VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 【必見】VRにおすすめのPC5選!VRゲームも楽しめるゲーミングPCとは?

【必見】VRにおすすめのPC5選!VRゲームも楽しめるゲーミングPCとは?

PCでハイクオリティなVRを体験するにはPCのスペックはかなり重要!

しかし、

「PCスペックとか専門的なことはイマイチわからない」

という人も多いハズ!

そこで、こちらのページでは

・VRに必要なPCスペックの目安

・おすすめのPC

を紹介します。

VRが楽しめるのはどんなPC?

PCでVRゲームを楽しむためには高スペックなPCが必要になります。

一般的に販売されているPCでは、ほぼ利用できません。

VR用PCを選ぶ上で特に重要なのが、グラフィックボード(GPU)です。

VRは高度な画像処理をリアルタイムで行わなければならないので、グラフィックボードの性能が貧弱だとVRを楽しむことができなくなってしまいます。

そのため、VRと同様に高レベルの画像処理が必要なゲームに使うゲーミングPCが、VRを楽しむのに最適なPCとされます。

では、具体的にどの程度のPCスペックが必要になるのかを見ていきましょう。

主要VRゴーグルから分かる必要なPCスペック

HTCとOculusの2大ブランドはVRゴーグルを動かすために必要なPCスペックを公開しています。

HTCとOculusが公開しているPCスペックから、VRを楽しむために必要なPCスペックは次のようにまとめられます。

CPU:Intel Core i5-4590 / AMD Ryzen 5 1500X以上

メモリ:8GB以上

GPU:NVIDIA GeForce GTX 1060 / AMD Radeon RX 480以上

ビデオ出力:DisplayPortTM 1.2

USBポート:USB 3.0ポート1口

OS:Windows 10

上記スペックのPCであれば、問題なくVRを楽しむことはできるでしょう。

しかし、時代が進歩するにつれてVRコンテンツのクオリティも向上します。

クオリティが向上すれば、当然PCの必要スペックもあがります。

なので、長い目で考えた場合、予算が許す限り、上記よりも高いスペックにしておいたほうが良いでしょう。

VR ReadyのPCを選べば安心!

VR ReadyのPCを選べば安心

どのようなPCを選べば良いわからないときに参考になるのが、VRを楽しむのに必要なスペックを満たしたPCに与えられる「VR Ready」という認証です。

VR Readyにはいくつか種類がありますがメジャーなものに

・HTCやOculusなどのVRゴーグルメーカーによるもの

・AMDやNVIDIAなどのグラボメーカーによるもの

があります。

PCに詳しくなくてもVR Readyの有無をチェックすればVRに適したPCなのか一目瞭然なので、安心してVR用のPCを選ぶことができます。

関連記事:VRが快適に楽しめるVR Readyとは?VRにおすすめなゲーミングPCなど詳細情報を公開!

VRにおすすめのPC5選

これまで見てきたスペックや価格などから、VRにおすすめのPCを5つ厳選してご紹介します。

1.G-GEAR 「VIVE Ready PC」 ゴールドモデル

G-GEAR 「VIVE Ready PC」 ゴールドモデル

CPU:Intel Core i7-9700 プロセッサー

メモリ:16GB DDR4 SDRAM

GPU:NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER 8GB GDDR6

ビデオ出力:DVI-D x1, DisplayPort x3, HDMI x1

USBポート:前面:USB3.0ポート x2 背面:USB 3.0ポート ×2 ,USB 2.0ポート ×2

OS:Windows 10 Home (64ビット版)

価格:159,800円(税抜)

「G-GEAR 『VIVE Ready PC』 ゴールドモデル」はPC専門店ツクモのVIVE Ready認証を受けたVR用PCの最上位モデルです。

グラフィックボードに最新の「NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER」を採用しているので、どんなゲームでもカクつくことなくプレイすることができます。

また、メモリも16GBと余裕を持ったモデルを使うことで、どんなVRゲームを遊んでも安定した動作が期待できるようになっています。

価格は15万円超とやや高めですが、長く使えるVR用PCを選びたい人へおすすめなモデルです。

>>「G-GEAR 『VIVE Ready PC』 ゴールドモデル」商品ページ[ツクモ]

