VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Windows MRにも対応したパワフルなノートPC!「Acer Aspireシリーズ」製品レビュー

Acer Aspire アイキャッチ

Microsoftが開発を進めているWindows Mixed Reality(以下:Windows MR)は従来のVRヘッドセットと違い、ハイスペックなゲーミングPCでなくても動作するという特徴があります。今回は「Acer Aspire(アスパイア)」の中でもWindows MRが起動可能な「Acer Aspire7(A715-71G-A58H/K)」そして、「Acer Aspire5 (A515-51G-A58G/K)」の製品レビューをしていきたいと思います。



「Acer Aspire シリーズ」開封の義!

「Acer Aspire 7」

「Acer Aspire 7」箱

まずは「Acer Aspire 7」から。ビジネスモデルのノートパソコンながらに15.6インチのFull HDモニターを搭載してるだけあり、迫力があります。

「Acer Aspire 7」内容

しかし、持ってみると非常に軽く、女性などでも片手でわきに抱えて持ち運べるぐらいで、持ち運びも出来る高性能なノートパソコンという印象です。付属品は、ノートパソコン本体とACアダプタ、そしてクイックマニュアル一冊、各種説明マニュアルが同梱されていました。

「Acer Aspire 7」本体

開いてみると非常に迫力のある画面で、動画もゲームの画面もきれいに映し出してくれました。さすがはFull HD出力に対応しているだけはありますね。

「Acer Aspire 7」キーボードアップ

キーボードは日本語配列(JIS配列)のキーボードで、右側にはテンキーも付属しており、事務作業などをこなすうえで大いに活躍しそうです。タッチパッドの左上には「Windows Hello」に 対応した、指紋認証リーダーがあるので快適なログインができます!

「Acer Aspire 7」のテンキー

ブラインドタッチが出来るユーザーには関係ない話かもしれませんが、電源を入れる事でバックライトでキーがきれいに照らされますので、暗いところでの作業もスマートにこなすことが出来ますね。んー、しかしライトアップしてるとやっぱりカッコいいです…。

「Acer Aspire 5」

続いては「Acer Aspire 5」です。こちらは一回り程「Acer Aspire 7」より箱が小さく、重量も「Acer Aspire 7」より一回り軽かったです。

付属品は「Acer Aspire 7」同様、ACアダプタとクイックマニュアルが付属していました。

「Acer Aspire 5」 キーボード

キーボード配置や、モニターサイズは「Acer Aspire 7」と同じで、大きな違いはキーボードのライトアップ機能と指紋認証リーダーが「Acer Aspire 5」にはない点でした。

モニター、「Acer Aspire 7」同様に 15.6 インチの Full HDディスプレイでノートパソコンながらにテレビのような迫力の映像を楽しめました。

「Acer Aspire 7」と「Acer Aspire 5」と横に並べてみた結果、同じ15.6 インチモニターを搭載しているので横幅や奥行きはほぼ同じでした。デザインの特徴に「Acer Aspire 5」には縦に縞模様のスリットがあり、「Acer Aspire 7」はフラットなデザインです。そして、重さはやや「Acer Aspire 7」の方が重く、「Acer Aspire 7」が2.35 kgで「Acer Aspire 5」が2.2 kgと気持ち「Acer Aspire 7」の方が重めという結果に。この辺はバックに入れたら気にならない程度の差だと思います。

そして、持ち運びの際に大きな差になりそうなのがACアダプタでした。

「Acer Aspire 5」と「Acer Aspire 7」のACアダプター

写真上部にある「Acer Aspire 7」のACアダプタと下部にある「Acer Aspire 5」ACアダプターはGPU、CPUともに高性能で大きな電力を必要とする「Acer Aspire 7」の方が大きく、性能面を取るか、持ち運びの利便性を取るかでモデル選択が分かれてくると思いました。

製品のGoodポイント
・ビジネスで活躍できるシンプルでスタイリッシュな筐体。
・ハイスペックなだけでなくフルHDモニターを搭載したプライベートでも活躍できるデザイン

 FFXIVの推奨認定をAspire7、5ともに取得

FFXIVの推奨認定を取得

Acer AspireシリーズがゲーミングPCという側面から決して見劣りしないことは、「ファイナルファンタジーXIV」の推奨認定を取得しているという点にあります。もちろん、「Acer Aspire 7」と「Acer Aspire 5」共に。

