VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

【VRニュース一気読み】VRで2種類の『ドライビングプロジェクトツアー』が体験できるイベントが開催 他

2017/10/11 12:00

    VR

    忙しいあなたのために、9月10日の人気記事TOP5をまとめて、ご紹介する「VRニュース一気読み!」

    最も読まれていた記事は、没入感高くVRでレースを体験をできる『ドライビングプロジェクトツアー』が開催されると報じた記事でした。

    ニュースの詳細が気になる方は、記事の詳細をクリックして記事をチェックしてください。

    【1位】VRで臨場感あふれるレースを体感できる『ドライビングプロジェクトツアー』が開催へ

    「ドライビングプロジェクトツアー」イメージ
    話題の2つのドライビング・レースゲーム「PROJECT CARS 2」(バンダイナムコエンターテインメント)、「Forza Motorsport 7」(Microsoft)について、4K 60pfsの高精細グラフィックでのタッチ&トライプレイや、PC版「PROJECT CARS 2」に搭載された VRモードで臨場感あふれるレースシーンを体感することができる。

    当日は、デモトライアルの他に、NVIDIA VRセッション、ASUS グラフィクボードセッションも実施される。

    この記事の詳細はコチラから

    【2位】ハンドトラッキングのLeap Motion、VR/ARアーティストケイイチ・マツダ氏を迎えたリサーチスタジオをロンドンにオープン

    hyper-reality

    VR/ARモーショントラッキングテクノロジーを開発している、Leap Motionが新しくデザインリサーチスタジオをロンドンにオープンし、VR/ARメディアアーティストのケイイチ・マツダ氏がデザイン・グローバルクリエイティブディレクターのバイスプレジデントとして就任することを発表した。

    この記事の詳細はコチラから

    【3位】太陽の表面を歩くVRアプリ「太陽回遊VR」三鷹・星と宇宙の日 2017にて体験会開催


    ITプロモーションを事業とする株式会社シーエスレポーターズは、10月13日(プレ公開)・10月14日(本公開)に開催される自然科学研究機構 国立天文台、自然科学研究機構 アストロバイオロジーセンター、東京大学天文学教育研究センター、総合研究大学院大学天文科学専攻の特別公開イベント「三鷹・星と宇宙の日 2017」にて導入される、太陽の表面を歩くことができるVRアプリ「太陽回遊VR」を開発し

    この記事の詳細はコチラから

    【4位】どこでもかんたんVRの「3D Stylee」URLのみで360度VRコンテンツを遠隔同期する新機能リリース

    どこでもかんたんVRのクラウドソフト「3D Stylee」 URLのみで360度VRコンテンツを 遅延なく遠隔同期する新機能リリース

    遠隔同期のイメージ図

    株式会社エフマイナー(本社:東京都渋谷区)が提供する、「どこでもかんたんVR」をコンセプトとした360度VRコンテンツ制作のクラウドソフト「3D Stylee」は、URLのみで360度VRコンテンツを遅延なく遠隔同期する新機能(以下、「本機能」)を、3D Styleeの有料利用者向けに提供開始したことを発表した。

    この記事の詳細はコチラから

    【5位】自動運転技術がVRで体験できる!TMS2017でJTEKT 360 Virtual Reality JGOGGLE2を出展

    TMS2017でJTEKT 360 Virtual Reality JGOGGLE2を公開

    JGOGGLE2

    株式会社ジェイテクトは、10月27日より東京ビッグサイトで開催される、第45回東京モーターショー2017の目玉コンテンツの1つとして、JTEKT 360 VIRTUAL REALITY 「JGOGGLE2」を出展すると発表した。

    360度の実車走行VR映像で自動運転対応技術が、東京モーターショー2017のジェイテクトブースで体感できるということだ。

    この記事の詳細はコチラから

    総括

    第45回東京モーターショー2017に対しての出展情報が2つの記事配信されました。
    最近増えてきているのが、VR専門のイベントや展示会などではない場所にVR関連の出展が増えおり、その中で実施されるセッションなどもVR関連のものが増えており、これは非常にいい流れであると考えています。

    例えばですが、車関連の最大規模の展示会でVRに関する出展が増えるという事は、それだけVR市場が拡大しているという事になります。
    各業種別の大きな出展にレギュラーとしてVRが並んでいくとなると、それは一般的にニーズが高いものに対してVR市場が広がっている事だと考えます。

    VRが一般に浸透しているか?普及しているか?もちろん色々な数値から算出していくのだと思いますが、このような展示会やイベントでの広がりも肌感覚としては、VRの一般浸透を知る一つの考え方ではないかと思います。

    実際VRInside編集部にくるお問合せなどは、VR業界の方からではなく、これからVRに連動していく関連業種の方々が非常に増えています。
    未来に向けては、VR内で展示会が実施されたりと、そもそもの展示会のフォーマットを変化させる可能性すらあります。

    そんなVRに関連して、何かお困りの事などありましたら、何なりとお問合せくださいませ。


    いかがでしょうか?次回も話題のVRニュースをまとめてご紹介します!

    「VRニュース一気読み!」は、平日は毎日 12:00に公開します。明日もお楽しみに。


    モバイルコンテンツ企業の(株)エムティーアイ、クルーズ(株)にてIT業界におけるコンテンツ事業に従事しその後、メディア運営企業、スパイシーソフト(株)に入社。 現在は同社執行役員兼VR専門メディア「VRinside」編集長を兼務。 1975年生まれの41歳。 詳しくはこちら

    最新ニュースを読む