VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 協力プレイが出来るVRゲーム6選!大勢でのVRゲームも楽しい!

協力プレイが出来るVRゲーム6選!大勢でのVRゲームも楽しい!

VRゲームはソロプレイのイメージが強いですが、実は複数のプレイヤーと協力プレイができるVRゲームもリリースされています。

力を合わせてミッションをこなしたり、コミュニケーションをしながらゲームを進めたり、ソロプレイではできない楽しみ方ができます。

そんなマルチプレイが楽しめる、おすすめVRゲームを紹介します。


VRゲーム複数人でやっても楽しい!

VRゲームというと一人でソロプレイを黙々と楽しむイメージが強いと思います。

実際、初期のVRゲームはVRゴーグルを装着して一人っきりでVR空間の中を動き回るものが中心でした。

しかし、VRゲームでも

・ボイスチャットを使ってオンラインで

・VRプレイヤーと通常プレイヤーとに分かれて

といった方法で友人と協力しながらプレイできるゲームが増えています。

いずれの方法にせよ複数人と和気あいあいとしたコミュニケーションを楽しみながらゲームすることが可能です。

マルチプレイ!複数人で遊べるVRゲーム6選!

マルチプレイ!複数人で遊べるVRゲーム6選!

複数のプレイヤーと協力プレイが楽しめるVRゲームが増えています。

それらの中でおすすめの作品を6本厳選してまとめました。

また、紹介している作品のなかにはデバイスによってはプレイできないものもあるので、実際にプレイする前に対応デバイスを確認するよう気をつけましょう。

1.THE PLAYROOM VR

THE PLAYROOM VR

対応デバイス:PSVR

「THE PLAYROOM VR」では、一人がVRゴーグルを装着し他のプレイヤーはモニターを見ながら、かわいらしいVRボットの世界でミニゲームを楽しめます。

「MONSTER ESCAPE」はVRゴーグルを被った怪獣役のプレイヤーが街を壊し、他のプレイヤーはヒーローとなって怪獣をやっつけるゲームです。

「CAT AND MOUSE」は大好物のチーズを求めてやってくるネズミ役のプレイヤーたちを、VRゴーグルを装着したネコ役のプレイヤーが「だるまさんがころんだ」のように捕まえます。

また、テレビモニターにしか映らないオバケを捕まえるために、モニターを見る他のプレイヤーがVRプレイヤーにお化けの位置を伝える「GHOST HOUSE」などがあります。

このように、みんなで和気藹々とPSVRの楽しさを体験できるチュートリアル的なパーティーゲームです。

2.Bravo Team

bravo team

対応デバイス:PSVR

「Bravo Team」は、架空の国での戦闘に巻き込まれた特殊部隊員として仲間とともに生還を目指すガンアクションゲームです。

シューティングコントローラー対応のため狙いをつけて銃撃戦を繰り広げるという臨場感のある戦闘が楽しめます。

オンライン協力プレイではフレンドとバディを組み、ボイスチャットでコミュニケーションをとりながらステージを進めていきます。

PSVRで友人と会話をしながら協力プレイをしてみたいというゲーマーには有力な選択肢となるゲームです。

3.完全爆弾解除マニュアル:Keep Talking and Nobody Explodes

完全爆弾解除マニュアル:Keep Talking and Nobody Explodes

対応デバイス:OculusQuest(2)/Oculus Rift(S)/PSVR/HTC Vive/ValveIndex/WindowsMR

「完全爆弾解除マニュアル:Keep Talking and Nobody Explodes」では、VR空間に閉じ込められたプレイヤーが友人と協力して爆弾を解除していきます。

解除役のプレイヤーの一人だけがVRゴーグルをかぶり部屋の中の爆弾を見ることができ、他のプレイヤーは実際の爆弾を見ることはできず爆弾のマニュアルだけを見ながら爆弾解除のための指示をしていくのが特徴です。

爆発する前に解除するためには、解除役が爆弾の形状を周りのプレイヤーに正確に伝え、周りのプレイヤーが解除方法をわかりやすく指示しなければなりません。

見たものを正確に伝える難しさと息が合って爆弾を無事解除できたときの楽しさの両方を分かち合うことができます。



4.アリゾナ・サンシャイン

アリゾナ・サンシャイン

対応デバイス:OculusQuest(2)/Oculus Rift(S)/PSVR/HTC Vive/Valve Index/WindowsMR

ゾンビが溢れ荒廃した世界で生き残るための戦いを繰り広げるアクションサバイバルホラーゲームが「アリゾナ・サンシャイン」です。

ストーリーらしいストーリーはほとんどありませんが、VRゲーム黎明期からVRを代表するゲームとしてプレイされています。

ホラーゲームというとシングルプレイのイメージが強いですが、本作は最大4人までマルチプレイできるHordeモードやco-opモードがあるのが特徴です。

オンラインで出会った仲間たちと協力しながらのサバイバルは心強い反面、その分ゾンビも多くなりさらに苛烈な戦いとなります。

5.ソード・オブ・ガルガンチュア

ソード・オブ・ガルガンチュア

対応デバイス:OculusQuest(2)/Oculus Rift(S)/PSVR(予定)/HTC Vive/Valve Index

剣戟ゲーム「ソード・オブ・ガルガンチュア」では剣や斧などの武器や防具を使ってガルガンチュアと呼ばれる巨人を倒すための戦いに身を投じることになります。

腕を振る動作の大きさが攻撃力に反映されたり、リアルな当たり判定など剣戟を臨場感たっぷりに体感できるゲームシステムが特徴です。

弓矢などの遠距離武器はなく近接戦が中心となっているため、オンラインの協力プレイで出会う他のプレイヤーは心強い味方となります。

6.Beat Saber

Beat Saber

対応デバイス:OculusQuest(2)/Oculus Rift(S)/PSVR/HTC Vive/Valve Index/Windows MR

「Beat Saber」はVRゲームで初めて100万本のセールスを記録したことで知られている人気リズムゲームです。

音楽に合わせて飛んでくるボックスを両手に持ったライトセーバーで切っていくというシンプルで爽快なゲームのため、VR初心者から上級者まで楽しむことができます。

リリース以来シングルプレイ用のゲームとして親しまれてきましたが、2020年10月13日に実施されたアップデートによりマルチプレイモードが実装されました。

マルチプレイモードでは最大5人でスコアを競いながら遊べるようになっています。

これまで自分が振るう剣だけが見えていたのが他プレイヤーのアバターも見ることができるため、カッコよく魅せるプレイスタイルも追求できるようになりました。

まとめ

VRゲームが普及しジャンルとして定着することで、他の人と協力しながら遊べるゲームの数も増えています。

VRプレイヤーと通常プレイヤーに分かれて遊んだり、オンラインでVRプレイヤー同士で遊ぶなどスタイルは異なっても友人とコミュニケーションをとりながら楽しめるものとなっています。

有力なVRデバイスがどんどん登場しVRユーザーも順調に増えているので、ゲームをするときに「ぼっち」プレイばかりではもったいないです!

VRユーザー同士で力を合わせて連帯感を感じながら、マルチプレイのゲームを楽しみましょう。








XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む