推奨認定製品というお墨付きはあるものの、やはりレビュアーとしては実際にどのぐらいの評価が出るのかは気になるところ。Acer社さんには失礼と思いつつも、「Acer Aspire 7」で実際にどのぐらいのスコアなのか起動させてみました。

「Acer Aspire 7」ベンチマーク結果

スコア5481で、「とても快適」に遊べるということがわかりました。パチパチパチ。

ちなみに、このスコアは一般的なデスクトップPCやゲーミングPCにも迫る性能で、これだけの性能であれば、そのほかの人気オンラインゲーム「Overwatch」や「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」などの最低条件も優に満たしており十分に遊ぶことができます。正に、ビジネスでもオフの時にはちょこっとゲームでも遊べちゃうパワフルでオンリーワンな一台です。




「Acer Aspire 7」&「Acer Aspire 5」の性能・特徴

ここからは「Acer Aspire 7」と「Acer Aspire 5」の性能やその特徴を紹介していきたいと思います。

ゲーミングPCにも迫る性能を持つ「Acer Aspire 7」性能・特徴

「Acer Aspire 7」

「Acer Aspire 7」は黒を基調にしたシンプルでエレガントなデザインを持ちながら、本体の性能はハイエンドなゲーミングPCにも迫るほどの実力を持つパワフルな一台といえます。CPUはIntel® Core™ i5 プロセッサーを搭載し、GPUにはGeForce® GTX 1050 Tiが搭載されています。

「Acer Aspire 7」詳細スペック

オペレーションシステム Windows 10 Home
プロセッサー Intel® Core™ i5-7300HQ
2.5 GHz; クアッドコア
チップセット Intel® HM175
システムメモリ DDR4
8 GB (standard)
最大 32 GB (maximum)
ストレージ、光学ドライブ 1 TB HDD(ハードディスクドライブ)
128 GB SSD
ディスプレイ 15.6"
Full HD (1920 x 1080) resolution
グラフィックス NVIDIA® GeForce® GTX 1050 Ti
専用ビデオメモリ4GB
接続性 802.11a/b/g/n/ac 無線 LAN
ギガビットLAN
オーディオ&ビデオ 1280 x 720 webcam
2
ポート&コネクタ 1x USB 3.0
2x USB 2.0
イーサーネット (RJ-45) ポート
HDMI Output
1x USB 3.1 Gen 1 Type-C
入力デバイス タッチパッド
バッテリー 4 セル 3220 mAh リチウムイオンバッテリー
バッテリー寿命 7 時間
アダプター 135 W
寸法(幅 x 奥行き x 高さ) 381.60 mm x 262.80 mm x 23.95 mm
本体重量(概算) 2.4 kg
付属品 リチウムイオンバッテリー
ACアダプタ
保証 1年間センドバック保証 / 1年間制限国際旅行者保証

Acer Aspire 7公式ページ

ビジネスやプライベートでもパワフルに動作する「Acer Aspire 5」性能・特徴

「Acer Aspire 5」本体

「Acer Aspire 7」の下位モデルに位置するのが、「Acer Aspire 5」です。性能面で見れば、「Acer Aspire 7」の方が、CPUやGPU共に性能が上でありますが、持ち運びやすさで差別化が図れているという印象を受けました。「Acer Aspire 5」には「Acer Aspire 7」よりは性能が劣りますが、高いコストパフォーマンスと、持ち運びやすさの点での利便性があります。

性能の高いGPUやCPUを搭載する「Acer Aspire 7」は0.1kgほど本体重量が重く、ACアダプタも一目でわかるほどの差があります。性能だけでなく、取り回しのしやすさや、コストパフォーマンスで選ぶなら、俄然「Acer Aspire 5」でしょう。家で使うよりは外で使うことの方が多い人にお薦めできるといえます。

