VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

「VR ZONE SHINJUKU」がクールジャパン・マッチングアワード2017でグランプリを受賞

「VR ZONE SHINJUKU」がクールジャパン・マッチングアワード2017でグランプリを受賞

「クールジャパン官民連携プラットフォーム」(事務局:内閣府知的財産戦略推進事務局)は、日本の魅力あるコンテンツ等を軸として異業種が連携し、新たな商品・サービスなどを創出していくことを後押しするため、12月4日(月)に、「クールジャパン・マッチングフォーラム2017」を開催した。

今年のグランプリは、VR(仮想現実)とコンテンツのマッチングによる「VR ZONE SHINJUKU」が受賞している。

「クールジャパン・マッチングフォーラム2017」概要

12月4日(月)に、「クールジャパン・マッチングフォーラム2017」が開催された。以下はその詳細。

異業種連携の先進的なビジネスプロジェクトの表彰【マッチングアワード】

受賞6プロジェクトの受賞者・連携先、審査員、プレゼンターとして松山 政司 内閣府特命担当大臣(クールジャパン戦略), あかま 二郎 内閣府副大臣

異業種連携によるビジネス組成のための商談会【マッチングメッセ】

異業種連携でビジネス組成を目指す企業関係者等約460名が参加し、商談やネットワーキングが行われた。

詳細は、マッチングフォーラムホームページ(URL)を確認。http://cjmf.jp/

開催概要

【日時】
平成29年12月4日(月)11:00~17:30

【会場】
虎ノ門ヒルズフォーラム 5階 ホールA(東京都港区虎ノ門1-23-3 虎の門ヒルズ森タワー)

【主催】
クールジャパン官民連携プラットフォーム(事務局:内閣府知的財産戦略推進事務局)

http://www.cao.go.jp/cool_japan/platform/platform.html

【後援】
クールジャパン機構、日本貿易振興機構(JETRO)、日本商工会議所、東京商工会議所、映像産業振興機構(VIPO)

【概要】

11:00~17:30 クールジャパン・マッチングメッセ(展示・商談)

(11:30~14:20に出展者によるステージプレゼンテーションを実施)

15:00~15:30 基調講演「あそぶ力。 よしもとはガッコ。」

大﨑 洋   吉本興業株式会社代表取締役社長

15:30~16:30 クールジャパン・マッチングアワード2017表彰式

16:30~17:30 交流会

「クールジャパン・マッチングアワード2017」表彰式

クールジャパンの新たな価値を創出した業種を越えた連携を表彰する「マッチングアワード2017」表彰式では、クールジャパン官民連携プラットフォーム共同会長の、松山 政司 内閣府特命担当大臣(クールジャパン戦略)、あかま 二郎 内閣府副大臣などから各賞受賞者に表彰状とトロフィーの授与、審査員による講評が行われた。

今年度は、VR(仮想現実)とコンテンツのマッチングによる「VR ZONE SHINJUKU」がグランプリを受賞した。

詳細はマッチングフォーラムホームページ(http://cjmf.jp/)を確認。

イメージ

「クールジャパン・マッチングメッセ」

異業種連携による新たなビジネスの組成を目指す「マッチングメッセ」では、20社の出展事業者(別添2参照)が、ブースでの展示を行い、ステージにおいてプレゼンテーションを実施。

出展事業者と様々な分野の事業者間で、フォーラム開催時間中に、合計81件の商談が行われた。

「クールジャパン・マッチングアワード2017」について

概要

(1)目 的

コンテンツ等と他分野が連携した取組事例とその効果を広く社会で共有し、こうした活動を奨励・普及・促進することを目的として、日本の魅力を海外に展開する商品やサービス等を生み出す先進的な異業種連携プロジェクトを表彰。

(2)対 象

コンテンツ等と他分野が連携した事業(商品・サービス・一連の取組)で2016年1月以降に発売・開始・実施されたもの。

(3)選 考

「新規性」、「連携による相乗効果」、「話題性」、「市場性」などの観点から、有識者審査員8名による審査を実施。

有識者審査員(敬称略)

