VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Windows MRとは。詳細、ヘッドセットの性能、値段・価格、比較【Windows Mixed Reality】

Windows MRの解説、Windows Mixed Realityヘッドセット(ゴーグル)の性能、値段・価格、比較を含む全てをまとめて掲載。Windows MRとはなにかを丁寧に解説しています。
VR関連まとめ

PSVR
まとめ
Vive
まとめ
Oculus Rift
まとめ
GearVR
まとめ
Windows MR
まとめ
ゲーミングPC
まとめ
360°カメラ
まとめ
体験施設
まとめ
360°動画
まとめ
VRプロモ
まとめ

Windows MRとは

windows Mixed Reality

Windows MR

Windows MRとはマイクロソフトがWindows10で提供する、バーチャルコンテンツのために実装された新しいシステム「windows Mixed Reality」の略称です。

同時にリリースされた各社のヘッドセットをさしてWindows MRと呼ぶことも多いですが、それらをサポートするためのシステムを指します。

もともとはMicrosoft Hololensをサポートしていた「Windows Holographic」を改名したもので、Windows 10の最新アップデート「Fall Creators Update」で実装されました。

Windows Mixed Realityは一般的な「Mixed Reality」(複合現実)の意味だけでなく、「Augumented Reality」(拡張現実)、「Virtual Reality」(仮想現実)まで幅広い範囲を含んだものとなっています。

MRといえば複合現実のことを言いますが、マイクロソフトは「将来的には、透過型のMicrosoft Hololensのようなデバイスや没入型のWindows Mixed Reality Headsetの双方が、同じように現実とバーチャルな情報が混ざっている世界を体験できることこそがMRである」と説明しています。

※Microsoft Hololens
マイクロソフトから発売されている、PC本体とディスプレイが一体になったヘッドマウントディスプレイ。
ディスプレイに周囲の風景と3Dグラフィックスが重ねて表示され、現実世界に仮想現実を複合することができる。
Microsoft Hololensに関してはコチラ

Windows Mixed Reality ヘッドセット

Windows MR
Windows MR対応ヘッドセットとして発売される「Windows Mixed Reality ヘッドセット」は、Mixed Realityと付いていますがMR(複合現実)には対応していません。

現状体験できるのはOculus RiftやViveと同じ、VRと言われるものです。

PSVRなみにセッティングが簡単で、PCに詳しくない方でもHDMIとUSBを繋ぐだけで使用できます。

年末にはSTEAMへの対応も予定されており、Oculus RiftやViveにとって、新たな競合デバイスになります。
Oculus Riftに関してはコチラ
Viveに関してはコチラ

Windows MRヘッドセットの仕様

Windows Mixed Reality ヘッドセットはAcer、Lenovo、Dell、ASUS、富士通、HP、Samsungなど各社から続々とリリースされています。

各社のヘッドセットは外見はそれぞれ違いますが、デザインが異なるだけで基本的には同じ仕様になっています。
【Windows Mixed Reality ヘッドセット基本仕様】
・トラッキングはインサイドアウト方式
・映像パネルはLED
・画像解像度2880×1440
・リフレッシュレート最大90Hz
・視野角105°

各社Windows Mixed Reality ヘッドセット概要

イメージ

メーカーは左上段:Lenovo、右上段:dell、左中段:Acer、右中段:HP、下段:Samsung

ヘッドセット名 リリース日 価格 ディスプレイ素材 画面解像度 視野角 リフレッシュ・レート オーディオ機能 マイク機能
Acer「AH101」 2017-10-17 約5万5千円コントローラ同梱 LED 2880 x 1440 95° 最大90Hz 3.5mmイヤフォン・ジャックのみ 外付けマイクが必要
HP製MRヘッドセット 2017-10-17 約6万円コントローラ同梱 LED 2880 x 1440 95° 最大90Hz 3.5mmイヤフォン・ジャックのみ 外付けマイクが必要
Samsung「Odyssey」 2017-11-07 約5万7千円コントローラ同梱 有機EL 2880 x 1600 110° 最大90Hz 専用ヘッドフォン実装 あり
富士通製MRヘッドセット 2017年11月下旬 約5万円 LED 2880 x 1440 100° 最大90Hz 3.5mmイヤフォン・ジャックのみ 外付けマイクが必要
Dell「Visor」 2017-12-9 約5万円コントローラ同梱 LED 2880 x 1440 110° 最大90Hz 3.5mmイヤフォン・ジャックのみ 外付けマイクが必要
Lenovo「Exploler」 2017年内 約4万円 LED 2880 x 1440 110° 最大90Hz 3.5mmイヤフォン・ジャックのみ 外付けマイクが必要
Asus製MRヘッドセット 2018年 約6万円コントローラ同梱 LED 2880 x 1440 95° 最大90Hz 3.5mmイヤフォン・ジャックのみ 外付けマイクが必要

