VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

8K VR映像をそのまま再生!一体型VRゴーグル「SKYWORTH S1」12月より日本で発売!

株式会社クリーク・アンド・リバー社の子会社である株式会社VR Japanは、8KのVR映像をそのまま再生できる4K高解像度の一体型VRゴーグル「SKYWORTH S1(スカイワース エスワン)」の日本正規販売代理店として2019年12月より本製品の国内販売開始予定であることを発表しました。


8KVR映像をそのまま再生!「SKYWORTH S1」とは?


「SKYWORTH S1」は、中国の大手テレビ・家電メーカーのSKYWORTHグループのVR事業部が開発した一体型VRゴーグルです。

4K高解像度ディスプレイ及び、高性能のデータ処理装置Samsung Exynos 8895プロセッサを搭載しています。

フルハイビジョンの16倍の8KVR映像(mp4形式)を、外部のソフトウェアやアプリなどを使用せずにハードウェアデコードし、そのまま再生できるという、日本にこれまでなかった高精細で動画再生機能に優れた一体型VRゴーグルです。

日本進出の背景

スカイワース社は、1988年に創業し、2017年よりVR事業を開始していますが、これまでは同社にて設計・開発・製造したVRゴーグルを中国国内のみで販売していました。

最新機種「SKYWORTH S1」は、スカイワース社のグローバル戦略の1つであり、日本のVR事業への初進出となります。

VR Japan社は、2020年春には5Gの商用サービス開始が予定されるなど、今後さらに発展する通信や映像視聴環境により8Kなどの高画質映像のニーズが高まることを見込んで、スカイワース社とのパートナーシップ締結に至りました。

一体型VRゴーグル「SKYWORTH S1」主要仕様について


本体重量:320g

ディスプレイ解像度:4K(3840x2160ピクセル)

リフレッシュレート:72Hz

視野角度(FOV):105°

Socプロセッサ:Samsung Exynos 8895

8K映像ハードウェアデコーディング:対応

オーディオ:内蔵スピーカー・マイク搭載、ヘッドホン用3.5mmステレオミニジャック

ストレージ:RAM:4GB LPDDR4X | ROM:64GB UFS microSDカード 256GBまで対応

ワイヤレス:Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac | Bluetooth 4.1 BLE

電池:3500mAh Li

価格:オープン価格

製造元:創維集団有限公司(Skyworth Group Ltd.)VR事業部

詳細:「SKYWORTH S1」特設ページ



迫真の8KVR映像が体験できる体験・説明会を実施

VR Japan社は、「SKYWORTH S1」の体験・説明会を11月11日(月)以降に、数回実施することを予定しています。

体験は無料で、公式サイトからの申し込みが必要です。

▼体験会の申し込み

VR Japan「SKYWORTH S1」体験・説明会申し込みフォーム

まとめ

「SKYWORTH S1」は、フルハイビジョンの16倍に相当する8KVR映像を、外部ソフトやアプリなしでそのまま再生できるスタンドアロン型のVRゴーグル。

これが12月から日本で発売されるのはワクワクしますね。

価格がいくらになるのか気になるところですが、発売されればエンタメだけでなく、様々な分野で活躍しそうですね。

ソース:「SKYWORTH S1」に関するプレスリリース[PR TIMES]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む