2.G-GEAR 「VIVE Ready PC」 シルバーモデル

G-GEAR 「VIVE Ready PC」 シルバーモデル

CPU:Intel Core i7-9700 プロセッサー

メモリ:16GB DDR4 SDRAM

GPU:NVIDIA GeForce RTX 2060 6GB GDDR6

ビデオ出力:DVI-D x1, DisplayPort x3, HDMI x1

USBポート:前面:USB3.0ポート x2 背面:USB 3.0ポート ×2 ,USB 2.0ポート ×2

OS:Windows 10 Home

価格:137,800円(税抜)

「G-GEAR 『VIVE Ready PC』 シルバーモデル」は上で紹介したゴールドモデルの下位モデルとなります。

下位モデルとあってグラボなどグラフィック性能がゴールドモデルよりも若干落ちるものの、プレイしていて違和感を覚えることはありません。

ほとんどのVRコンテンツを問題なく楽しむことができ、価格もゴールドモデルより約2万円安くなっているので、スペックとコスパを両立したい場合におすすめのVR用PCです。

>>「G-GEAR 『VIVE Ready PC』 シルバーモデル」商品ページ[ツクモ]

3.GALLERIA XF(ガレリア XF) 2070Super搭載 NVIDIAゲームバンドル

GALLERIA XF(ガレリア XF) 2070Super搭載 NVIDIAゲームバンドル

CPU:Intel Core i7-9700 (3.00GHz-4.70GHz/8コア/8スレッド)

メモリ:16GB DDR4 SDRAM

GPU:NVIDIA GeForce RTX2070 SUPER 8GB

ビデオ出力:DVI-D x1, HDMI x1, DisplayPort x3

USBポート:前面:USB3.0 x2 背面:USB2.0 x2 USB 3.1 Gen1 x4

OS:Windows 10 Home (64ビット)

価格:169,980 円(税抜)

「GALLERIA XF」はゲーミングPCで定評のあるドスパラの人気No1モデルです。

もともとハイスペックなゲーミングPCとして人気のあったモデルを大幅にアップグレードし、NVIDIAによるVR Ready認証も得てVR用PCに最適なスペックとなりました。

グラフィックボードに高性能な「GeForce RTX2070 SUPER」を採用することで、だいたいのVRコンテンツを高画質・高精細で表現することが可能です。

20万円以下の価格でありながら最上位モデルに引けを取らない高性能なPCとなっており、快適にVRを楽しむにはピッタリなモデルの一つということができます。

>>「GALLERIA XF 2070Super搭載 NVIDIAゲームバンドル」商品ページ[ドスパラ]

4.GALLERIA ZZ ガレリア ZZ 9900KS搭載モデル

GALLERIA ZZ ガレリア ZZ 9900KS搭載モデル

CPU:Intel Core i9-9900KS (4.00GHz-5.00GHz/8コア/16スレッド)

メモリ:16GB DDR4 SDRAM

GPU:NVIDIA GeForce RTX2080 Ti 11GB

ビデオ出力:HDMI x1, DisplayPort x2, USB TYPE-C x1

USBポート:前面:USB3.0 x2 背面:USB2.0 x2 USB3.0 x1 USB3.0 x2

OS:Windows 10 Home (64ビット)

価格:274,980 円(税抜)

ドスパラの「GALLERIA」シリーズの最上位モデルが「GALLERIA ZZ ガレリア ZZ 9900KS搭載モデル」です。

グラフィックボード「NVIDIA GeForce RTX2080 Ti」、CPU「Intel Core i9-9900KS」はそれぞれIntelとNVIDIAの最上位モデルを採用しており、スペックに全振りした構成となっています。

そのため、ほぼ全てのVRコンテンツをカクつくことなくサクサク快適に楽しむことが可能です。

価格が約27万円であることから、コスパを度外視してVRを最高の環境で快適に楽しみたい人向けのモデルとなります。

>>「GALLERIA ZZ 9900KS搭載モデル」商品ページ[ドスパラ]

