VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

パワプロ2018のVRモードレビュー!選手と同じ目線でプレーできる!

24年もの長い間愛され続け、根強いファンがいる人気野球ゲーム「パワプロ」が遂にPSVR対応となりました!

最新作「パワプロ2018」は「サクセス」や「栄光ナイン」などの機能は通常プレイとなりますが、

  • ペナント
  • マイライフ
  • 対戦
  • 練習

はPSVRでプレーすることが可能になりました。



パワプロ2018 VRプレイレビュー!

早速「パワプロ2018」をPSVRでプレーしてみようと思います。

まずは練習モードでVRに慣れるのがオススメ!

パワプロVR打撃練習

まずは練習モードでVRに慣れていくところから始めるのがおすすめです。

VR打撃練習

VR打撃練習を初めてまず一番初めに感じるのはドームの広さと観客の多さ。

周りを見渡すとこんな感じ

パワプロVRの打席風景

パワプロVR打者背後

VR打撃練習では3つの視点から練習を行うことができます。

視点によって全然見え方が違います。

ノーマル視点

パワプロVRノーマル視点

リアルサイズ視点

パワプロVRリアルサイズ

ノーマル視点とほとんど変わらないように見えますが、ノーマル視点よりも少しだけリアルサイズ視点の方が視点が高くなっています。

打者視点

パワプロVR打席視点

後ろを振り向けばちゃんとキャッチャーもいます!

パワプロVRのキャッチャーの姿

ボールの速さや目線など一番リアルに体験できるのは「打者視点」ですが、普段のバッティングのようにカーソルを合わせる動作はなく、ボールの速さに合わせてバットを振るだけと、長年パワプロをプレーしている人からしたら、ちょっと物足りないかもしれません。

個人的には「リアルサイズ」が一番おすすめです!

さらに、球速を速くすると、速すぎて迫力がすごいです・・。

次はVR投球練習!

VR投球練習では投手とキャッチャー両方の視点が楽しめます。

キャッチャー目線だとこんな感じ。

パワプロVRのキャッチャー目線

奥行きがちゃんと表現されているので投手が投げるボールの速さをリアルに感じることができます。

キャッチャー視点でも投手の投球操作はプレイヤーが行います。

投手視点は投手の少し背後から投げます。

パワプロVRの投手視点

捕手までの距離感がリアルに再現されているため、捕手目線よりもストライクで入れるのが難しかったです。

VR観戦が予想以上にすごかった!

パワプロ2018で楽しめるもう一つの機能、「VR観戦」これが予想以上にすごかったです。

東京ドーム

河川敷

の2箇所でVR観戦が出来たのですが、再現度がリアルすぎてすごいです!

自分が行ったことのあるドームなんかに行くと非常に面白いと思います。

VR観戦;バックネット裏

パワプロVRバックネット

VR観戦:観客席

パワプロVR観客席

隣の子が笑いかけてくれた!

パワプロVR観客の女の子

VR観戦:河川敷

パワプロVR河川敷

河川敷の試合は距離がとても近くて、ドーム観戦とは違った部分で楽します。

草野球感がすごいです!

パワプロVR草野球



VRプレーも可能なペナント・マイライフはここが変わってさらに楽しめるように!

VRにも対応しているペナント・マイライフではどちらも、四年に一度国際試合が開催されるようになりました。

自分で選手を集めて代表チームを作ったり、代表選手に選ばれるように頑張るなどの楽しみが出来るようになりました。

パワプロVRペナント

ペナントでは選手ごとに設定された条件をクリアして行くことで潜在能力をゲットして行くなどのシステムが追加されましています。

マイライフでは実在のプロ野球選手で楽しめる「憧れの現役選手編」が復活しました。

パワプロVRマイライフ

パワプロ2018 概要

ゲーム名 実況パワフルプロ野球2018
発売日 2018.04.26
メーカー (株)コナミデジタルエンタテインメント
ジャンル スポーツ
価格 ¥7,538
ダウンロード PS Store

パワプロ2018 VRプレイレビュー まとめ

パワプロ2018は今までのパワプロシリーズと同じように楽しめる上に、プラスαでPSVRがプレー出来たのはいつも以上の満足感でした。

ペナントやマイライフで長くVRを楽しむこともできる上に、普通の画面のプレーとVRプレーとをその時の気分で選べる良さがあります。

パワプロ2018でPSVRを持っている人は是非とも一度プレイしてみてください!

今までとは全然違うパワプロが楽しめるに違いありません。




VR・AR・MRの最新情報を配信します。

最新ニュースを読む