VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

『ウォーキング・デッド』のVRゲーム化プロジェクトが複数進行中

2017/06/15 12:20

    Walking Deadのウォーカー

    Walking Deadのウォーカー

    6月14日、E3でウォーキング・デッドをテーマとした複数のVRゲーム開発が進められていることが発表された。

    VRの持つ没入感は、プレイヤーをウォーキング・デッドの恐ろしい世界へと連れていくだろう。プレイヤーは、作品の本質と言える「道徳的な選択」を迫られることになりそうだ。

    ウォーキング・デッドの世界

    終末の世界

    厳しい選択

    ウォーキング・デッドは、マンガやテレビドラマで大人気のシリーズだ。典型的な特徴を備えた歩く死体、ポップカルチャーにおいてゾンビと呼ばれるキャラクターの登場する作品ではあるが、作品のファンならばゾンビと戦う激しいアクションや視聴者を驚かせるような描写がその中心ではないことを知っているだろう。

    この世界では、ゾンビよりも生存者の方が恐ろしいことがままある。生き残った人々は、食料や燃料、安全なねぐらを求めて争うことになる。対立する相手を殺さなければ仲間が殺されてしまうかもしれない、といった場面も珍しくない。

    登場人物たちは、どちらを選んでもデメリットのある選択を繰り返しながら生き延びようと奮闘する。

    インタラクティブなVRゲームではプレイヤー自身がその世界に入り込み、決断を下すことになるだろう。その選択によって仲間を失ったり、逆に新しい仲間が加わることもあるかもしれない。

    テレビゲーム版ウォーキング・デッド

    この作品の特徴がゲームに適していることは、VRではないテレビゲーム版で既に証明されている。ゲームのプレイヤーは逃れられない恐怖に怯える役ではなく、物語の流れそのものを大きく動かすことができる。

    プレイヤーが仲間との会話で誰の意見に賛成するか(あるいは、何も言わずに黙っているのか)や、トラブルが起きたときにどのように振る舞うのかによって仲間たちの態度も変化し、ストーリーが変わっていく。

    次々と敵を倒せるような爽快感のあるゲームではないが、ドラマの登場人物になったような感覚が味わえる人気作品だ。VRゲームでも、以前にゲーム化されたときの優れた点を引き継いているのではないかと想像できる。

    しかし、IGNのインタビューに答えたSkybound社長のDan Murrayは「驚きがあるでしょう」とコメントしている。単純に2DのゲームをVR化したもの、というわけではないようだ。

    VR版ウォーキング・デッド

    ゲームではオリジナルのキャラクター・ストーリーだった

    ゲームではオリジナルのキャラクター・ストーリーだった

    ゲーム用オリジナルストーリーの存在

    Murrayは、ストーリーラインがどのようなものであるかはあまり話すことができないとしながらも、それが新しいものであることを明かした。テレビドラマや過去のゲームのIFストーリーではなく、全く新しいものになるようだ。

    「ストーリーは新しいものです。新しいキャラクターが登場し、新しい物語が展開します。

    開発がさらに進めば、お伝えできることが増えていきます」

    ゲームのためのストーリーはまだ開発が進められている途中であり、他のウォーキング・デッド関連作品の物語と繋がりがあるものなのか(あるとすれば、他作品と同時期なのか、それとも前や後の話なのか)、それとも完全に独立した物語なのかも不明だ。

    発売も2018年が目標と遠いため、公表されていないというよりもまだストーリーが完成していないのだろう。

    物語のメディアとしてのVR

    VRを使ったドキュメンタリー映像やゲームでは、ユーザが現地に行ったかのような経験ができるという特徴がある。この特徴は、VRを物語のためのメディアとして魅力的なものにする。

    テレビゲームでは、プレイヤーの選択によってストーリーが分岐する作品もある。キャラクターのセリフが少し変わったり、一連のイベントをこなすことで特別なアイテムがもらえたりといったものからマルチエンディングが採用されているものまで、その程度は様々だ。

    テキストで表示されるセリフが変わるだけでも、本やテレビドラマにはないゲームならではの特徴を活かした仕掛けには違いない。だが、VRならばさらに「自分の行動が世界に影響を与えている」感覚が強くなるだろう。

    ストーリーを展開するためのメディアとして、VRは大いに期待されている存在だ。Murrayは、ウォーキング・デッドが後に続く物語作品に先行するタイトルになると考えている。

     

    ウォーキング・デッドのVRタイトルは、HTC Vive、Oculus Rift、そしてPSVRをサポートすることを目指している。発売予定日は発表されていないが、目標は2018年だ。

    現時点ではまだ情報が少ない作品だが、メディアの特徴を活かした先駆者となることが期待される。人気シリーズのゲーム化タイトルであり、ユーザとデベロッパーの双方から注目される作品だ。

     

    参照元サイト名:Road To VR
    URL:http://www.roadtovr.com/multiple-walking-dead-vr-interactive-vr-games-development/

    参照元サイト名:IGN
    URL:http://uk.ign.com/articles/2017/06/14/e3-2017-the-walking-dead-is-coming-to-vr-in-multiple-new-games

    参照元サイト名:Variety
    URL:http://variety.com/2017/digital/news/walking-dead-vr-games-skybound-skydance-1202465193/


    VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連した最新情報を配信します。

    最新ニュースを読む