VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

【VRニュース一気読み】PSVR対応レーシングシュミレーター「グランツーリスモSPORT」が発売 他

2017/10/20 12:00

忙しいあなたのために、10月19日の人気記事TOP5をまとめて、ご紹介する「VRニュース一気読み!」

最も読まれていた記事は、PSVR対応レーシングシュミレーター「グランツーリスモSPORT」が発売された情報を報じた記事でした。

ニュースの詳細が気になる方は、記事の詳細をクリックして記事をチェックしてください。

【1位】PSVR対応「グランツーリスモSPORT」がPS Storeにて発売開始!

PSVR対応「グランツーリスモSPORT」がPS Storeにて発売開始

PS Storeより引用

PS Storeにて予約を受付けていたPSVR対応タイトル「グランツーリスモSPORT」が10月19日(木)に発売が開始された。

通常版の価格は7,452円でデジタルリミテッドエディション版は8,532円だ。

この記事の詳細はコチラから

【2位】Win10 Fall Creators Update と Windows MR ヘッドセット提供開始!Surface Book 2の発表も

Posted 2017年10月18日 By Japan News Center

マイクロソフトは、Windows 10 Fall Creators Update と Windows Mixed Reality ヘッドセットの提供開始、および、新製品「Surface Book 2」を発表した。
Windows 10 の提供開始以来、マイクロソフトは、だれもが持つクリエイティビティを支援するというミッションのもと、世界を進化させていく人間の根本的欲求であるクリエイティビティを重視してきた。

この記事の詳細はコチラから

【3位】Magic Leap、5億ドルを超える資金を調達。調達資金総額は20億ドルを超えることに

Magic Leap社はこのほどシリーズDの資金調達を行い、5億200万ドルの資金を集めることに成功した。同社は、過去にも巨額の資金を調達しており、その総額は20億ドルを超える。同社の最近の動向をまとめると、半年以内に製品がリリースされるのではないか、と予想される。

この記事の詳細はコチラから

【4位】PSVR専用タイトル「Light Tracer」がPS Storeにて発売

PSVR専用タイトル「Light Tracer」がPS Storeにて発売

PS Storeより引用

「Light Tracer」は、Oasis Gamesが販売をしているPSVR向けパズルアクションゲームだ。
プレイヤーは神のような存在として、絶望の中にいるプリンセスを巨大な「Bellbatisの塔」の頂点まで導くという内容。

価格は2,000円でCERO判定は「A」。
なお、プレイするにはPlaystation VRとPlaystation Cameraが必須。

この記事の詳細はコチラから

【5位】ナイアンティックCEO発言「わが社のアプリをMagic Leap向けに開発する可能性もあるのです」

John Hanke, CEO Niantic

ナイアンティック社CEOのJohn Hanke氏は、WSJが主催したカンファレンスにおいてモバイルARは不完全であると発言。そのうえで、真のARはARグラスによって実現するという見解を述べた。さらに、同社がMagic Leap対応ARアプリを開発する可能性についても示唆した。

この記事の詳細はコチラから

総括

本日はコンテンツ系のリリースが2記事ランクインしましたが、ニューモデルPSVRの販売店の拡大もされた事から10月からキラーコンテンツになりえるゲームのリリースが続きます。

昨年も10月PSVRリリース時から大型タイトルのリリースが続きましたが、販売が伸びていそうなコンテンツはVRとして体験価値が高いものであると感じています。
ゲームとしてのIP力のようなものとか作り込みの度合いなどもあるとは思いますが、やはりVRでしか体験できない価値を提供しているものが伸びた印象です。

特にわかりやすいのは、サマーレッスンのような疑似体験系(女性IP)コンテンツではないでしょうか?
マネタイズが難しいVRコンテンツでありながら、追加コンテンツとの投入を続けている事からユーザーにもしっかりプレイされていると思われます。

本日のニュースの中でもう一点注目したいニュースがありました、巨額の出資をうけながらARグラスを開発するMagic Leapに対して、
ナイアンティック社CEOのJohn Hanke氏がコメントした事です。

同日の記事でも報じていますが、Magic Leapはプロダクトのリリース情報がないまま、さらに追加増資も決まっております。
ここまでの金額を何もない中集められる事は通常考えられない事も考えると、プロダクトの開発は着実に進んでおり、リリース準備に入りつつあり、パートナー企業も確実に集まっているのかも知れません。

その中のパートナーとしてナイアンティック社がいて、Magic Leap版のポケモンGOが準備されているとすると、世界的キラーコンテンツがプロダクトの存在を引き上げてくれる事にもなるかと思います。


いかがでしょうか?次回も話題のVRニュースをまとめてご紹介します!

「VRニュース一気読み!」は、平日は毎日 12:00に公開します。明日もお楽しみに。


モバイルコンテンツ企業の(株)エムティーアイ、クルーズ(株)にてIT業界におけるコンテンツ事業に従事しその後、メディア運営企業、スパイシーソフト(株)に入社。 現在は同社執行役員兼VR専門メディア「VRinside」編集長を兼務。 1975年生まれの41歳。 詳しくはこちら

最新ニュースを読む