「Acer Aspire 5」詳細スペック

オペレーションシステム Windows 10 Home
プロセッサー Intel® Core™ i5-7200U
2.5 GHz; デュアルコア
システムメモリ DDR4
8 GB (standard)
最大メモリ20GB(maximum)
ストレージ、光学ドライブ 1 TB HDD(ハードディスクドライブ)
ディスプレイ 15.6"
Full HD (1920 x 1080) resolution
非光沢パネル
グラフィックス NVIDIA® GeForce® MX150
専用ビデオメモリ2GB
接続性 802.11a/b/g/n/ac 無線 LAN
ギガビットLAN
オーディオ&ビデオ 1280 x 720 webcam
デジタル microphone
2
ポート&コネクタ 1x USB 3.0
2x USB 2.0
イーサーネット (RJ-45) ポート
HDMI Output
1x USB 3.1 Gen 1 Type-C
入力デバイス タッチパッド
バッテリー 4 セル 3220 mAh リチウムイオンバッテリー
バッテリー寿命 7 時間
アダプター 65 W
寸法(幅 x 奥行き x 高さ) 381.60 mm x 263 mm x 21.60 mm
本体重量(概算) 2.2 kg
付属品 リチウムイオン バッテリー
ACアダプタ
保証 1年間センドバック保証 / 1年間制限国際旅行者保証

Acer Aspire 5公式ページ

製品のGoodポイント
・一般事務だけでなく動画にゲームなどオフでもビジネスでも活躍するスペック
・高い技術とコストパフォーマンスを持ったミドルマシン

「Acer Aspire シリーズ」は共にWindows MRが起動可能!

「Acer Aspire シリーズ」にはパフォーマンスに富んだ高性能ビジネスノートパソコンとしてだけではなく、もう一つ「Windows MR」が動かせるという特徴を持っています。

Windows MRを動かすのに必要なスペックは以下の通りになっています。

Windows Mixed Reality Ultra PCs windows-mixed-reality-ultra Windows Mixed Reality PCswindows-mixed-reality
OS Windows 10 Fall Creators Update (RS3) - Home, Pro, Business, Education
プロセッサー Intel Core i5 4590 (4世代), quad core (かそれ以上) AMD Ryzen 5 1400 3.4Ghz (デスクトップ), quad core (かそれ以上) Intel Core i5 7200U (7世代), dual core with Intel® Hyper-Threading Technology enabled (かそれ以上)
メモリ 8GB DDR3 (かそれ以上) 8GB DDR3 dual channel(かそれ以上)
必要ディスク空き容量 少なくとも10 GB以上
グラフィック NVIDIA GTX 960/1050 (かそれ以上) DX12-capable discrete GPU AMD RX 460/560 (かそれ以上) DX12-capable discrete GPU GPU must be hosted in a PCIe 3.0 x4+ Link slot Integrated Intel® HD Graphics 620 (かそれ以上) DX12-capable integrated GPU (Check if your model is greater) NVIDIA MX150/965M (かそれ以上) DX12-capable discrete GPU
グラフィックドライバー Windows Display Driver Model (WDDM) 2.2 Windows Display Driver Model (WDDM) 2.2
ディスプレイ出力ポート HDMI 2.0 かDisplayPort 1.2 HDMI 1.4 か DisplayPort 1.2
Display Connected external or integrated VGA (800x600) display (or better)
USB接続 USB 3.0 Type-A かType-C
Bluetooth 接続(モーションコントローラー用) Bluetooth 4.0
ヘッドセットの表示フレームレート 90 Hz 60 Hz

Windows MRには二つの要求スペックを設け、Windows Mixed Reality PCであれば、Windows MRを動かすことが可能です。そして、もう一つ上のWindows Mixed Reality Ultra PCの要求スペックを満たすPCであれば、Windows MRを機能制限なく遊ぶことが出来ます。「Acer Aspireシリーズ」は共にWindows Mixed Reality PCのスペックを満たしているのでWindows MRで遊ぶことが出来ました。

製品のGoodポイント
・Windows MRでも遊べ、多様性に富んだノートPC

「Acer Aspireシリーズ」はこんな人にお薦め!

ここまでレビューしてきて「Acer Aspire」はビジネス向けのノートパソコンながらに、ゲーミングPCにも近いパワフルさを兼ね備えたオフでも使える欲張りなノートパソコンだということがわかりました。仕事や学校で使いながら、家ではゲームやWindows MRであそびたいという人には是非「Acer Aspireシリーズ」をお勧めしたいと思います。

遂に発売された製品版「Acer Windows MR ヘッドセット」そしてWindows MRも続々登場! | VR Inside









VRInside~VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア~


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連した最新情報を配信します。

最新ニュースを読む