VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > 知識・情報 > VRにおすすめのネット回線4選!VRをオンラインで快適に楽しむには?

VRにおすすめのネット回線4選!VRをオンラインで快適に楽しむには?

2021/04/11 12:01

VRを本格的に、快適に楽しむためにはネット環境を充実させることも必要不可欠です。

特にVRchatなどのVR SNSを利用するなら特にネット環境はこだわったほうが良いでしょう!

今回はVRを快適に楽しむためのネット回線の条件や、おすすめの回線についてまとめました。

↓画像タップでショートカット↓

おすすめのネット回線4選



VRの最適なネット環境とは?

利用するデバイスによって、利用可能なネット環境が異なります。

おすすめは安定性のたかい有線でのネット利用ですが、最近ではスマホVRやOculusQuestなどワイヤレスで楽しむVRも増えているので、無線によるVR利用の需要も高まっています。

無線でのVR利用時はなるべくWiFi環境で

スマホVRなど、ワイヤレスでVRを楽しむ場合は可能な限り、Wifi環境で利用するようにしましょう。

スマホVRはVR動画などを気軽に見れるの利用してる人も多いと思いますが、VR動画などは通常の動画ファイルよりも容量が大きいので、うっかりモバイル通信を利用してしまうとあっという間に速度制限がかかってしまいます。

なので、ワイヤレスでVRを利用する際は、極力Wifi環境で利用するようにしましょう。

ポケットWiFiなどは避けるべき

Wifi環境が良いといっても、ポケットWiFiやなどは避けるようにしましょう。

なぜならポケットWiFiなどにもデータ通信量に上限があるからです。

無制限を謳うサービスもありますが、実際には3日で10GBなど規定の通信料をを超えると一定期間通信制限がかかるものが多いです。

なので、ポケットWifiなどではなく、制限の無い固定回線からのWifiを利用するようにしましょう。

VR利用なら光回線が一番!

WifiでのVR利用を考慮しても、VRにおすすめのネット環境は光回線の一択です。

光回線は通信が安定しており、なんといってもデータ通信利用に上限がありません

「VRchat」のようなVR SNS

「ポピュレーション:ワン」といったVR FPSゲーム

などリアルタイム性の強いVRコンテンツを遊ぶ際にも、通信制限にかかる心配をすることなくガッツリ楽しむことができます。

光回線の選び方

現在では利用できる光回線の種類も豊富です。

その中からVRに適した光回線を選ぶ際にポイントとなるのは

・回線速度

・Ping値

・対応回線の種類

という3点です。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

回線速度

回線速度には、

データをダウンロードする「下りの速度」

データをアップロードする「上りの速度」

の2種類があります。

このうち、VRでオンラインゲームや動画視聴をする場合に重要な要素となるのが「上りの速度」です。

回線速度は「bps(ビットパーセカンド)」という、1秒間にどれくらいのデータ量を動かすことができるかを示す単位で表現されます。

VRのオンラインゲームをするのにどれくらいの通信速度が必要なのかはほとんどの主要タイトルで明らかにされていません。

ただ、2Dのオンラインゲームでは最低限30Mbpsが必要とされているので、VRゲームでもこの数値が参考になると思われます。

次に、動画視聴に関してDMM.comが発表している推奨回線速度が以下の通りです。

視聴に必要な最低回線速度:6Mbps

標準版VR動画を視聴する際の推奨回線速度:24Mbps

HQ(High Quality)版VR動画を視聴する際の推奨回線速度:50Mbps

引用:DMM.com

ここまでまとめると、オンラインゲームや動画視聴などVRを思いっきり楽しむためには50Mbpsは必要ということになります。

Ping値

Ping値とはユーザーから送信されたデータのサーバーの反応速度を数値化したものです。

数値が低ければ低いほどサーバーの反応が速く快適なインターネットができ、数値が高いと反応が遅く「ラグ」が頻繁に生じます。

Ping値はms(ミリセカンド)という単位で表され、50ms以下であれば快適にネットができるといわれています。

基本的にPing値はオンラインゲームで重視される指標です。

とはいえ、スムーズなVR体験のために一応チェックしておくことをおすすめします。

対応回線の種類

自宅の対応回線の確認は見落とされがちな重要ポイントです。

これは自宅がネット回線の対応エリア内であるかどうかを意味します。

いくつかのネット回線をチェックして気に入った回線があったとしても、自宅がその回線の対応エリア内に入っていなければ利用できません。

対応エリアはネット回線の種類や契約プランによって変動します。

ネット回線のホームページには対応エリアが記載されているので、「これだ!」というネット回線を見つけたらしっかりとチェックしておきましょう。

おすすめの光回線4選


ここまで紹介してきたポイントをもとに、現在利用できる光回線の中からVRで利用するのにおすすめのものを4つご紹介します。

1.NURO光

月額料金:戸建て(マンションでも利用可) 4,743円 / マンション 1,900円〜

最大速度:2Gbps(6Gbps、10Gbpsのプランあり)

