VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Oculus Riftの値段・価格、おすすめゲーム、Oculus Go、Touch【VRゴーグル】

Oculus Riftの最新ニュース、ゲーム、Oculus Touch、価格情報も含む全てをまとめて掲載。Oculus Riftに関する最新情報や基本情報はこちらでご紹介しています。
VR関連まとめ

PSVR
まとめ
Vive
まとめ
Oculus Rift
まとめ
GearVR
まとめ
Windows MR
まとめ
ゲーミングPC
まとめ
360°カメラ
まとめ
体験施設
まとめ
360°動画
まとめ
VRプロモ
まとめ

Oculus注目ニュース

Doom VFRがOculus Riftに対応しない理由が改めて説明される

Doom VFRスクリーンショット

Doom VFRを遊べるのはHTC Viveのみ

ベセスダ・ソフトワークスの名作FPS『Doom』をVR化した『Doom VFR』は、同様に過去のヒット作をVRに対応させた『Skyrim VR』『Fallout 4 VR』と合わせて発表されたときから大きな話題となった。このDoom VFRが12月1日からSteamでの配信を開始したが、事前の予告通り対応するVRヘッドセットはHTC Viveのみとなっている。
ベセスダは、Doom VFRのRift非対応について、改めて謝罪と説明を行った。

Oculus Rift概要とPCスペック

商品名 Rift + Touch
希望小売価格 50,000円(税込)
PCの推奨スペック プロセッサ: Intel i5-4590 / AMD Ryzen 5 1500X以上
グラフィックス: NVIDIA GTX 1060 / AMD Radeon RX 480以上、もしくはNVIDIA GTX 970 / AMD Radeon R9 290以上
ビデオ出力: HDMI 1.3互換ビデオ出力
メモリー: 8GB以上のRAM
USB:USB 3.0ポートx3、USB 2.0ポートx1
オペレーティング システム: Windows 7 SP1 64ビット以降
視野角 約110度
画質 2160×1200
コントローラー Oculus Touch
ルームスケール 最大2.5m×2.5m(センサー3個使用時)
質量 約470g
システム遅延 0.020秒未満
映像パネル 有機EL
ディスプレイサイズ 3.5インチ×2枚
最大リフレッシュレート 90Hz
搭載センサー 6軸検出システム (3軸ジャイロ・3軸加速度)
動き・位置検出センサー 赤外光カメラ、ジャイロスコープ、加速度センサー、磁気センサー

Oculus Riftの評価

メリット

・価格は5万円
発売当初の94,600円から大幅に値段が下がり購入しやすくなりました。
PSVRの48,578円とほぼ同等で、同じハイエンドVRのHTC Viveの84,110円(税込)と比べると3万円以上安くなっています。

・低スペックのPCにも対応
プラグインをアップデートし、フレームレートを半分にすることでPCに必要なスペックが緩和されました。

・STEAM対応で扱っているゲームが多い
HTC Vive同様、STEAMでの配信に対応しており、PCで遊べるゲームは約1000本。

デメリット

・公式サイトのオンラインショップでしか買えない
店頭販売しておらず、公式サイトの購入のみとなっています。
HTC Viveは少ないですが、店頭販売も行っています。

・USB3.0のポートが3個必要
USB3.0のポートが3個は意外とハードルが高く、拡張が必要な場合も考えられます。
HTC ViveではUSB2.0か3.0が1個ですのでこの点は大きく違います。

・商用利用はまだできない
北米でビジネス向けのリリースが発表されましたが、日本国内はまだです。
PSVRも商用利用は難しい状況ですが、HTC Viveはビジネス版もあります。

・保証の条件が厳しい
購入者以外の譲渡に対しては保証の対象外になるなど、サポートの要件は厳しめです。保証に必要な書類は無くさないようにしましょう。

 

モデルごとの仕様一覧表

モデル Development Kit 1 (DK1) Development Kit 2 (DK2) 製品版(CV1)
本体画像 oculus dk1 oculus dk2 oculus cv1
画面解像度 1280×800
(640×800 / eye)
1920×1080
(960×1080 / eye)
2160×1200
(1080×1200 / eye)
パネル方式 液晶 有機EL 有機EL
リフレッシュレート 60 Hz 75 Hz 90 Hz
ターゲット価格 $300 $350 $599
モデル Development Kit 1 (DK1) Development Kit 2 (DK2) 製品版 (CV1)

Oculus Riftの購入方法

Oculus Riftは現在のところ基本公式サイトでしか購入できません。

購入する場合は下記のサイトをご利用ください。
Oculus Rift公式サイト
※転売はもちろん、最初に購入した方以外の場合は保証を受けれませんのでご注意ください。

