カンタンに360°パノラマ写真を使ったVRコンテンツが作れる不動産向けVRサービス「ZENKEI 360」がサービス開 | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

カンタンに360°パノラマ写真を使ったVRコンテンツが作れる不動産向けVRサービス「ZENKEI 360」がサービス開

2016/08/31 19:03

パノラマVRアプリの開発、 及び、 関連サービスの開発・販売を手掛ける全景株式会社は、 手軽にウェブブラウザだけで本格的なVRプレイヤーが作成できるサービス「ZENKEI 360」のサービス提供を開始 ...

パノラマVRアプリの開発、 及び、 関連サービスの開発・販売を手掛ける全景株式会社は、 手軽にウェブブラウザだけで本格的なVRプレイヤーが作成できるサービス「ZENKEI 360」のサービス提供を開始した。

ZENKEI 360

ZENKEI 360

360°パノラマ写真を使ったVRコンテンツが容易に

「ZENKEI 360」は、アパートや住宅などの不動産物件はもちろん、 飲食店やホテル、 旅館、 観光施設をはじめとしてさまざまな場所を、 RICOH THETAなどのカメラでパノラマ撮影し、 専用のサイトにアップロードすることで簡単にパノラマVR掲載の物件詳細ページが作成できる「Zenkei Curator」をより使いやすくしたパノラマVR(バーチャルリアリティー)サービス。

「不動産物件のバーチャル内見の価値は認めるが、 VRコンテンツを作るのが難しく負担が大きい」という現場の声に着目し、 パノラマVRコンテンツの作成、 公開までの流れを徹底的に調査、 検証し、 使いやすさをコンセプトに開発。

今まで時間がかかっていた360°パノラマ写真を使ったVRコンテンツの作成が、ユーザーインターフェイスの見直しで、簡単に!

不動産物件選びに最も時間の掛かる「内見」をVRで見せることで、 その煩わしさを解消する用途で効果を発揮する。

ZENKEI 360

ZENKEI 360の詳細

ZENKEI 360の特徴は、以下のとおりです。

  • Webブラウザー版
  • RICOH THETAで撮影した画像は、アップロード時に自動でパノラマ変換
  • ログイン画面から、アカウント操作が可能
  • 図面・写真素材は、タグで管理

上記1. については、Webブラウザー版としたことで、ソフトのインストールが不要で、Mac OSにも対応。また今後予測されるFlash Player利用の縮小といった問題を解決している。

ZENKEI 360

同2. については、 パノラマ変換ボタンをクリックする操作が不要となり、 よりスムーズにVRプレイヤーが作成できる。 RICOH THETA以外で撮影した画像でも、 従来どおりボタン1つで変換が可能。

同3. については、 これまでは当社サポートに連絡しなくてはならなかったご契約に関する操作を、 お客さまの画面上から行うことができるようになる(今後実装予定)。

同4. については、 タグ付けを基本としたファイル管理。 タグで検索ができ、 すぐに必要な素材・プレイヤーを見つけることができる。

  • VR空間内を歩くようにシーンチェンジができるウォークスルー機能
  • Googleマップ連携機能
  • 空間上にメニューやアイコンを設置できる空間タグ機能
  • スマホのVRゴーグルモード
  • 高解像度モード※1
  • コンバージョン機能※2
  • 専用APIで自社のシステムとの連携可能※
  • 管理画面からのプラン変更※

※は 今後の追加される予定の機能です。
※1 マルチレゾリューション対応。
※2 VRプレイヤーを閲覧後、 電話や予約の発生があれば計測する機能。

ZENKEI 360 公式サイト
https://360.zenkei.com/

トモ


何十年も前からあるVRがようやく一般で広まりつつあるなか、課題は「ハード」と「体験」の2軸と思っています。これからリリースされる新しいVR機器を余すことなく紹介すること、そして体験したVRの良さを少しでも伝えることでVR市場の成長に貢献します。

最新ニュースを読む