VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

【週末のVRニュース一気読み】エープリールフールじゃないよね?“伝説のクソゲー”「たけしの挑戦状」がVR化して登場、4月1日発売!?他

2017/04/24 11:54

    忙しいあなたのために、週末(4月1日~2日)掲載されたVRニュースの中から人気だったTOP5をまとめてご紹介する「VRニュース一気読み!」

    ニュースの詳細が気になる方は、タイトルをクリックして記事をチェックしてください。

    週末のTOP5記事はコチラ

    1位:エープリールフールじゃないよね?“伝説のクソゲー”「たけしの挑戦状」がVR化して登場、4月1日発売!?

    エープリールフールじゃないよね?“伝説のクソゲー”「たけしの挑戦状」がVR化して登場、4月1日発売!?

    株式会社タイトーは、1986年に発売したファミリーコンピュータ用ゲームソフト「たけしの挑戦状」30周年企画として、「たけしの挑戦状 VR」を2017年4月1日(土)より発売する事を発表した。

    この記事の詳細はコチラから

    2位:「VRは1人でこっそり楽しみたい」最大5時間待ちも!個室で静かにVRを楽しめる体験施設をご紹介!!

    「VRは1人でこっそり楽しみたい」最大5時間待ちも!個室で静かにVRを楽しめる体験施設をご紹介!!

    VRコンテンツを気軽に楽しめるVR体験施設は全国各地にふえています。

    いろいろなところで楽しめるVRですが、そのほとんどが順番待ちの人がいたり、係の人がいたり現実世界の視点がちょっと気になってしまいます。

    VRを遊んでいるときはできれば個室で一人で楽しみたいもの。今回はそんな思いのためにネットカフェなど、個室でVRを楽しめる施設の情報をまとめて行きたいと思います!

    この記事の詳細はコチラから

    3位:意外と知らない?PSVRソフトの探し方!日本未発売のPSVRゲームを買う裏技まで

    意外と知らない?PSVRソフトの探し方!日本未発売のPSVRゲームを買う裏技まで

    PSVRを手に入れたら次はソフトです。皆さん準備はできていますか?PSVRのソフトの多くはゲームショップで購入できず、ダウンロード販売がメインとなっています。

    PSstoreというPS4やPS3でアクセスできるストアページでアカウントを作成し、購入する必要があります。

    今回はPSVRではじめてPS4を購入するという初心者の方のために、PS4のアカウント登録からゲーム購入までのガイドをしたいと思います!

    この記事の詳細はコチラから

    4位:ARゲーム特集!ポケモンGOだけじゃない!まとめて紹介

    ARゲーム特集!ポケモンGOだけじゃない!まとめて紹介

    microsoft hololensやアップルがARデバイスを開発中であったりと、VRと同じぐらい盛り上がりを見せているのが、ARの技術です。

    技術自体がスマホの登場と同じくして出始めたこともあり、VRが注目される以前から発展していた技術ですが、ポケモンGOで一躍その技術が有名になったのも大きい様です。

    今回はそんなポケモンGOをはじめとする大注目のVRゲームを紹介いたします。

    この記事の詳細はコチラから

    5位:「VRカノジョ」の人気にのって、「VRカレシ」が待望のリリース!

    「VRカノジョ」の人気にのって、「VRカレシ」が待望のリリース!

    今年「VRカノジョ」のリリースで、余りのアクセスでサーバをダウンさせた、イリュージョンが新たなタイトルを4月1日にリリース!?

    そのたタイトルは、夕陽 あきらが主人公の「VRカレシ」、キャッチは「早くお前に逢いたいな」で、価格は4,980円(税込)で海外への販売も検討していると発表されていた。

    この記事の詳細はコチラから

    まとめ

    たけしの挑戦状は、クソゲーと呼ばれながらも、非常に当時人気であったコンテンツ。

    VRは最先端の技術であるが、当時のファミコンやスーパーファミコンなど世代で人気のあったものは、VR化する事で再ブレークする事もあるのではないでしょうか?

    VRといった最先端の技術(テクノロジー)は、業界ないにいると、すごいよ・すごいよ!と自己満足的な思いになってしまう事も少なくなく、冷静に考えると一般のユーザーからすれば、VRといった技術を知りたいわけではなく、最終的に「面白い」「感動した」「驚いた」などの体験からのフィードバックがあり、そのうえで、また体験したいなどにつながる。

    そう考えると、やはりVRの一般普及に欠かせないと考えるのは、コンテンツ自体ではないかと思う。

    キラーコンテンツがどれだけ生まれるか?そしてそれを体験できる場所などがどれだけあるか?もしくは、どれだけ簡単に安価に体験できるか?は非常に重要なポイントである。

    筆者は常にVR業界の中の人と話す事が中心の毎日であることから、時に上記の「すごいよ」「すごいよ」現象に陥る事があるので、こうして常に記事にする事で、現状の業界の状態を把握する事もある。

    スマートフォンが普及した際に、やはりパズドラやモンストなどのキラーコンテンツがあった事で促進された事実もある。

    更に、その当時は日本の携帯キャリアが、スマホを実質無料のような打ち出しで、世の中にばらまいた(いい意味で)ことも非常に重要なアクションである。

    これは、うえで言う、以下にまさに該当する事実ではないかと思う。

    キラーコンテンツがどれだけ生まれるか?そしてそれを体験できる場所などがどれだけあるか?もしくは、どれだけ簡単に安価に体験できるか?は非常に重要なポイントである。

    VRでも、やはり同じようにキラーコンテンツが生まれること、そしてそれを簡単に体験できるタッチポイントがどれだけ増えるかが普及のポイントであると考える。

    anthony10000000


    VRによって得られる没入感と満足感は想像以上、これからどんな体験ができるのか役立つ情報をここからシェアしていきたいと思っています。

    最新ニュースを読む