VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > REALITYに新エリアオープン!首里城復興メタバースイベント実施

REALITYに新エリアオープン!首里城復興メタバースイベント実施

REALITY株式会社は同社が運営するスマホ向けメタバース「REALITY」が、合同会社オトナリが代表企業をつとめる首里城復興プロジェクト「DIJI SHURI XRプロジェクト」と連携し、2022年12月21日から期間限定のメタバースイベントを実施することを発表しました。



世界63の国と地域に首里城の魅力を発信!

首里城復興を応援するメタバースイベントとは?

イベント実施の背景

2019年に火災により焼失してしまった首里城を『デジタル技術を駆使し3Dモデルとして再現』することを目指している「OUR SHURIJO」と、『部活動として首里城観光ガイド』を10年以上継続している「学校法人興南学園」が共同で発足したプロジェクト「DIJI SHURI XR(デージ・シュリ・エックスアール)」では、『沖縄の若いプレイヤーと共にテクノロジーの力を使って復興を支援し、さらに盛り上げていく挑戦』をしています。

一方、「REALITY」は個人ユーザーを対象としたスマホ向けメタバースアプリですが、「REALITY Worlds」として法人向けに「ワールド」機能を提供するサービスも展開しています。

「REALITY Worlds」を活用すると、世界中で累計1000万DLを突破した「REALITY」ユーザーに対してメタバース展開をすることができるため、「メタバースに挑戦して“箱(3D仮想空間)”を作ってみたものの“人”がいなかった」という課題の解決につながります。

そこで今回、「DIJI SHURI XR」とスマホ向けメタバースアプリ「REALITY」が連携し、メタバースイベントを実施することとなりました。



「DIJI SHURI XR」エリアオープン!

「REALITY」ワールド内に「DIJI SHURI XR」エリアが2022年12月21日(水)から2023年1月18日(水)までの期間限定でオープンしています。

この特設エリアは、2022年10月にfanbeatsにて実施されたクラウドファンディングプロジェクトで集められた支援金をもとに開設されました。

エリア内に設置されている『首里城正殿』には、「みんなの首里城デジタル復元プロジェクト」で国内外から投稿された8万枚以上の記念写真から生成された3Dモデルが使用されています。

また、エリア内には『沖縄の島唄』『令和のイメージ』をかけ合わせた『完全オリジナルミュージック』が流れていますが、この音楽は「青春アミーゴ」を手掛けたzopp氏が監修を、沖縄県出身DJのHELKTRAM氏が製作を担当しています。

さらに、エリア内に『実際に首里城に足を運びたくなるような演出』として、ユーザーが本エリアのステージ上にアバターで上がると

・音楽に合わせて踊る「カチャーシー」が体験できるギミック

なども実装されているほか、プロジェクトに賛同しクラウドファンディングで支援金を提供してくれた企業の広告の配信も実施されています。

盛りだくさんのメタバース復興イベント!

期間中、「DIJI SHURI XR」エリアでは

・「学校法人興南学園」のアクト部生徒による沖縄・首里城の魅力を伝える配信

・プロジェクトに賛同した「すいんちゅ」による特別生配信(期間中6回)

・エリア内のモニターで映像コンテンツ視聴(カチャーシー動画や首里クイズetc.)

などさまざまなイベントも企画され、世界63の国と地域に首里城の魅力を発信していきます。

まとめ

スマホ向けメタバース「REALITY」に今月21日から来月18日までの期間限定で、首里城復興プロジェクト「DIJI SHURI XR」の特設エリアがオープンしています。

特設エリアでは沖縄の魅力を感じることができる配信の視聴や、音楽に合わせて踊る沖縄の文化「カチャーシー」が体験できるなど、実際に首里城に足を運びたくなるようなメタバースイベントとなっています。

この年末年始、リアルでなくても沖縄を満喫できそうなイベントに心も躍るニュースですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む