VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ついにVRゲームが発表された!「ソード・アート・オンライン(SAO)」VR化までの軌跡

2018/11/14 12:15

    ついにVRゲーム化が決定した「ソード・アート・オンライン(SAO)」。

    トーキョーゲームショー2017(TGS2017)では、VRの世界でアインクラッドを再現した「ソードアート・オンライン レプリケーション」が発表され、大きな話題を呼んだ。

    そこで本記事では「ソードアート・オンライン レプリケーション 」の、現段階でわかっている情報をまとめるともに、ソードアート・オンラインの概要をまとめ、VRゲーム化までの軌跡をまとめてみた。


    ソードアート・オンラインとは

    TV アニメ『ソードアート・オンライン』シリーズは、第15 回電撃小説大賞<大賞>を受賞した川原 礫氏による小説が原作となる、謎の次世代オンラインゲーム《ソードアート・オンライン》を舞台に繰り広げられる主人公・キリトの活躍を描いた作品である。

    VRを題材にした代表作品として、様々なメディアで「オンラインゲーム」「VR」「ヘッドマウントディスプレイ」の知名度・イメージを牽引した仮想現実大規模多人数オンラインRPGでもある。

    最新作「ソードアート・オンライン フェイタル・バレット」はPC,PlayStation 4,Xbox Oneにて、2018年内発売予定。

    2009年4月の原作小説第1巻発売以来、高い人気を誇り、日本国内での累計発行部数は1,250万部を突破(全世界1,900万部)。そして2度の TV アニメ化やゲーム化、コミカライズ、グッズ制作などを行っており、幅広くメディアミックス展開されている。

    ソードアート・オンライン レプリケーション とは

    ソードアート・オンライン レプリケーションは、バンダイナムコエンターテインメントとNTTドコモの、5G回線を使ったVRゲーム制作プロジェクト。

    原作に登場する異世界・アインクラッドの再現を目指すという。

    ゲーム内容は不明点も多いが、プレイヤー自身がVR世界の主人公となり、アインクラッドで行われるデスゲームを生き延びるというゲームになるようだ。

    本作のオリジナルヒロイン「ミスト」も登場する。

    現在、12月8日から10日まで東京スカイツリーの「東京ソラマチ」で体験イベントが開催される予定となっている。

    参加応募は公式サイトで受付している。

    ソードアート・オンライン レプリケーション 公式ホームページ

    参考…5Gとは?

    「5G」とは、高速・低遅延かつ多端末接続が可能なモバイル通信規格のこと。
    最大20Gbpsという次世代の高速大容量通信であり、現在主流の4G(LTE)より「10倍速い」という。

    ドコモは2020年を目標に5Gの整備を目指しているとのこと。

    ソードアート・オンライン レプリケーション あらすじ

    ある日君は、VRMMO「ソードアート・オンライン」にダイブし、この世界浮遊城「アインクラッド」に閉じ込められる。そこで行われる、「ゲーム内の死=現実の死」というデスゲームに参加する中で、一人の可憐な少女「ミスト」と出会う。

    君は、様々な困難が待ち受けるこのデスゲームを、彼女を守り、最後まで生き延びることができるか・・・!?

    ソードアート・オンライン、VRゲーム化への軌跡

    ここでは全世界で1900万部の売上を突破した、SAOの概要をざっと説明する。

    2001年秋頃 川原礫氏、九里史生名義でウェブサイトにオンライン小説として「ソードアート・オンライン」が掲載
    2008年 同氏の『アクセル・ワールド』が2008年に第15回電撃小説大賞の大賞を受賞。担当編集者の提案により電撃文庫から「ソードアート・オンライン」商業作品として刊行が決定
    2009年 同氏の『アクセル・ワールド』が2008年に第15回電撃小説大賞の大賞を受賞。担当編集者の提案により電撃文庫から「ソードアート・オンライン」商業作品として刊行が決定
    2010年 漫画版連載開始。様々なコミカライズが行われる
    2011年 アニメ化及びゲーム化が発表
    2012年 テレビアニメ放送開始
    2013年 バンダイナムコより『ソードアート・オンライン インフィニティ・モーメント』発売。以降、コンシューマ、モバイルアプリで様々なソフトが制作される
    2013年 バンダイナムコより『ソードアート・オンライン インフィニティ・モーメント』発売。以降、コンシューマ、モバイルアプリで様々なソフトが制作される

    2014年 アニメ第二期放送開始
    2015年 としまえんにて、「リアル謎解きRPG」として、「ソードアート・オンラインII リアル謎解きRPG ラーズグリーズを救え!」開催
    2016年 ハリウッドでのテレビドラマ化が決定
    2017年2月 映画:劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-上映開始

    SAOのVRイベント

    以下、VR体験型イベントについて記載する。

    2016年3月、「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング」が開催。

    内容はSAOの世界をVRでIBMのクラウドサービス“SoftLayer”を使って体感できるというもの。VRシューズによる足踏みによる移動、3Dスキャンによるアバター作成、作中のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)「ナーヴギア」を再現。208人の当選枠に対し、10万通を超える応募が集まった。

    「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM」公式サイト

    2017年2月、FOVEと『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』とコラボが開始

    特設サイトにてFOVE専用のVRコンテンツが配信される。

    視線追跡型VR ヘッドセット FOVE 0を着用することで同作キャラクター"アスナ"とアイコンタクトを楽しみつつ、FOVE コンテンツの解説を受けることが出来るもの。選択したFOVEコンテンツをアスナが解説してくれるだけでなく、ユーザーの視線に応じてアスナが自然に反応する"アイコミュニケーション”技術を用いたユーザインターフェースが特徴。

    「アスナを見つめていると照れる」「コンテンツ説明中によそ見をすると怒る」等、視線追跡技術を活用することで憧れのキャラクターと同じ空間にいるかのようにコミュニケーションを楽しめた。

    2017年、TGS2017にて「ソードアート・オンライン レプリケーション」発表

    プレイ体験会は2017年12月実施予定されている。

    参考記事

    (C)2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project





    VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連した最新情報を配信します。

    最新ニュースを読む