VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 姫路城でMR技術を活用した実証実験へ!音声アトラクションを実装

姫路城でMR技術を活用した実証実験へ!音声アトラクションを実装

イメージ

一般社団法人関西イノベーションセンター・近畿日本ツーリスト株式会社・株式会社 GATARIの3者が共同で、MR技術を活用した、訪日外国人を含む子どもから大人まで幅広い層に楽しめる音声アトラクションの実証実験を、世界遺産・国宝の姫路城にて実施することを発表しています。

実施期間は2023年1月21日(土)と22日(日)で、GATARI社が開発するMRプラットフォーム”Auris”が使用されます。



姫路城でMR技術を活用した実証実験へ

関西イノベーションセンターと近畿日本ツーリスト、MRプラットフォーム”Auris(オーリス)”を開発するGATARI社が、共同でMR技術を活用した音声アトラクションの実証実験を発表しています。

この取組みは、関西イノベーションセンターが運営するイノベーション創出拠点MUIC Kansai(MUIC)の課題解決プログラムとして採択されており、大企業やスタートアップをはじめとする様々な企業や自治体・アカデミアなどとの共創を通じた、課題解決に繋がるビジネス創出を目指すオープンイノベーションプログラムとして進められています。

イメージ

歴史的建造物を観光しながら没入体験

関西エリアには、歴史的・文化的背景をもつ観光地が多数存在しているものの、歴史人物等に関する知識の少ない子どもや訪日外国人を対象としたコンテンツが比較的少ないといった課題が存在します。

今回の実験では、MRプラットフォームの”Auris”を活用し、歴史的建造物を観光しながら、まるでゲームや映画の主人公になったような体験ができる、没入型の一人称音楽体験が企画・実証されていきます。

ここでは 2018年から姫路城の運営管理業務を受託する近畿日本ツーリストが協業を通じ、GATARIのMR技術や体験設計を現地の貴重な文化遺産と掛け合わせることで、その賑わいの呼び戻しと、更なる体験価値向上に取組んでいきます。

また、今年12月の姫路城世界遺産登録30周年に向けてAurisを採用することで、XR技術が文化財保護とその魅力発信を両立させる観光DX施策の推進を加速させるとともに、歴史知識の有無に限らず、幅広い層の観光客が歴史的建造物などへの関心を持つことによって、更なる魅力ある地域の賑わいや活性化に繋げていくことを目指しています。

Aurisを活用したMR体験を提供

今回の実証で使用される「Auris」は、

空間のスキャンから空間編集(トリガーとアクションの配置)

クラウドへの保存

マルチプレイヤーでの復元・体験

までを、スマホのアプリケーション上でワンストップで実現できるMRプラットフォームです。

2021年11月には特許(第6975489号)を取得しており、スキャンした施設のデジタルツインと、スマホカメラで取得した現実の風景を照合して位置測位を行うため、ビーコンやセンサーの設置などを行う必要がなく、既存設備を生かした状態で空間の体験価値を向上させることができます。

イメージ

Auris公式サイト



姫路城天守閣で10名まで体験可能

今回の実証実験の実施場所は姫路城天守閣で、体験可能人数は各日10名程度。

子連れの観光客や訪日観光客を対象にしており、体験自体は無料で参加できます。

また実験は、MR技術を活用した音声アトラクションの実装に向け、技術面・運用面の検証を行う事を目的としており、ここで寄せられたフィードバックを基に、より良いコンテンツの制作を進めていくとともに、2025年の大阪・関西万博に向けてますます活気づく関西エリアの魅力向上にも貢献していきたいとしています。

イメージ

まとめ

近畿日本ツーリストらが、世界遺産・国宝の姫路城で、MR技術を活用した音声アトラクションの実証実験を実施することを発表しました。

期間は今月21日と22日で、幅広い層が楽しめる音声体験が提供されていきます。

この結果を基に開発されるコンテンツにも、注目が集まりそうですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む