夏野 剛(慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特別招聘教授)※審査委員長

アストリッド・クライン(建築家、(株)クライン・ダイサム代表取締役)

梅澤 高明(A.T. カーニー 日本法人会長)

楠本 修二郎(カフェ・カンパニー(株) 代表取締役社長)

小林 智美(G-Yu Creative 副社長)

ジャスティン・ポッツ(ポッツ家プロダクションズ 代表)

浜野 京(内閣府知的財産戦略推進事務局 政策参与)

ポール・クリスティ(ザ・ジャパントラベルカンパニー(株)代表取締役社長、Walk Japan CEO)

受賞プロジェクト

全55件の応募プロジェクトから選考された、以下の各賞を発表・表彰。

・グランプリ  1件

・準グランプリ 2件

・審査員特別賞 2件

受賞プロジェクトについて

グランプリ(1件)

プロジェクト名:「VR ZONE SHINJUKU」

分野:VR×コンテンツ

【概要】
2017年7月、東京・新宿にオープンしたヴァ―チャルリアリティ(仮想現実)のエンターテインメント施設。17種類のアクティビティで、アニメやゲーム、コンテンツの世界観を体感できる。

受賞者:(株)バンダイナムコエンターテインメント

連携先:(株)カラー、(株)講談社、(株)サンライズ、(株)創通、東映アニメーション(株)、任天堂(株)、(株)ネイキッド、(株)プロダクション・アイジー

イメージ

準グランプリ(2件)

プロジェクト名:「映画『TSUKIJI WONDERLAND(築地ワンダーランド)』」

分野:映画×食・地域

【概要】
“築地”と“日本の食文化の神髄”を世界に向け発信するドキュメンタリー映画。世界各国の映画祭に出品、アジア各国ではスマッシュヒットを記録した。

受賞者:松竹(株)

連携先:東京魚市場卸協同組合、ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ(株))、(株)パイプライン、(株)山と溪谷社、READYFOR(株)、他

プロジェクト名:「SNOW×日本のコンテンツ 『顔認識スタンプ』共同開発」

分野:IT×マンガ・アニメキャラクター

【概要】
ユーザーの顔を自動的に認識し、モーショングラフィックスを付けることで、誰でも簡単に可愛くて面白い写真や動画を撮影できる顔認識カメラアプリ。様々な日本の人気キャラクターと共同でスタンプを制作し、全世界2億5千万人以上に発信した。

受賞者:SNOW Japan(株)

連携先:「進撃の巨人」製作委員会、2017 ピカチュウプロジェクト/(株)ポケモン、(株)集英社

審査員特別賞(2件)

プロジェクト名:「STAR ISLAND」

分野:花火×テクノロジー

【概要】
2017年5月、東京・お台場で開催した新しいエンターテイメント・イベント。日本の風物詩・花火と3Dサウンド・ライティングの最先端のテクノロジーやパフォーマンスの融合を演出した。

受賞者:エイベックス・エンタテインメント(株)

連携先:(株)丸玉屋小勝煙火店

プロジェクト名:「電玉 SAO EDITION」

分野:けん玉×IT・キャラクター

【概要】
スタートアップを支援するメディアであるASCII STARTUP上にて、伝統玩具の「けん玉」にIoTを実装しゲームと連動させることで国や世代を超えて楽しめる「電玉」と小説・アニメで大人気の「ソードアート・オンライン」とがコラボレーションしたプロジェクト。

受賞者:(株)電玉

連携先:ASCII STARTUP

※掲載されているすべての商標、画像については、各所有者に帰属します。

関連記事をみる

攻殻機動隊 ARISE Stealth HoundsがVR ZONE SHINJUKUに登場!予約方法、料金などまとめ | VR Inside

2017年12月9日より、人気アニメ「攻殻機動隊 ARISE」を題材にした新感覚VRサバゲー、「攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds」が東京都新宿区、歌舞伎町のVR施設、VR ZONE SHINJUKUに登場する。

VRInside編集部


VR・AR・MRの最新情報を配信します。

最新ニュースを読む