VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

マイクラのAR版「Minecraft Earth」が発表!2019年夏にはベータ版公開

全世界にプレイヤーがいるサンドボックスゲーム「マインクラフト」がモバイルARでプレイ可能になります。

「Minecraft Earth」はモバイルARに完全対応したアプリで、iOSとAndroid両方でプレイ可能です。アプリは無料で、2019年夏に一部地域にてクローズドベータ版を公開する予定です。


リアル世界がマイクラの舞台に!「Minecraft Earth」が発表

AR版マインクラフトの存在は、先日マイクロソフトによって発表されていますが、この時点で公開されたのはティザー動画のみで、詳細は追って告知するとのことでした。

そして、マインクラフト10周年となる2019年5月17日に、正式タイトルが「Minecraft Earth」であることが発表、同ゲームに関する詳細が公表されました。

リアル世界で採集や建築を楽しむ

Minecraft Earthでは現実世界そのものがプレイエリアになり、プレイヤー自身がゲーム内の主人公として動き回ることが出来ます。

ですが、出来ることはコンソール版マインクラフトと基本的には同じで、資源や食料を採集したり、建物を建築したり、植物を育てる、様々なクリーチャーやモンスターと戦う、等のことが可能です。

マルチプレイにも対応

また、マインクラフトの重要な特徴の一つがマルチプレイ機能で、複数のプレイヤー同士が共同で建築や採集などを行えます。

日本でも、多数のゲーム実況者やバーチャルユーチューバーらが、同ゲームのコラボ実況などを行っていますが、Minecraft Earthでも同様のコラボプレイが可能です。

AR表示された資源や食料を集めながら、他のプレイヤーと協力しての建築や冒険などが楽しめます。また、自分が作った建築物を他のプレイヤーが閲覧することも可能です。

クローズドベータを公開予定

マイクロソフトによると、Minecraft Earthは2019年夏にクローズドベータ形式での公開を予定しています。ベータ版の公開は一部地域にて限定的に行うとのことですが、日本が含まれているかは現時点では不明です。

現在、公式サイトにて登録を受け付けており、具体的なリリース日などに関する最新情報を受け取ることが出来ます。プレイヤーは18歳以上である必要があります。

世界中にプレイヤーのいる長寿ゲームがモバイルARに対応したことで、「ポケモンGO」に匹敵するようなヒット作ARゲームになるか、今後に注目されます。




VR/ARと関わりの深いマイクラ

広大な仮想世界を舞台にしたマインクラフトは、消費者向けVR機器が発売された早い時期からVRに対応していることでも知られています。

VRでマイクラの世界に入り込む

Minecraft Earthではリアル世界が舞台ですが、VR版マインクラフトでは同ゲームの世界に実際に入り込んだような感覚でプレイ出来ます。

VR版マインクラフトは、2016年に開催されたゲームイベントE3にてVR対応が発表されており、長い歴史を持つVRゲームのパイオニア的存在と言えます。

本作は、スマートフォン・タブレット用の「Minecraft Pocket Edition」をベースに開発されており、PC版と比べると機能的な制限はあるものの、同ゲームのポテンシャルを楽しむには十分な内容で、Oculus Storeでも高評価を得ています。

モバイルVR用ゴーグル「Gear VR」版は有料(690円)ですが、Oculus Rift版は無料でプレイ可能なので、VR初心者にもオススメです。

マイクラをAR化する様々な取り組み

また、Minecraft Earthが登場する以前にも、マインクラフトをARでプレイ可能にする様々な取り組みが行われており、同ゲームのAR化に少なからずニーズがあったことを裏付けています。

2017年には、南アフリカのスタートアップ企業が、グーグルのARプラットフォームARCoreを用いて、マインクラフトをモバイルARで表示するデモを公開しています。

また、2015年のE3では、マイクロソフトのARヘッドセット「HoloLens」でマインクラフトをARでプレイ出来るデモを発表。こちらは一般には公開されませんでしたが、これらの取り組みからは同ゲームがVR/ARと高い適合性を持っていることが伺えます。

まとめ

マインクラフトのモバイルAR版「Minecraft Earth」が発表されました。

本作はマインクラフトをリアル世界でプレイ可能にするもので、資源の採集や建築など、同ゲームで行える様々なことをリアル世界で出来るようにします。

マルチプレイ機能も備えているため、プレイヤー同士での協力プレイや、他のプレイヤーが作った建築などを実寸大で見ることも出来ます。

その他、同ゲームに登場する様々なモンスター、クリーチャー達も登場します。2019年夏には限定地域にてクローズドベータ版が公開されますが、日本が公開地域に含まれていることを願うばかりです。

参考サイト:VRFocus




Daisuke


フリーランスの翻訳ライター。XR、VTuber、人工知能を専門に各種メディアに寄稿しています。 Twitter: https://twitter.com/dsiwmr

最新ニュースを読む