5.GALLERIA XT ガレリア XT

GALLERIA XT

CPU:インテル Core i7-9700

メモリ:16GB DDR4 SDRAM

GPU:NVIDIA GeForce GTX1660 Super 6GB GDDR6

ビデオ出力:2スロット使用/DVI x1, HDMI x1, DisplayPort x1

USBポート:前面:USB3.0 x2 背面:USB2.0 x2 USB 3.1 Gen1 x4

OS:Windows 10 Home (64ビット)

価格:129,980 円(税抜)

「GALLERIA」シリーズの中位モデルとなるのがGALLERIA XTです。

他の機種と異なりグラフィックボードがRTXよりも前のモデル「GeForce GTX1660 Super」となっているため、ややパワー不足に感じるかもしれません。

確かに超高精細・超高画質なVR体験には向いていませんがしっかりとVR Ready認証を受けており、

しかも標準的なVR Readyパソコンよりは高性能なパーツを使っているので大抵のVRコンテンツを楽しむには十分な性能となっています。

使い勝手の良さと価格の安さを考えると、PCVRの初心者にピッタリなコスパの良いモデルということができます。

>>「GALLERIA XT」商品ページ[ドスパラ]

おすすめVR PC比較表

以上、5つのVR用PCを比較表にまとめました。

PC G-GEAR 「VIVE Ready PC」 ゴールドモデル G-GEAR 「VIVE Ready PC」 シルバーモデル GALLERIA XF GALLERIA ZZ GALLERIA XT
CPU Intel Core i7-9700 プロセッサー Intel Core i7-9700 プロセッサー Intel Core i7-9700 (3.00GHz-4.70GHz/8コア/8スレッド) Intel Core i7-9700 (4.00GHz-5.00GHz/8コア/16スレッド) Intel Core i7-9700
メモリ 16GB DDR4 SDRAM 16GB DDR4 SDRAM 16GB DDR4 SDRAM 16GB DDR4 SDRAM 16GB DDR4 SDRAM
GPU NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER 8GB GDDR6 NVIDIA GeForce RTX 2060 6GB GDDR6 NVIDIA GeForce RTX2070 SUPER 8GB NVIDIA GeForce RTX2080 Ti 11GB NVIDIA GeForce GTX1660 Super 6GB GDDR6
ビデオ出力 DVI-D x1,
DisplayPort x3,
HDMI x1
DVI-D x1,
DisplayPort x3,
HDMI x1
DVI-D x1,
HDMI x1,
DisplayPort x3
HDMI x1,
DisplayPort x2,
USB TYPE-C x1
2スロット使用/DVI x1,
HDMI x1,
DisplayPort x1
USBポート 前面:USB3.0ポート x2
背面:USB 3.0ポート ×2 、USB 2.0ポート ×2
前面:USB3.0ポート x2
背面:USB 3.0ポート ×2 、USB 2.0ポート ×2
前面:USB3.0 x2
背面:USB2.0 x2 、USB 3.1 Gen1 x4
前面:USB3.0 x2
背面:USB2.0 x2 、USB 3.1 Gen1 x4
前面:USB3.0 x2
背面:USB2.0 x2 、USB 3.1 Gen1 x4
OS Windows 10 Home Windows 10 Home Windows 10 Home (64ビット) Windows 10 Home (64ビット) Windows 10 Home (64ビット)
価格 159,800円(税抜) 137,800円(税抜) 169,980 円(税抜) 274,980 円(税抜) 129,980 円(税抜)
リンク 商品ページ 商品ページ 商品ページ 商品ページ 商品ページ

まとめ

VRに必要なPCスペックとおすすめのVR用PCについてまとめてきました。

PCを使ったVRはコンテンツの数も他のVRと比べると格段に多く、クオリティも高いという特徴があります。

HTC VIVEやOculusなどのVRデバイスを快適に動かすには、それなりのスペックを持ったPCが必要です。

今回ご紹介したPCはコスパとスペックのバランスを考慮したものを選んでいますが、

紹介しきれなかったものの中にも高性能のものや持ち運びできるノートPCタイプのものなど素晴らしいPCが他にもたくさんあります。

推奨スペックに合うか、VR Readyの認証はあるかを確認して、快適で楽しいVRライフのためにしっかりPC選びをしていきましょう。

関連記事:VRにおすすめのグラボ紹介!最適なグラフィックボードを選んでVRを快適に楽しもう!








XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む