VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

【VRニュース一気読み】スクエニのPS VR専用ソフト「MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV」11月21日に配信決定 他

2017/08/24 12:00

忙しいあなたのために、8月23日の人気記事TOP5をまとめて、ご紹介する「VRニュース一気読み!」

最も読まれていた記事は、「MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV」のリリース日を報じた記事でした。

ニュースの詳細が気になる方は、タイトルをクリックして記事をチェックしてください。

TOP5記事はコチラ

1位:スクエニのPS VR専用ソフト「MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV」11月21日に配信決定

 「MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV」キービジュアル

株式会社スクウェア・エニックスは、PlayStation®VR専用ソフト「MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV」を、2017年11月21日に配信することを発表した。

またPS Storeにて予約が開始されている。価格は税込みで4,100円。

本作は、「ファイナルファンタジーXV」本編で訪れたあの水辺でのんびりと、時にはアクション性あふれるフィッシングを楽しむことができる。

プレイヤーは「ファイナルファンタジーXV 」の世界で、ノクト達との本格的なフィッシングを楽しみ、時にはハンターとして水底に潜む魔物へ挑むことができる。

この記事の詳細はコチラから

2位:サバイバルホラーゲーム「Syndrome」9月29日にPSVR・VIVE・Oculus版同時リリース決定

海外メディアVRFocusは、サバイバルホラーゲーム「Syndrome」のリリース日を報じた。

同メディアによると、2017年4月28日にリリースが発表されていたが、その後リリースが延期されたPSVR対応サバイバルホラーゲーム「Syndrome」が2017年9月29日に改めてリリースされることがわかった。

最新のリリース日は、同ゲーム配給元Big Moon Entertainment社のPR&コミュニティ部門マネージャーのRicardo Mota氏に問い合わせたことによって判明した。同氏はリリース日だけではなく、PSVR版だけではなくVIVE版とOculus版もリリースすること、また「VR Survival Mode」が実装されることも明かした。

この記事の詳細はコチラから

3位:HTCスポークスマン発言「値下げしたVIVEとなら、いっしょにVIVEトラッカーやデラックス・オーディオ・ストラップも買えるでしょう」

海外メディアRoad to VRは、VIVEの値下げに関するHTCスポークスマンの発言を紹介した。

二度にわたるOculus Riftの値下げを尻目に、当初の価格を維持していたVIVEがついに値下げしたことは、本メディアでもすでに報じている。

この値下げは、ふたつの憶測を呼んだ。ひとつは、VIVEの値下げはOculusの値下げ戦略に対抗したものなのか、という憶測である。ふたつめの憶測は今回のVIVEの値下げは次世代VIVEをリリースする布石なのか、というものである。

この記事の詳細はコチラから

4位:ジェームズ・キャメロン監督発言「今のVRは真のVRではない。真のVRとはそのなかで動けるものだ」

海外メディアRoad to VRは、ジェームズ・キャメロン監督のVRに関する発言を紹介した。

同メディアは、映画「ターミネーター2 3D」の公開に際して行われた同映画を監督したジェームズ・キャメロン監督のVRに関する発言を紹介した。同監督がVRに関して言及しているのは、以下に引用する動画の9分50秒から11分20秒あたりである。

以上の動画における同監督の発言を理解するには、同メディアが2015年8月13日付の記事で掲載した同監督のVRに関する発言に言及する必要がある。今からちょうど2年前、「VR元年」を迎える前に同監督はVRについて以下のように発言していた。

この記事の詳細はコチラから

5位:驚きの低価格と低軽量!6K 360°カメラ「NoMatterWhat」9月にリリース!予約が開始!

NoMatterWhat

スタートアップ企業、Spincle Inc.が360°撮影が6Kのイメージクオリティでできる360°カメラ「NoMatterWhat」のリリース日と予約受付が開始されたことを発表した。

6Kというハイクオリティながら、値段はマーケットにある他の360°デバイスの10分の1の39.99ドル(約 4380円)という驚きの低価格も特徴のひとつだ。

重さも30グラムとかなりの軽量で、持ち運びも簡単だ。

NoMatterWhatはスーパー軽量で低価格のiPhone専用360°カメラだ。

iPhoneのカメラを使用し360°写真と動画を撮影するので、アプリをひらくだけで簡単にハイクオリティな360°撮影ができる。

39.99ドル(約 4380円)という手に入りやすい低価格で、セルフィーはもちろん友達との思い出、印象に残る景色などさまざまなものを360°という新しい形で残すことができる。

この記事の詳細はコチラから


いかがでしょうか?次回も話題のVRニュースをまとめてご紹介します!

「VRニュース一気読み!」は、毎日 12:00に公開します。明日もお楽しみに。

VRInside~VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア~


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連した最新情報を配信します。

最新ニュースを読む