VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > Magic Leap 2が医療用電子機器の国際認証を取得!手術室でのAR補助が可能に

Magic Leap 2が医療用電子機器の国際認証を取得!手術室でのAR補助が可能に

Magic Leap 2が医療用電子機器の国際認証を取得!手術室でのAR補助が可能に

企業向けAR/MRグラスを開発するユニコーン企業Magic Leap社は、CES 2023において、同社の「Magic Leap 2」が、医療用電子機器の国際認証を取得したことを発表しました。



AR/MRゴーグルとしてIEC 60601-1認証を取得

今回「Magic Leap 2」が取得したIEC 60601-1認証は、認証機関テュフ ラインランドの説明によると、「医療監督下で患者の診断、治療または監視、もしくは疾病、負傷または障害の補助、もしくは緩和を意図する電気機器」の安全性・信頼性に関する国際規格です。

参考:IEC 60601-1等の試験・適合証明(CB認証等)[テュフ ラインランド公式サイト]

AMDのCES 2023基調講演で、Magic Leap CEOのPeggy Johnson氏は、「Magic Leap 2」がAR/MRゴーグルとしてIEC 60601-1認証を本当に取得したことを明らかにしました。

実は「Magic Leap 2」がIEC 60601-1認証を取得したことは、2022年1月に開催されたSPIEのXRカンファレンスでも既に示唆されていたものです。

しかし、このときはスライド1枚のみでさらりと発表されたため注目されず、このニュースはほとんど報道されませんでした。



手術用ARソリューションのFDA認証の追い風に

手術用ARソリューションのFDA認証の追い風に

同社は、この認証取得により、「Magic Leap 2」を手術室だけでなく他の臨床環境でも使用できるようになるとしています。

例えば、外科医などの医療専門家が2D画面を参照することなく、患者に集中できるようになるとのことです。

そして、この認証取得は、アプリの開発者にとって医療トレーニング用ソリューションだけでなく、手術中に利用できるアプリのFDA認証に向けて追い風になります。

Magic Leap社のパートナー企業であるSentiAR社は、心臓手術の患者の心臓の3Dマップとカテーテルの位置をリアルタイムに使用して、心臓の血管をカテーテルでナビゲートするなどの操作ができるアプリのFDA認証を目指しています。

このアプリを使うことで、これまで施術部位とカテーテルの位置の画像を見比べる必要がありましたが、リアルタイムで確認できるようになるためより安全な手術が可能です。

まとめ

「Magic Leap 2」が医療用機器の国際認証を取得したことが明らかになりました。

「Magic Leap 2」は、消費者向けにリリースされたものの高価格がネックとなり売上不振が報じられた「Magic Leap One」の反省を生かして、主に産業向けにリリースされました。

今回の認証取得によって医療業界で「Magic Leap 2」が広く利用される道が開かれるため、同社の方向転換の成果と言えます。

いずれ日本の医療現場でも「Magic Leap 2」を利用することが多くなっていくかもしれませんね。

参考:Magic Leap 2 Gains Certification so Doctors Can Use AR During Surgery[Road to VR]









筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む