VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

【VRニュース一気読み】VR体験ができる「Galaxy Studio Tokyo」がリニューアル! 他

2017/10/17 12:00

Galaxy Studio Tokyo外観

忙しいあなたのために、10月16日の人気記事TOP5をまとめて、ご紹介する「VRニュース一気読み!」

最も読まれていた記事は、VR体験ができる「Galaxy Studio Tokyo」がリニューアル!された情報を報じた記事でした。

ニュースの詳細が気になる方は、記事の詳細をクリックして記事をチェックしてください。

【1位】最新スマホやVRなどGalaxyの世界観が体験できる「Galaxy Studio Tokyo」が完全リニューアル

Galaxy Studio Tokyo外観

サムスン電子ジャパン株式会社は、モバイル製品の世界的リーディングブランドであるGalaxyについて、最新スマートフォンやバーチャルリアリティ(VR)などで同社ブランドの世界観を一度に体験できるアミューズメントパーク「Galaxy Studio Tokyo」(ギャラクシースタジオ トウキョウ)を、2017年10月19日(木)から完全リニューアルし、最新スマートフォン「Galaxy Note8」のタッチ&トライを中心とした「Galaxy Studio」をGalaxy史上最大規模の全国30か所で展開することを発表した。

この記事の詳細はコチラから

【2位】VRで弱視の回復を目指すVivid Visionが家庭で使える製品を発表

家庭用のVivid Vision Home

家庭用のVivid Vision Homeは消費者向けVRデバイスに対応する

Vivid Visionは、両目を協調させて立体的にものを見るのが難しい成人の斜視・弱視患者をVRで治療することを目指す企業だ。

2015年以来提供されている同社の製品は眼科医院向けのものしか存在していなかったが、ここに来て在宅で同様の治療を受けられるソフトウェアが発表された。この製品を使うことで、病院が遠くて頻繁に通うのが難しいという患者も繰り返し同社のVRコンテンツを活用しやすくなるだろう。

この記事の詳細はコチラから

【3位】Oculus Goの開発キットは来月にもデベロッパーの元に届く?

Oculus Go

Oculus Connect 4で発表されたOculus Go

以前から安価な独立型のVRヘッドセットを2018年に発売すると噂されていたOculusは、先日開催されたOculus Connect 4でついに独立型のVRヘッドセット「Oculus Go」を発表した。

このOculus Goはパソコンどころかスマートフォンも不要なスタンドアロンデバイスであり、本体を購入すればそれだけでVR体験が可能になる。価格も199ドル(2.2万円)と手頃で、初めてのVRデバイスとして手が出しやすいものになっている。

この記事の詳細はコチラから

【4位】PSVR専用タイトル「V!勇者のくせになまいきだR」がPS Storeにて発売

PSVR専用タイトル「V!勇者のくせになまいきだR」がPS Storeにて発売

PS Storeより引用

PS Storeにて10月14日(土)に、PSVR専用タイトル「V!勇者のくせになまいきだR」の発売が開始されている。
価格は5,292円。

「V!勇者のくせになまいきだR」は、ソニー・インタラクティブエンタテインメントから発売されているPSP®「プレイステーション・ポータブル」用ソフトウェアのダンジョン・マネージメントゲーム「勇者のくせになまいきだ。」がPlayStation®VR専用ソフトとして登場したもの。

この記事の詳細はコチラから

【5位】値下げ前にOculus Riftを購入したユーザは返金を受けられる可能性がある

新パッケージのOculus Rift

新パッケージでTouchが付属するOculus Rift

Oculus Riftがさらに値下げされたが、セール終了から値下げ実施までの短い期間だけ価格が高くなっていた。この期間に購入してしまったRift所有者は、購入店舗やカード会社による価格保証で差額の100ドルを返金してもらうことができるかもしれない。購入店舗を決めるときには、価格だけで選ばない方が良さそうだ。

この記事の詳細はコチラから

総括

サマーセール終了から今回の値下げの間にOculus Riftを購入した人は、僅かな購入タイミングの違いで「100ドル」高く購入した事になります。

もしOculusのサマーセール終了後から今回のOculusの3度めの値下げまでの間にOculus Riftを購入された方がいるようでしたら、本日5位の記事「値下げ前にOculus Riftを購入したユーザは返金を受けられる可能性がある」を是非お読みください。

全員が該当する事はありませんが、記事タイトルにある通り差額分の返金を受け取れる可能性がありそうです。
カード会社が提供している最低価格保証サービスなど、方法は幾つかあるのですが該当するものがあるか一度確認して見ても損はないと思います。


いかがでしょうか?次回も話題のVRニュースをまとめてご紹介します!

「VRニュース一気読み!」は、平日は毎日 12:00に公開します。明日もお楽しみに。


モバイルコンテンツ企業の(株)エムティーアイ、クルーズ(株)にてIT業界におけるコンテンツ事業に従事しその後、メディア運営企業、スパイシーソフト(株)に入社。 現在は同社執行役員兼VR専門メディア「VRinside」編集長を兼務。 1975年生まれの41歳。 詳しくはこちら

最新ニュースを読む