。

    この記事の詳細はコチラから

    2位:「遊☆戯☆王」のカードデュエルを忠実に再現したHoloLensデモ動画が公開

    海外メディアNext Realityは、「遊☆戯☆王」を忠実に再現したHoloLensデモ動画を紹介した。

    同メディアは、アニメ「遊☆戯☆王」のカードデュエルをかつてないレベルで忠実に再現したHoloLensデモ動画を紹介した。どの程度「忠実」かと言えば、同アニメのカードデュエルではカードに描かれたキャラクターが立体的に存在するかのような描写をしているのだが、その描写を忠実に再現しているのだ。

    MicrowaveSamというYouTubeユーザーが公開したデモ動画では、デッキから引いたカードがプレイヤーの前に浮いたように存在するところや、カードのキャラクターどうしのバトル・アニメーションも描かれている。このレベルのAR体験は、HoloLensなしには難しいだろう。

    この記事の詳細はコチラから

    3位:Galaxy S8/S8+がGoogle Daydreamに対応

    グーグルが展開するスマートフォンVR「Google Daydream」がサムスンのGalaxy S8/S8+への対応を開始した。

    Google DaydreamがGalaxy S8/S8+に対応することは5月のGoogle I/Oにてアナウンスされていたが、Google VRのツイートによると、近いうちにGalaxyスマートフォンでDaydream対応アプリがプレイ可能になる。

    Galaxy S8/S8+は両機種ともGear VRに対応しているが、今回のアップデートによって、S8/S8+ユーザーはGear VR、Daydream両方のコンテンツをプレイできる。

    Daydream対応アプリのプレイには対応ヘッドセットである「Daydream View」を使い、専用のコントローラーによって操作する。

    この記事の詳細はコチラから

    4位:AcerのMRヘッドセットのハンズオンレビューが公開

    米国ではすでに販売を開始しているAcerとMicrosoftとの共同開発によるMRヘッドセットのハンズオンレビューがRoad to VRに掲載された。

    レビュアーはソフトウェア開発者のSachar "Vice" Weis氏であり、同氏は最近Acer MRヘッドセットの開発者版を手に入れ、デバイスの使い心地や特徴などをまとめている。

    今回出荷したバージョンはヘッドセットのみの出荷でありコントローラーは付属しておらず、現在のところ付属デバイスなしでの出荷のようだが、本デバイスはコントローラー同梱版を出荷する予定だ。

    この記事の詳細はコチラから

    5位:恐竜サバイバルアクション「ARK: Survival Evolved」のフルバージョン、8月29日にリリース

    Studio Wildcardによる「ARK: Survival Evolved」のフルバージョンが8月29日に登場する。

    現在アーリーアクセス版である本作は8月8日のリリースを予定していたが、3週間延期して8月29日になった。

    本作はオープンワールドの恐竜サバイバルアクションであり、Oculus Riftに対応、日本語でのプレイが可能。

    「ARK: Survival Evolved」の舞台となる謎の島「ARK」は、寒々とした餓えた大地であり、そこに住む人間は半裸状態で生活している。

    人々は日々の糧を得るために狩猟をし、作物を育てたり収穫をしたり、道具や住居を作ることによって生き延びている。

    この記事の詳細はコチラから


    いかがでしょうか?次回も話題のVRニュースをまとめてご紹介します!!

    前日の「VRニュース一気読み!」は、毎日 12:00に公開します。明日もお楽しみに。

    VRInside~VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア~


    VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連した最新情報を配信します。

    最新ニュースを読む