VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > XR用語解説 > Leap Motion(リープモーション)とは?

Leap Motion(リープモーション)とは?

2016/04/19 16:46




Leap Motion(リープモーション)とは、Leap Motion社から販売された手のジェスチャーによってコンピュータを操作ができるデバイスのことです。

ジェスチャーによって直観的に操作することが出来る、体感型システムです。

1/100mmミリの間隔で動作を認識し、とても正確性のあるデバイスとなっています。

LEAP

Leap Motionの仕組み

Leap Motionは、赤外線LEDに照らされた手や指を2基の赤外線カメラが撮影、画像の解析により3D空間での手や指の位置を割り出す仕組みとなっています。

検知可能な範囲は半径50センチ、中心角110度の空間です。

LEAP2

手の指の動きをコンピューターの中で再現したり、宙で書いたサインがコンピューターの中にも書かれるといったことが可能となります。

また、モーションキャプチャできるのは両手と指10本で、解析専用のソフトウェアによって行なわれます。

手や指の動きは3次元的に捉えることが出来るので、上下左右、前後、ひねりといった動作も十分に捉えることが可能となっています。

Leap Motion 公式サイト









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連した最新情報を配信します。

最新ニュースを読む