VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

幻想的で無機質な世界観のアドベンチャー「Water Planet」が登場

2017/10/07 17:56

VRアドベンチャー「Water Planet」が登場した。本作はミュージシャン兼ゲーム開発者のVIRGOと、Revera Corporationとが共同開発したタイトルだ。

VIRGOは本作と同タイトルの音楽アルバムも発表しており、ゲーム内で使用されている楽曲は彼女が制作したものだ。サウンド重視の幻想的な世界観をVRで体験できる。

「Water Planet」について

ゲームの概要

本作はシングルプレイに対応した一人称視点のアドベンチャーで、青色に満ちた地球外の惑星が舞台だ。この惑星には数多くの謎が隠されており、高精細なグラフィックで描かれた世界で没入感溢れるアドベンチャーをプレイできる。

プレイヤーは惑星の様々な場所を探索し、搭乗してきた宇宙船に燃料を補給するためのリソースを探し求める。同時に、この惑星にはかつて存在していた文明の痕跡が発見され、秘密の寺院を探検したり、生息するエイリアンの動植物とふれ合うことができる。

ゲームの特徴

舞台となる惑星では様々な場所を探検することが可能で、たとえば海の中に潜ったり、液体状の山を登ったり、エイリアンが構築した建造物を探索することができる。

また、本作にはGeminiというAIアシスタントが登場する。プレイヤーがクリスタル状のリソースを探索する際にヘルプしてくれる存在だ。またゲーム途中にはAquaというサイボーグのクラゲも登場する。

AIアシスタントGeminiのサポートを伴ってゲームを進めるほか、プレイ中に登場する光り輝く球体が、プレイヤーをガイドすることもある。

サウンド重視のVR体験

「Water Planet」を開発したVIRGOはミュージシャンとしても活動しており、本作はサウンド重視のゲームとなっている。

ゲーム中に使用される楽曲はすべてVIRGOが作曲したもので、彼女が制作したアルバム「Water Planet EP」の楽曲も使用されている。幻想的でどこか無機質なサウンドが特徴で、ゲームの世界観とマッチしている。

また、プレイ中にはプレイヤーが予想しなかった形で音楽と触れあえる機能も実装されているという。

Rift、Viveに対応。購入者には特典も

本作はHTC ViveとOculus Riftに対応しているが、通常のデスクトップでもプレイすることが可能。価格は1,980円で、Steamでダウンロード可能。

現在、購入者には特典が提供されており、本作を購入したプレイヤーにはVIRGOの音楽アルバム「Water Planet EP」が無料でダウンロードできる。

必要スペック

「Water Planet」の必要スペックは以下の通り。

OS Windows 7 64 bit
プロセッサー Dual Core 2GHz
メモリー 4 GB RAM
グラフィック Nvidia 460 or equivalent(PCでのプレイ時), Nividia 970 or equivalent(VRでのプレイ時)
DirectX Version 10
ストレージ 3411 MB 利用可能

最近リリースされた/近日リリース予定の最新VRアドベンチャーゲーム

「Anamorphine」

VRアドベンチャー「Anamorphine」は、人間の精神世界をVRで映像化するというシュールで、新規性の高いタイトルだ。本作は2017年中のリリースを予定している。

ゲーム中にバトルや暴力的な要素は登場しないが、メンタルヘルスや鬱、喪失などといった人間の感情や精神のネガティブな面をテーマにしている。

主人公の感情を表現するために、言葉を使わず、空想的でシュールな表現が用いられている。会話やアクションボタン、テキストやナレーションなどは登場せず、視覚的要素を用いて感情に訴えかけるゲームデザインがされている。

参考:人間の精神世界をビジュアルで表現、VRアドベンチャー「Anamorphine」が2017年中にリリース予定

「Far Space」

「Far Space」は宇宙船からの脱出や探索というアドベンチャーゲームと、シューティングゲームの2つの要素を持つタイトルだ。

プレイヤーはゲーム開始時、異形の生命体に襲われた宇宙船を脱出し、広大な宇宙空間を冒険することになる。他の宇宙飛行士を見捨てたり、あるいは寝返る可能性のある過酷な状況の中で、プレイヤーはたどり着いたコロニーを探索する。

また、プレイヤーの行動選択や、移動や攻撃の際もモーションコントローラーを使わず、すべてヘッドセット内の視点移動によってできるようになっている。また、カタコトではあるが日本語にも対応しており、ほとんどのVRゲームが日本語未対応であることを考えると珍しいタイトルだ。

参考:シューティング要素もある絶体絶命の宇宙探索アドベンチャー「Far Space」を紹介

「Cloudborn」

「Cloudborn」はVR探検アドベンチャーゲームで、動きをクライミングだけに特化させた特殊なシステムで進んでいくユニークなシングルプレイヤーゲームだ。プレイヤーは見捨てられた世界に一人で、失われた文明の謎をたどるために周囲を探索することになる。

移動は全て手のみで、プレイヤーはクライミングテクニックを駆使しながら進んでいくことになる。手で建物のへりや崖の岩などを掴んで登ったり、スウィングしてつかまれる個所を渡っていったりと手だけでもさまざまなアクションが可能だ。

宮崎駿のジブリ映画と水彩画にインスパイアされた、カラフルなアートスタイルで、美しいグラフィックを体感できる。

参考:VRクライミングアドベンチャーゲーム「Cloudborn」が早期アクセスでリリース!

参照元:VRFocus Discover A Lost World As VIRGO’s Debut VR Experience Water Planet Hits Steam


フリーランスの翻訳ライター。XR、VTuber、人工知能を専門に各種メディアに寄稿しています。 Twitter: https://twitter.com/dsiwmr

最新ニュースを読む