Oculus Riftの商用利用について

Oculus Riftの商用利用は北米でビジネス向けの販売が開始されますが、国内ではまだありません。
消費者向けはトラッキングセンサーの数が増え、サポートも充実し価格は900ドル(約10万円)。

基本商用利用は出来ませんので、今後の日本でのビジネス向けの発表をお待ちください。

Oculus Riftでのゲーム配信について

Oculus Riftでゲームを開発する場合、主にUnrealEngineとUnityが用いられています。
開発したゲームはOculus HomeやSteamで配信可能で、審査はほとんどの場合最大2週間ほどで通るそうです。

Oculus Riftでの開発をお考えの方は、下記のガイドに情報がまとまってますのでご参考ください。
Oculus アプリの準備と申請ガイド

Oculus Rift対応ゲーム紹介(Oculus Touch対応含む)

Bomb Hero VR(ボムヒーローブイアール)

Mill Zhouが提供する、アクションゲーム。
日本のゲームでは懐かしく記憶になる人も多いと思いますが、ボンバーマンを思い出させるようなゲーム性です。
ボムを設置して敵を倒す、ゲームの視点としては3人称の視点で進めていきます。


Bomb Hero VRをダウンロードする。

Robo Recall(ロボ リコール)

Unreal Engineの、Epic Gamesが提供する、アクションシューティングFPSゲーム。
ゲームのクオリティーは非常に高く、マーケットでの評価数も他と1桁異なる数の指示をうけている。
1人称視点、迫り来るロボットたちをなぎ倒して、進んでいくゲームになっている。


Robo Recall をダウンロードする。

Monzo VR (モンゾー ブイアール)

Madfinger Games a.s.社が開発元となり、MADFINGER Games, a.s.が販売を行う、シュミレータ。
ゲームとは異なるが、ゲーム以上の遊びココロが詰まった作品である。
VR上で、プラモデルを作れて、塗装なども細かく楽しむことができるので、大人が目を光らせるタイトルになっている。


Monzo VRをダウンロードする。

Oculus Riftとは?

Oculus RiftはVRの名を浸透させた、バーチャルリアリティ向けのヘッドマウントディスプレイです。

製品名自体はRift、しかしOculus Rift(オキュラス・リフト)、あるいは単にOculus(オキュラス)と呼ばれることも多いです。

HMDとPC(ソフトウェア)を組み合わせたシステムで、広視野角、頭の動きに表示が追従するヘッドトラッキングという特徴を持っている。

Xbox Oneなどのコントローラーを用いての操作も可能。

Oculus Riftの開発キット初期バージョンは Kickstarterで資金調達をし、その後の製品版(CV1)につなげている。

2017年3月には、大幅な値引きの発表も行った、Oculus Rift本体は8万3800円から6万3800円と2万円の大幅な値下げとなり、Oculus Touchコントローラーは、2万3800円から1万2800円と1万円の値下げとなり、その他、追加センサーも値下げが行われた。

そんな中、他ハイエンドVR機器、HTC ViveやPSVR(PlayStation®VR)などに、販売台数が届いてない予測値もでている事から、VR機器一式を揃えるに辺り価格的、ハードルを下げることで勝負に出たとも言われている。

さらに2017年10月のOculus Connect 4で399ドルへの値下げが発表され、日本では50,000円で購入できる。

ご存知の方が殆どであると思うが、Oculus Riftなどを購入しただけではVR体験はできない、ハイエンドPC(VR Ready)の準備も必要であり、総額としては20万円から30万円の総額が必要とされている。

スペックなどは、「VR ReadyゲーミングPCに関する情報まとめ」からご確認ください。

Oculus Touchについて

oculus-touch

Oculus TouchはOculus Rift用のハンドコントローラー。

価格は12,800円。また、Oculus RiftとOculus Touchのセットは50,000円となっている。

oculus-touch-rift

また、インイヤータイプのイヤフォン「Oculus Earphones」は5,800円となっている。

oculus-earphones

Oculus Riftスペック情報はこちら

Oculus Touchとは?

Oculus Rift用のモーションコントローラー。

htcvive-oculustouch

左はhtcviveのコントローラー。右はoculus touch

VIVEのコントローラー(画像左)がスティック型なのに対し、oculus touchはコンパクトで丸い形をしています。操作感は好みになりますが、ボタンの配置などよく出来ていると思います。

Oculus RIFT最新デモ体験の様子【Japan VR Summit】

Oculusを使ったVRアトラクション

VR関連まとめ

PSVR
まとめ
Vive
まとめ
Oculus Rift
まとめ
GearVR
まとめ
Windows MR
まとめ
ゲーミングPC
まとめ
360°カメラ
まとめ
体験施設
まとめ
360°動画
まとめ
VRプロモ
まとめ

関連記事

    関連する記事がありません

関連記事