VRポルノが引き起こす深刻な倫理的問題は「完璧な経験へのドアを開く」ことにある | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRポルノが引き起こす深刻な倫理的問題は「完璧な経験へのドアを開く」ことにある

2017/05/23 11:41

アメリカ・デンバーで行われた学術会議でVRポルノが引き起こすかも知れない倫理的問題が討論された。同会議では、VRポルノは現実よりも「完璧」な体験をもたらすことが、いちばんの問題である、と指摘された。

海外メディアDailymailは、VRポルノが引き起こすかも知れない倫理的問題を論じた記事を掲載した。

20170523_vrporn_1

「一線を越える」ことを誘惑するVRポルノ

同メディアによると、2017年5月6日から11日、アメリカ・コロラド州の都市デンバーでCHI(Computer and Human Interaction)2017が開催された。同イベントは、ヒトとコンピューティングの関係を討論する学術会議なのだが、今年はVRポルノが引き起こすかも知れない倫理的問題が討議された。

イギリス・ニューカッスル大学の博士課程に在籍中のMatthew Wood氏は、45人のボランティアが参加したVRポルノに関する調査を報告した。同氏が行ったのは、ボランティアに複数のVRポルノを体験してもらった後、どのような反応を示すかを調査するものだった。この調査に関して、同氏は以下のように報告している。

ボランティアに体験してもらったVRポルノは、ふたつのグループに分けることができます。

ひとつめのグループは、「完璧なシナリオ」と呼ばれるものです。このグループに属するVRポルノは、現実より「ゴージャス」だったり、あるいは限りなく「現実」に近い内容なのですが、「VRポルノは現実より良い体験を提供するもの」とボランティアに思ってもらえるようなものです。

ふたつめのグループは「危ういシナリオ」で、「現実」には許容し難い内容です。つまり、やや暴力的な内容のVRポルノです。

以上のようなふたつの異なった内容のVRポルノを体験した結果、そのどちらに関してもボランティアは「現実」でも体験したいと思った、という調査結果を得たのだ。

以上の調査結果は、暴力的な内容のVRポルノを体験し続けたら、実際に(例えばリベンジ・ポルノといった)暴力的な行為に及ぶかも知れないことを示唆している。

この調査結果は、「共感装置」として機能すると言われているVR動画の特徴からすると、当然のように導き出されることでもある。というのも、VR動画がもたらす深い没入感は、体験した経験に深く「共感」し、その「共感」した体験を実際にやってみたい、と思わせるチカラがあるからだ。

「完璧な体験」へのドアを開くVRポルノ

Matthew Wood氏の調査を共同執筆したMadeline Balaam氏は、別の確度からVRポルノに関する倫理的問題を論じた。

同氏が提起した問題とは、次のように表現できる。現実の性的なパートナーをモデルにしたVRキャラクターを作ることは許されることなのだろうか。しかも、そのVRキャラクターは、現実のパートナーとは異なり決して「No」とは言わない。

こうした問題に関して、同氏は以下のように説明している。

私たちの研究は、VRポルノが時として実質的に「VR不倫」として機能することを示唆しています。なぜならば、VRポルノはもはや鑑賞というよりは体験であり、そのリアリティーは増すばかりなので、「現実」のパートナーから作った3Dキャラクターとの関係と言えども、その実態は「不倫」なのですから。

VRポルノが引き起こすかも知れないいちばんの問題は、「完璧」な性的体験へのドアを開くことにあります。実質的に(バーチャルに)「完璧」な体験をできるならば、誰も「現実」を見なくなるかも知れないのです。

...そして、こうした「完璧」な体験をもたらすであろうVRポルノに対して依存症になる可能性も、私たちの研究は示しています。

もっとも、同氏はPVポルノという表現自体には、多いに肯定的な立場である。同氏は、例えば性別を入れ替えたバーチャルな性的体験は、ヒトの感性を豊かにする、と考えている。報告を終えるに当たり、同氏は自らのスタンスを以下のようにまとめている。

VRポルノの未来自体はポジティブなものになり得ます、ただし、適切にデザインされればですが

ちなみに、Dailimailによると、海外VRポルノサイトは1日に50万アクセスがあり、ユーザーひとり当たりのコンテンツ消費数は、VRポルノが平均11コンテンツなのに対し、通常のポルノ動画は平均9である。この数字は、VRポルノはすでにメインストリームになりつつある、と解釈できる。

VRポルノに限らず、新しいテクノロジーによる産物は影響力が大きいものほど、負の影響力も大きい。しかし、負の側面があるからといって、新テクノロジーを否定したり禁止するのは、愚かな行為である。Madeline Balaam氏が言うように「適切にデザイン」できれば、新テクノロジーによる大きな恩恵に浴せるのだから。そして、こうした「テクノロジーの飼い馴らし」は、今までヒトがずっとやって来たことではなかろうか。

VRポルノが引き起こすかも知れない倫理的問題を論じたDailymailの記事
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-4531712/Experts-warn-VR-porn-lead-major-ethical-issues.html

     

     

吉本幸記


千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com