今のところ性能が他のヘッドセットと違うのがSamsungからリリースされる「Odyssey」です。

他社のヘッドセットがLEDの2880×1440なのに対し、有機ELパネルの2880×1600というかなり画質にこだわった性能になっています。

さらにAKG製のヘッドフォンも組みこまれており、配線もすっきりしているなどViveやOculus RiftらハイエンドVR並みと言えます。

注目のWindows MRヘッドセットニュース

360Channelで『キュウソネコカミ』のVR LIVE映像が配信開始

360Channelで『キュウソネコカミ』のVR LIVE映像が配信開始

株式会社360Channelは、360度VR動画専用配信サービス「360Channel(サンロクマルチャンネル)(https://www.360ch.tv/)」内の『BAYCAMP 2017 VR』にて、キュウソネコカミのライブ映像を2017年12月8日(金)より配信した。

Windows MRのヘッドセットとViveやOculus Riftとの違いは?

外部センサーが不要のインサイドアウト方式

Windows Mixed Reality ヘッドセットでは、ViveやOculus Riftの「アウトサイドイン」と呼ばれる外部センサーなどを使う方式ではなく、ヘッドセット側のカメラで外界を捉える「インサイドアウト」方式を採用しています。

※アウトサイドイン方式
計測したいものにマーカーをつけ、外部センサーでマーカーの動きを観測し位置を割り出す手法。
※インサイドアウト方式
本体に搭載されたカメラで常に外界を撮影し、現実世界の物体をカメラで捉え感知し続けることで、いまどの向きを向いているのかなど頭の位置を割り出す手法。

設定が容易で誰でもすぐに使用できる

Windows Mixed Reality ヘッドセットは、「Fall Creators Update」に更新したWindows 10であれば、HDMIとUSBを接続するだけですぐに使用することが出来ます。

ViveやOculus Riftでは外部センサーなど設定するものが多く、PCによっては不具合なども発生し大変な場合があります。

Windows Mixed Reality ヘッドセットはマイクロソフトがOSをサポートするため、セッティングの容易さ、安定性の面で非常に優れています。

誰でも使えるWindows Mixed Reality ヘッドセットが登場したことで、一般にもVRが普及することが期待されます。

PCの必要スペックが低い

Oculus RiftやViveなどのハイエンドVRに比べPCの必要スペックが低く設定されています。

日本マイクロソフトによると、今夏出荷PCで必要スペックを満たしていたのは4割にものぼるそうです。

また必要スペックが低いだけではなく、性能によって「Windows Mixed Reality PCs」と「Windows Mixed Reality Ultra PCs」の2つのモードが用意されており、高いスペックのPCでは「Windows Mixed Reality Ultra PCs」でよりきれいな映像を楽しめるようになっています。

映像パネルが有機ELではなくLED

PSVRとOculus Rift、Viveでは応答速度に優れた有機ELパネルを採用していましたが、Windows Mixed Reality ヘッドセットで有機ELなのはSamsungのOdysseyのみです。

応答速度が遅いと残像などが残りやすく、VRには向きません。

Odyssey以外のヘッドセットはLEDを採用しているので、画質の面では有機ELを採用しているOculus Rift、Viveの方が優秀かもしれません。

Windows Mixed Reality ヘッドセットと主要VRの性能比較

Windows MR PSVR Vive Oculus Rift
ディスプレイ素材 LED 有機EL 有機EL 有機EL
画面解像度 2880×1440 1920×1080 2160×1200 2160×1200
視野角 105° 100° 110° 110°
リフレッシュ・レート 最大90Hz 最大120Hz 最大90Hz 最大90Hz
トラッキング インサイドアウト式 外部センサー 外部センサー 外部センサー
価格 約4~60,000円(税込) 48,578円(税込) 50,000円(税込) 84,110円(税込)
プラットフォーム マイクロソフトストア
STEAM
PSストア STEAM Oculus Home
STEAM

