VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

【VRニュース一気読み】中国に巨大VRテーマパークが建設中、総工費は約1700億円 他

2017/11/20 12:00

中国・貴州の巨大VRテーマパークの鳥瞰画像

忙しいあなたのために、11月17日~19日の人気記事TOP5をまとめて、ご紹介する「VRニュース一気読み!」

最も読まれていた記事は、中国に巨大VRテーマパークが建設中、総工費は約1700億円と情報を報じた記事でした。

ニュースの詳細が気になる方は、記事の詳細をクリックして記事をチェックしてください。

【1位】中国・貴州省でVR巨大テーマパークが建設中。総工費は約1700億円、広さは東京ドーム27個分


海外メディアVRScoutは、中国・貴州省で建設中のVR巨大テーマパークを報じた。

同メディアによると、中国・貴州省でVR史上ほかに類を見ない巨大VRテーマパーク「East Valley of Science and Fantasy」(あえて日本語訳すると「東方空想科学谷」とでもなろうか)が建設中であることがわかった。その建設風景を収録した動画が以下である。

この記事の詳細はコチラから

【2位】ソニーが新たにPSVRと『Doom VFR』のバンドルを発表

PSVRとDoom VFRのバンドル

PSVRとDoom VFRのバンドル

ソニーも今年のホリデーシーズンには力を入れているようだ。PSVR発売から1年を迎えてマイナーチェンジした新モデル(CUH-ZVR2)を投入、VR版『スカイリム』や『グランツーリスモSport』とのバンドルパッケージを用意した上にPSVR本体が100ドル引きとなるブラックフライデー・ウィークのセールを実施するなどの取り組みを行っている。

この記事の詳細はコチラから

【3位】映画「ジグソウ:ソウ・レガシー」のキャンペーン用VRアプリを体験すると、トレーラー動画より心拍数が24%上昇する


最近ではハリウッド大作映画の宣伝用コンテンツとして、VR動画やVRアプリがリリースされることはすっかりお馴染みとなっている。ホラー映画「ジグソウ:ソウ・レガシー」も例外ではなく、宣伝用のVRアプリが同映画のアメリカでの公開日2017年10月27日に先立つこと2週間、期間限定でリリースされた(トップ画像参照)。

この記事の詳細はコチラから

【4位】レノボ、ARを利用したStar Warsゲーム「Star Wars/ジェダイ・チャレンジ」予約受付!販売は11月30日


レノボ・ジャパン株式会社(本社・東京都千代田区、代表取締役社長 留目真伸、以下レノボ)は先日発表されたLenovo Mirage ARヘッドセット、ライトセーバー・コントローラー、トラッキング・ビーコンで「ライトセーバー・バトル」、「戦略バトル」、「ホロチェス」を楽しむことができる、「Star Wars™/ジェダイ・チャレンジ」の日本国内における予約受付を11月16日より開始した。

この記事の詳細はコチラから

【5位】足を使った操作でVR空間を移動できる3dRudderが価格改定で1.6万円に

3dRudderイメージ

3dRudderを使って足でキャラクターや乗り物を操作する

VRゲームに限らず、テレビゲームの操作には手を使うのが一般的だ。指でボタンやスティックを操作したり、タッチ操作に対応する画面やタッチパネルを触ったり、あるいはモーションセンサーやジェスチャ認識機能によって直感的に操作が可能なハードウェアも存在する。

しかし、「3dRudder」を使えば足による移動操作が可能になる。3dRudderは、主にキャラクターの移動や回転といった動作での利用を想定して開発されたVR用コントローラーだ。

この記事の詳細はコチラから

総括

一番読まれた記事ですが、中国で1700億円近い投資金額で130万平方メートル(東京ドーム27個分相当)の大きさのVRテーマパークの建設が建設中であると報じられた記事でした。
建設風景を写した動画には、53メートルの高さのロボット像などが移されて、そのスケールの大きさが伺えます。

この施設にはアミューズメント施設以外にもスタジオや研究施設も盛り込まれるようではありますが、果たして投資金額を回収する事はできるのでしょうか?

まだまだ、VRアトラクションの運営コストは高く、さらに大規模なアトラクションになれば事故防止を考えても多くのトレーニングした人をはり付ける必要があります。

日本でもVRアミューズメント施設は増えていますが、大きく収益をあげている施設は少ないのではないでしょうか?
既存で存在する施設のPRも含めた利用が多く、単体での収益化は簡単ではありません。

仮に、この中国のVRテーマパークが大きな成功をおさめれば、VR市場に大きな変化が起きるのかも知れません。


いかがでしょうか?次回も話題のVRニュースをまとめてご紹介します!

「VRニュース一気読み!」は、平日は毎日 12:00に公開します。明日もお楽しみに。

アバター


モバイルコンテンツ企業の(株)エムティーアイ、クルーズ(株)にてIT業界におけるコンテンツ事業に従事しその後、メディア運営企業、スパイシーソフト(株)に入社。 現在は同社執行役員兼VR専門メディア「VRinside」編集長を兼務。 1975年生まれの41歳。 詳しくはこちら

最新ニュースを読む