VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRを使ったプロモーションまとめ【活用方法、事例】

VRを用いたプロモーションについて様々な事例をまとめています。VRでしかない特徴を活かしたものから、VRグッズをプレゼントにしたものまでやり方は千差万別。
これからVRを使ったプロモーション・イベントを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。
ルクサのVRプロモーション
VR関連まとめ

PSVR
まとめ
Vive
まとめ
Oculus Rift
まとめ
GearVR
まとめ
Windows MR
まとめ
ゲーミングPC
まとめ
360°カメラ
まとめ
体験施設
まとめ
360°動画
まとめ
VRプロモ
まとめ

VRプロモーション情報目次

VRプロモーションの活用方法

VRにおけるプロモーションの手法については、日々新たな試みが続けられています。
ここではそれらを方法別に解説します。

VRコンテンツを体験する

最も一般的な手法は、360°動画などで実際に体験してもらうプロモーションです。
商品のプロモーション映像をVRで作成したり、イベントの様子を撮影して360°見渡せるようにするのが人気です。
バーチャルリアリティでの商品PRはまだ馴染みがないため、うまく活用すれば未体験の驚きを与えることが出来ます。
むしろ現実を超えた表現ができるからこそ、商品イメージを最大限アピールできるコンテンツを作成することが可能です。
VRを使ったプロモ―ションはまだまだ珍しいため、注目や話題性を集めるのにも適しています。

VRと現実世界を混ぜ合わせる

また仮想現実を現実と繋げる手法も、ユーザーを驚かせるプロモーションに有効です。
バーチャルを体験させている間に、現実でも同じ環境を用意することで、仮想と現実の区別がつかなくなる様は新鮮で面白いものになります。
驚きが大きいほど、商品の印象も強く残り、効果的なプロモーションになります。

VR空間で探す

VRに出来て、今までの映像にできなかったことが、空間をすべて使うという事です。
これまで画面に映っているものしか見えなかったのが、ユーザーが自分で視点を変えることにより、見えなかったものが見えるという事が可能になりました。
これを利用して、見せたいコンテンツの中にプレゼントのキーワードなどを忍ばせておくと、探す過程で映像をしっかり見てもらうことが出来ます。
一方から見ただけではわからなかったこだわりやサプライズに気づくことで、自分で探して見つけるという喜びをプラスできるのがプロモーションとして非常に効果的です。

VRグッズの配布

スマホでもVRコンテンツを利用できるため、簡単に組み立てられるスマホ用のVRゴーグルを配布するというプロモーションは盛んにおこなわれています。
プレゼント用のゴーグルはハコスコに代表される紙製のもので、商品や会社をイメージしたデザインのものが無料で配布されています。
作成したVRコンテンツを見てもらうためにも、ゴーグルとセットでプロモーションすることも多いようです。

ファッション業界のVRプロモーション事例

Dior オリジナルヘッドセット


VRのコンテンツではなく、ヘッドセットを作ってしまったというところがさすがです。
デザインをディオールが行っていることで唯一無二のものになっています。
ヘッドセット正面のロゴの存在感が際立ってますね。

 

【360°画像】Topshop VRファッションショー


ファッションショーのVRコンテンツをお客に見てもらうプロモーション。
店内に設置されたヘッドセットをつければ、ファッションショーの会場の空気を味わうことが出来ます。
また何を見ているかがモニターに映るようになっており、店内の様子とモニターを外から見えるようにすることで、通りがかった人が注目するプロモーションになっています。

 

【VR】North Face VRで犬そり体験


バーチャル空間で現実のような体験ができるという、VRの特徴を逆手に取った演出が秀逸です。
ネタバレしては動画の良さが伝わらないので、ぜひ実際に見てみてください。
VRを活用しているというのは語弊がある内容ですが、前フリと助走の役割は十分に果たしていると思います。

 