Windows Mixed Reality ヘッドセットに必要なPCスペック

購入前にまず所有しているPCがヘッドセットに対応しているかどうか確認しましょう。

Windows Mixed Reality Ultra PCs
Windows Mixed Reality Ultra badge
Windows Mixed Reality PCs
Windows Mixed Reality badge
OS Windows 10 Fall Creators Update (RS3) - Home, Pro, Business, Education
CPUプロセッサー Intel Core i5 4590 (第4世代), quad core以上 AMD Ryzen 5 1400 3.4Ghz (desktop), quad core以上 Intel Core i5 7200U (7th generation mobile), dual core with Intel® Hyper-Threading Technology enabled以上
RAM 8GB DDR3 8GB DDR3 dual channel
空き容量 10 GB以上
グラフィックカード NVIDIA GTX 960/1050以上 DX12対応 discrete GPU AMD RX 460/560以上DX12-capable discrete GPU(PCIe 3.0 x4+ Link slot) Integrated Intel® HD Graphics 620以上 DX12対応 integrated GPU以上 NVIDIA MX150/965M以上 DX12対応 discrete GPU
グラフィックドライバー Windows Display Driver Model (WDDM) 2.2 (2017/7/17以降) Windows Display Driver Model (WDDM) 2.2 (2017/7/24以降)
ディスプレイポート HDMI 2.0 もしくは DisplayPort 1.2 HDMI 1.4 もしくは DisplayPort 1.2
ディスプレイ Connected external or integrated VGA (800x600) display以上
USBポート USB 3.0 Type-A もしくは Type-C
Bluetooth (モーションコントローラー用) Bluetooth 4.0
リフレッシュレート 90 Hz 60 Hz

上記の表を見てわからなくても、無料アプリ「Windows Mixed Reality PC Check」でチェックできます。

同アプリを使う手順は、YouTubeチャンネルcoolTechが動画にまとめていますので参考にしてみてください。

Windows Mixed Realityのサービス

イメージ

Windows Mixed Realityでは、バーチャル ホームの中で Windowsストア の20,000種類以上のアプリを使用し、動画、旅行、スポーツ、ライブコンサート、ゲームを楽しむことができます。

360Channel

360Channel

360度VR動画専用配信サービス「360Channel(サンロクマルチャンネル)(https://www.360ch.tv/)」を、Windows Mixed Reality対応アプリで視聴可能。

映画やバラエティ、格闘技など様々なジャンルの360度VR動画が楽しめます。

また立体視が楽しめる3D VRに対応したコンテンツも配信されており、より臨場感のある視聴体験を味わうことが出来ます。

Power Media Player MR

Power Media Player MRを使用し、仮想空間内で360度ビデオ、写真、YouTubeVRの臨場感あふれる視聴体験が可能。

360 度ビデオ、および 3D-360 度ビデオ(完全没入型 VR)、そして 360 度写真に対応しており、Windows ストアから4650円(税込)で購入することができます。

また、YouTube 上の 360 度コンテンツの検索やブラウズもアプリ内から直接行うことができ、膨大な数のコンテンツを視聴することができます。

AltspaceVR

AltspaceVR

マイクロソフトはソーシャルVRサービス「AltspaceVR」の買収を発表。

アバターを作り同じ部屋に入ることで、バーチャル空間で話をしたり、ゲームや動画を一緒に楽しめます。

最先端のコミュニケーション空間が、今後Windows Mixed Realityでどのように発展するか非常に注目です。

Windows MRでゲームを楽しむ


Windows Mixed Realityは対応コンテンツとして、STEAM VRの一部タイトルに対応し、あの超人気タイトル「マインクラフト」も遊べるそうだ。

その他にもHalo:Recruitなど、続々と対応ゲームは増えるとのこと。

すぐに遊べるMRゲーム

  • ・Halo: Recruit – 無料
  • ・Arizona Sunshine – 約4,500円
  • ・Superhot VR – 約2,800円
  • ・Fantastic Contraption – 約2,350円
  • ・Skyworld – 約4,500円
  • ・Space Pirate Trainer – 約1,700円
  • ・Form – 約1,700円
  • ・Ghostbusters VR – Now Hiring Episode 1 – 約780円
  • ・Heroes of the Seven Seas – 約780円
  • ・Dreadhalls – 約1,100円
  • ・Stunt Kite Masters – 約1,100円
  • ・inVokeR – 約1,700円
  • ・Land of Dinosaurs VR – 約340円
  • ・Racket: Nx – 約2,200円
  • ・Tee Time Golf – 約1,700円
  • ・BingoClass – 無料
  • ・HeadSquare – 約560円
  • ・Dark Legion – 約1,900円
  • ・Headbutt Factory – 約2,200円
  • ・Hypercade – 約560円

関連記事

    関連する記事がありません

関連記事