Windows Holographic Shellの動作環境が判明 | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Windows Holographic Shellの動作環境が判明

2016/11/22 12:05

Windows 10の最新buildバージョンに含まれるアプリを起動すると、Windows Holographic Shellの動作環境が判明する。同機能とMicrosoft製VRヘッドセットの詳細は12月に発表されるだろう。

海外メディアThe Vergeは、2016年11月21日の記事において、Windows Holographic Shellの動作環境を報じた。

20161122_msvr_1

同メディアによれば、2016年11月17日にリリースされたWindows 10の最新buildバージョンに含まれているアプリから、Windows Holographic Shellの動作環境が判明した。

Windows Holographic Shellとは、今年の8月にMicrosoftが発表したWindows PCでMR(Mixed Reality)を体験できる機能であり、同機能に対応したVRヘッドセットを装着すれば、リアルな世界のなかにバーチャルオブジェクトがホログラフィックに表示される(詳しくは下の動画を参照)。

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=Gu09UWqS8-Q&w=560&h=315]

2016年11月17日にリリースされたwindows 10の最新buildバージョン(バージョン番号14971)のなかには、同機能がPCで動作するかどうか判定するアプリ「Windows Holographic First Run」が含まれており、同アプリを起動すると動作環境が表示される。

その表示によると、同機能の動作環境は以下の通りだ(下の図も参照)

  • 4GBのRAM
  • USB3.0のポートをサポートしていること
  • DirectX 12をサポートしていること
  • CPUが4コアあること
Windows Holographic First Runの起動画面

Windows Holographic First Runの起動画面

Windows Holographic Shellが発表された時、同機能は「幅広い範囲の6度の自由度があるVRヘッドセットをサポートする」(6度の自由度とは、xyz軸それぞれで位置と傾きを制御できるという意味)と説明されているため、同機能に対応する可能性のあるVRヘッドセットはOculus RiftとVIVEはもちろんのこと、リリースすることが発表されたMicrosoft製VRヘッドセットも含まれる。

もっとも、Windows Holographic First RunはWindows 10 PCのスペックのみをチェックし、PCに接続されたデバイスを検知していないので、同機能の動作環境がVRヘッドセットによって変わる余地はある。

Windows Holographic ShellとMicrosoft製VRヘッドセットに関する詳細は、来月Microsoftが開催するイベントで明らかになるだろう。

Windows 10 build 14971をリリースしたことを告知したWindows 10公式ブログ
https://blogs.windows.com/windowsexperience/2016/11/17/announcing-windows-10-insider-preview-build-14971-for-pc/#fkGrEzgY0uG5i6FO.97

参照元URL:http://www.theverge.com/2016/11/21/13697268/microsoft-windows-10-vr-headsets-minimum-specs

吉本幸記


千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com

最新ニュースを読む