【VR】MERRELL スリリングな登山をVRで体験


登山靴で有名なMERRELLが用意したのは、吊り橋のセットとVRで危険な登山が体験できるというもの。
バーチャルだとわかっていても驚きそうな仕掛けはよく出来ていますね。
わざわざ吊り橋を用意するなど体験としてのクオリティが高いので、MERRELLというブランドの印象もアップしそうです。

 

化粧品業界のVRプロモーション事例

【360°動画】ケイト・モス 360°動画で作った香水のPV


スーパーモデルのケイト・モスの香水ブランドのプロモーションで360°見回せるPVが公開されました。
香水のイメージを360°使って表現しています。
周りを見回していると大事な場面を見逃してしまうので、360°空間を楽しむのには向いてない印象でした。

 

スポーツ業界のVRプロモーション事例

【360°動画】横浜ベイスターズ 勝利後ハイタッチ360°動画


横浜ベイスターズの動画チャンネルで見ることが出来る360動画です。
視線を自由に動かせることで、まるでその場で見ているような気分が味わえます。
しかも超至近距離で臨場感抜群。
ファンなら憧れのベンチにいる気分を味わえる大サービス動画です。

 

食品業界のVRプロモーション事例

【360°画像】アクエリアス 360°アクエリアスを探せ

アクエリアスを探せ
360°パノラマ画像の中に隠されたアクエリアスを探すプロモーション。
横だけじゃなく、上も下も油断できないところが新しいです。
ぐるぐる見渡して探す体験が新鮮なプロモーションです。

 

【360°動画】ジャックダニエル 360°動画で宝探し


360°動画に隠された樽を探し出し、そこに浮かんでいるキーワードで応募するというキャンペーン。
動画なのでシーンが進んでいきますが、ゆっくりですので見渡す時間は十分あります。
樽を探すためにあたりを見渡すため、自然と360°動画を隅々まで見てしまうのが秀逸です。

 

ルクサ ARで待ち時間を楽しくする「Taste in visual Dinner ~ちょっと不思議な体験レストラン~」


来店促進のためのプロモーションではなく、お客さんへのサービスとしてARを活用したのが株式会社ルクサの「ルクサ Taste in visual Dinner ~ちょっと不思議な体験レストラン~」。
テーブルの上に移動式のプロジェクション装置を設置し、食事が来るまでの間AR映像を楽しめるようにしたもの。
スマホやVRヘッドセットのように、それぞれが個別の画面を眺めるのではなく、テーブルのみんなが映像体験を共有できるため、コミュニケーションのきっかけにもなるのが素晴らしい。

 

【360°動画】ジャイアントコーン 3人の綾瀬はるかさんがおつかれさまです!


綾瀬はるかさんの「おつかれさまです」が、360°で味わえるプロモーション動画です。
綾瀬さんが消えたと思ったら別の場所から現れる演出は、360°の空間をしっかり使っていて見ごたえがあります。
途中綾瀬さんに集中しすぎて、矢印の案内に気づかなかったので皆さんはお気を付けください。

 

マクドナルド ハッピーセットの箱がVRゴーグルに


海外のマクドナルドでは、VRゴーグルがハッピーセットの箱で作れるというキャンペーンを行いました。
まさかマックの箱がVRになるとはという驚きがいいです。
マックと組み立てる楽しさと、新しいテクノロジーを味わえるなんてお得ですね。

 

natakhtari VRのBAR体験が現実に


グルジアのビールブランド「natakhtari」が行った、VRを活かしたプロモーションです。
VRで見ていたものと同じものが現実になるというのは、非常にベタですが面白いですね。
強面の大男が目の前にという場面で現実に戻され、そこから楽しく飲む展開というのが気分良く終われていい動画です。
ビール飲みたくなりました。

 

自動車業界のVRプロモーション事例

【VR】Audi Q7プロモーション映像


Audiがモスクワのデジタルショールームで行ったプロモーションです。
Q7の発表会ではプレゼンを省き、VRの映像のみで新車の魅力を体感させることに成功しています。
出席者はVRでQ7を運転している体験を味わい、近未来な映像と合わせて非常に魅力的な印象を持ってもらえたようです。
そのあとVRを外せば実際の車が目の前に。
動画で見ててもカッコよく見えただろうというのが伝わります。

