VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

UnityでのVRコンテンツ制作で使用できるフリーオープンツール「VRTK」が登場!

2017/09/29 16:48

今回はVRデベロッパーのためのフリーオープンソースツール「VRTK」を紹介する。

VRTKはUnity3d UIで使用できるスクリプトツールセットで、全て無料で使うことが可能だ。

プロのVRデベロッパーでなくても、使用することができ、簡単にVRコンテンツを作ることができる。



VRTK

VRTK

VRTKはUnityを使ってVRコンテンツを制作するのに役立つ、全て無料のオープンスクリプトのツールキットだ。

Unity3d 5+を使って、より早く簡単にVRコンテンツをビルドアップしていくことができる。

対応するVRプラットフォームはSteamVRとOculus SDKで、現在VRTKのバージョン3がGitHubUnity Asset Storeでダウンロード可能だ。

ソリューション

  • ● バーチャルスペースでのロコモーション
  • ● 触る、つかむ、ものを使うなどのインタラクション
  • ● Unity3d UI エレメントをポインターなどで操作できる
  • ● VRで自由に動ける
  • ● ボタン、ドア、レバー、引き出しなどのコントロールが2Dと3Dでできる

使い方

サンプルプロジェクトとシーンを使用する

  • ● VRTKをダウンロードまたはクローンする。
  • ● UnityでVRTKフォルダーを開き、プロジェクトをロード。
  • ● ロードしたサンプルシーンを使用する。

サンプルシーンはVRTKがサポートしているVR SDKすべてに対応している。

VRデバイスで使用するには、必要なサードパーティVR SDKをインポートする必要がある。

VRTKを自分のプロジェクトで使用する

  • ● VRTKをダウンロードまたはクローンする。
  • ● 制作しているUnityプロジェクトに”Assets/VRTK”フォルダーをインポート。
  • ● ”VRTK_SDKManager”スクリプトをシーンのGame Objectに追加。

VRTKがサポートしているVR SDKを使用する場合は、The SDK Manegerでセットアップをする必要がある。

  • ● SDKをダウンロードし、プロジェクトにダウンロードする。
  • ● 新しいゲームプロジェクトを作る。
  • ○ ”VRTK_SDKSetup”を追加。
  • ○ VR SDKのゲームオブジェクト(カメラリグなど)を追加。
  • ○ SDK Setupで”SDK Selection”を個別に設定。
  • ○ ”Object References”を”Auto Populate”にセットする。
  • ● SDK Manegerの”Setups”で新しいスロットを追加しSDK Setupをそのスロットに選択。

さらにSDK Setupを追加するには同じステップをもう一度すればいい。



SteamVRを使用する場合

  • ● SteamVRプラグインをUnity Asset Storeからインポート。
  • ● 新しいゲームプロジェクトを制作。
  • ● ”VRTK Setup”を追加。
  • ● VR SDKのゲームオブジェクトでプラグインのプリファブから”CameraRig”を追加。

Oculus Utilitiesを使用する場合

  • ● Oculus UtilitiesをOculus デベロッパーウェブサイトからダウンロード。
  • ● ”.unitypackage”をインポート。
  • ● 新しいゲームプロジェクトを制作。
  • ● ”VRTK Setup”を追加。
  • ● VR SDKのゲームオブジェクトでプラグインのプリファブから”CameraRig”を追加。
  • ● シーンの”OVRCameraRig”で”OVRManager”を探し、”Tracking Origin Type” を”Floor Level”にセットする。

Daydream(実験的)を使用する場合

  • ● Unityで新しい、またはすでにあるDaydream対応のプロジェクトを開く。
  • ● Google VR SDKをGoogleデベロッパーウェブサイトからダウンロード。
  • ● ”.unitypackage”をインポート。
  • ● ”File から Build Settings...”でセッティングをAndroidに変える。
  • ● Edit > Project Settings > Playerの順で、
  • ○ APIレベルを”Nougat”にセット。
  • ○ すべてのセッティングをAndroid仕様にする。
  • ● ”Hierarchy”ウィンドウで、新しいゲームオブジェクトを”DaydreamCameraRig”の名前で作る。
    次の順で”DaydreamCameraRig”のサブとして追加していく。
  • ○ 新しい”Camera”
  • ○ ”GoogleVR/Prefabs/UI”から”GvrControllerPointer”
  • ○ ”GoogleVR/Prefabs/Controller”から”GvrControllerMain”
  • ○ ”GoogleVR/Prefabs”から”GvrViewerMain”(エディタープレイモードが使えるようになる)
  • ● Daydreamのネイティブポインターツールを”DaydreamCameraRig/GvrControllerPointer/Laser”で使えないようにする。

参照元サイト:patreon.com, GitHub, Unity Asset Store, vrtoolkitドキュメント
URL:https://www.patreon.com/vrtk, https://github.com/thestonefox/VRTK, https://www.assetstore.unity3d.com/en/#!/content/64131, https://vrtoolkit.readme.io/docs/summary









VRInside~VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア~


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連した最新情報を配信します。

最新ニュースを読む