使用回線:独自回線

対応エリア:北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、愛知、静岡、岐阜、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、福岡、佐賀

光回線の中でダントツでおすすめなのがNURO光です。

SONY子会社のソニー・ネットワークコミュニケーションズによる独自回線を使用しているので、最大速度1Gbpsという光回線が多い中最大速度2Gbpsを達成しています。

実際に計測された数値でも、

上りの回線速度:459.36Mbps

下りの回線速度:404.49Mbps

Ping値:12.36ms

引用:みんなのネット回線速度

という光回線各社の中でも抜群の回線速度を叩き出しているのが特徴です。

そのため、通信データ量が多いVRコンテンツでもストレスなく楽しむことができます。

あえて難点を挙げるならば対応エリアが限られていることです。

対応エリア内にお住まいなら真っ先にNURO光を検討することをおすすめします。

>>NURO光公式サイト

2.auひかり

月額料金:戸建て 5,600円 / マンション 4,300円

最大速度:1Gbps(5Gbps、10Gbpsのプランあり)

使用回線:独自回線

対応エリア:全国(戸建ては関西・東海エリアを除いたエリア)

もしもNURO光の対応エリアに住んでいなかったという場合には、auひかりがおすすめです。

NURO光と同様にauひかりもKDDIの独自回線を使用した光回線なので、回線が混雑することがほとんどなく安定した通信環境を実現しています。

回線速度の実測値でも、

上りの回線速度:359.87Mbps

下りの回線速度:288.28Mbps

Ping値:17.36ms

引用:みんなのネット回線速度

というようにNURO光にも負けないスコアを計測していて、ラグやカクツキを気にすることなくVRを楽しむことが可能です。

他社からの乗り換えキャンペーンやキャッシュバックなどお得な特典がたくさんあるので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

>>auひかり公式サイト

3.ソフトバンク光

月額料金:戸建て:5,200円 / マンション:3,800円

最大速度:1Gbps

使用回線:フレッツ光回線

対応エリア:全国

ソフトバンク光は対応エリアが広く全国どこでも使えるという点がメリットです。

その代わり、上記2社のような独自回線ではなくフレッツ光の回線を利用しているので、回線が混雑しやすく通信が安定しないという難点があります。

ただし、新しい通信規格IPv6を利用した「IPv6高速ハイブリット」のオプションを導入すれば、回線速度を高速・安定化させることが可能です。

オプション導入には余分にお金がかかることにはなりますが、キャッシュバックキャンペーンや乗換キャンペーンなどと組み合わせることでお得に利用することもできます。

>>ソフトバンク光公式サイト

4.フレッツ光

月額料金:戸建て:5,400円 / マンション:3,700円

最大速度:1Gbps

使用回線:フレッツ光回線

対応エリア:全国

フレッツ光はNTT東日本・西日本が提供している国内最大級の光回線サービスです。

そのため、日本全国に回線が行き渡っていてほとんどの地域で利用することができ、用途に合わせたプランも豊富に用意されています。

サポートも丁寧なのでわからないことがあった場合や不具合があった場合も安心です。

NURO光やauひかりのような独自回線ではなく混雑しやすいので、回線の状態が安定しづらいのがデメリットといわれています。

また、他社よりも料金が高めに設定されていますが、利用ポイントや公式サイト限定のキャッシュバックもあるので、これらをうまく使うことでお得に利用できます。

>>フレッツ光(西日本)公式サイト

まとめ

見落とされがちなポイントですが、快適なVRのためにはネット環境の整備は欠かせません。

そして、快適なVRを実現するためには光回線を利用することになります。

光回線を選ぶ際に注目すべきなのが、

回線速度

Ping値

対応回線の種類

という3つのポイントです。

この3点を踏まえて利用する光回線はNURO光をおすすめします。

ただし、NURO光は現在のところまだ対応エリア日本全国広がっているわけではないので、興味のある人はまず対応エリアに気を付けてください。

最良のネット環境を整えてVRをがっつりと快適に楽しみましょう。

NURO光公式サイト

 

XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む