 

映画、アニメ、マンガ業界のVRプロモーション事例

【VR】ドラえもん VRでどこでもドアを再現


憧れの「どこでもドア」をVRで疑似体験できるイベントです。
実際にドアを用意し、PCを背中に背負いながらViveをつけて行うことで自由に動けるのが魅力です。
実物のドアと組みあわせることで没入感は抜群。
VRで夢を見れる素敵なイベントでした。

 

音楽業界のVRプロモーション事例

8KVRでGENERATIONS from EXILE TRIBEのプロモーションメッセージを配信

8KVRでGENERATIONS from EXILE TRIBEのプロモーションメッセージを配信
作品を視聴するためのスマートフォンアプリ「WOWOW 360」をダウンロードすることでプロモーションメッセージを閲覧できます。
GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバー7人が円陣を組みコメントした8K 360°特別プロモーションメッセージを、自由に視点を切り替えながら楽しむことが可能で、VRを活かしたプロモーションでした。

 

【VR】ゲーム・オブ・スローンズ ドラマの世界観を体験できる


ゲーム・オブ・スローンズのプロモーションの1つとして、作中のワンシーンをVRで体験できるイベントが行われました。
セットの一部を再現というのはありますが、それを使ってVR体験ができるというのは一歩進んだ試みですね。
再現されたセットを使って、画面の中にあった世界を味わえるというのはファン冥利でしょう。
VRとの相性が非常にいいプロモーションの例ですね。

 

不動産、保険業界のVRプロモーション事例

ダイワハウス 360°バーチャル展示場


不動産業界とVRの相性は抜群で、様々な会社がVRを用いた内見システムを導入しています。
ダイワハウスは、VR動画で展示場にいるかのような体験をさせてくれます。
360°自由に見渡せるので気になるところもしっかりチェックできるのは魅力的です。
あとは物件を見る以外のお楽しみ要素もあると面白かった

 

住友生命「RISKY SPOT」 360°リスク体験ムービー


住友生命の「1up」のプロモーションのために、VRで様々なリスクを体験できる動画です。
作成されたのが2015年と、まだVRが珍しかったころにこれだけしっかりしたものを作ったのはインパクトあったと思います。
VR初期の試みとして非常に興味深いプロモーションです。

 

娯楽業界のVRプロモーション事例

富士急ハイランド ジェットコースター「ドドドンパ」360°動画


アトラクション「ドドドンパ」に実際に乗っている気分が味わえる360°動画。
先頭からの視点で、1.56秒で180kmになるというスピード感を存分に体験できます。
ジェットコースターが苦手な人は、この動画も無理なんじゃないでしょうか。
絶叫好きなら富士急ハイランドに行きたくなる臨場感抜群の動画です。

 

【VR】TSUTAYA 360°ホラー体験で心拍数に応じたクーポンゲット


SHIBUYA TSUTAYAで行われた、Oculus Riftでホラーコンテンツを鑑賞し、心拍数に応じたクーポンが貰えるというキャンペーン。
店の入り口前で叫ぶお客の姿はインパクト大です。
VRつけた人のリアクションは、外から見ていると面白いですもんね。
また心拍数が移るモニターも用意されていて、怖がるリアクションとともに、見ていてどんな内容なのか気になってしまいます。

 

プロモーショングッズ

【VR】VRプロモーション

InstaVR
ダンボール製ハコスコのオリジナルデザインを受託し制作するその名も「VRプロモーション」という商品です。
「きのこの山・たけのこの里 オリジナルスマホ VRゴーグル」やももクロオリジナルデザインのVRゴーグル「ももたんハコスコ 鬼ヶ島ver.」などのようにオリジナルデザインのVRゴーグルが作成でき、知名°をアップさせる販促物として利用できます。
「VRに興味はあるけど体験したことない」という人には受け取ってもらいやすそうです。

 

関連記事

    関連する記事がありません

関連記事