VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

【VRニュース一気読み】ヘリなどを操作して遊べるARアプリ「AR Radio Control(ARラジオコントロール)」が配信開始 他

2017/10/06 11:55

    daydream view

    忙しいあなたのために、10月5日の人気記事TOP5をまとめて、ご紹介する「VRニュース一気読み!」

    最も読まれていた記事は、ヘリなどを操作して遊べるARアプリ「AR Radio Control(ARラジオコントロール)」が配信開始情報を報じた記事でした。

    ニュースの詳細が気になる方は、記事の詳細をクリックして記事をチェックしてください。

    【1位】ヘリなどを操作して遊べるARアプリ「AR Radio Control(ARラジオコントロール)」が配信開始


    VR(バーチャルリアリティ)/MR(複合現実)/AR(拡張現実)事業を手がける株式会社アイデアクラウドは、iOS11のARkitを利用して、車やヘリなどを操作して遊べるARアプリ「AR Radio Control(ARラジオコントロール)」をApp Storeにて提供・配信を開始した。

    この記事の詳細はコチラから

    【2位】Palmer Luckey氏発言「VRインプラントが実現してもVRヘッドセットは装着し続けるだろう」

    VRに興味があるヒトならば、Palmer Luckey(パルマ-・ラッキー)氏の名前を聞いたことはあるだろう。何を隠そう同氏はOculus Riftの生みの親である。もっとも、現在同氏はFacebookに買収されたOculus社をすでに退社し、より自由な立場からVRに関わっている。

    この記事の詳細はコチラから

    【3位】LenovoのMRヘッドセット「Lenovo Explorer」399ドルで予約受付が開始

    Lenovo Explorer

    399ドルで発売されるMRヘッドセットLenovo Explorer

    2017年、複数のメーカーからマイクロソフトのWindows Mixed Realityに対応するMRヘッドセットが発売される。

    Acerからは開発キットが既に発売されており、アメリカではヘッドストラップ部分の改良が加えられた消費者向けエディションの予約受付も開始している。Acer以外にも、DellとHPが10月17日に一斉にMRヘッドセットを発売する。

    この記事の詳細はコチラから

    【4位】新型Daydream Viewヘッドセットが登場 装着感が向上、視野角も拡大


    10月5日、グーグルが開催した新製品発表イベントにて、同社の最新型スマートフォンである「Pixel 2」、「Pixel 2 XL」が発表され、話題になっている。本スマートフォンはモバイルAR機能を重視したデバイスであり、同社のARプラットフォームであるARCoreに対応した様々なAndroid対応ARアプリが登場することが予測される。

    この記事の詳細はコチラから

    【5位】混雑した空港で使用できるナビゲーションARアプリ、American Airlinesが開発中


    アップルのARプラットフォームであるARKitが利用可能になったことで、モバイルARアプリ開発は加熱しそうだ。現在ARKitを用いて開発した様々なアプリやデモが日々公開されており、モバイルAR市場の盛り上がりを垣間見ることができる。

    この記事の詳細はコチラから

    総括

    早くも週末金曜日となりました、今週末は3連休となりますが、お休みを取れる方はゆっくりお過ごしください。

    先日のGoogleから発表があった通り、スマートフォン向けVRゴーグル「Google Daydream Viewヘッドセット」がアップデートし販売されます。
    簡単に内容を要約して、まとめたいと思います。

    アップデート内容は、まず視野角の拡大、今回は10度拡大して「100度」になります。
    他、取り外し可能なトップ部分のストラップが追加され、顔に接触するクッションに関してもアップデートする事で装着感が向上したとされている。

    カラーバリエーションは、3色でピンクに関しては女性ユーザーでもお洒落に利用できる事を意識したのではないでしょうか?

    何気に便利だなと感じたのが、コントローラーを使用していない時、ヘッドストラップの後部に収納することが出来るようになった事です。
    こういった周辺機器が散乱したりして、壊れたり無くしたりするのですよね。

    現在プレイ可能なタイトル数は250以上で、今回の発表で更に増えていくのではないでしょうか?

    対応端末は、新型スマートフォンPixelシリーズに対応している他、サムスンのGalaxy S8、S8+、Note 8、Moto Z、Z2などの複数機種に対応し、日本で発売されているDaydream対応機種はGalaxy S8シリーズやASUSのZenFone ARなどになります。

    出荷予定日:10月17日、価格は99ドル(約11,000円)。
    発売予定国:米国、カナダ、英国、ドイツ、オーストラリア、インド、イタリア、フランス、スペイン、日本、韓国


    いかがでしょうか?次回も話題のVRニュースをまとめてご紹介します!

    「VRニュース一気読み!」は、平日は毎日 12:00に公開します。明日もお楽しみに。


    モバイルコンテンツ企業の(株)エムティーアイ、クルーズ(株)にてIT業界におけるコンテンツ事業に従事しその後、メディア運営企業、スパイシーソフト(株)に入社。 現在は同社執行役員兼VR専門メディア「VRinside」編集長を兼務。 1975年生まれの41歳。 詳しくはこちら

    最新ニュースを読む